【注目】オピニオンニュースまとめ(5 ページ目) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【注目】オピニオンに関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

初代アジア王者・プロウェイクボーダー手塚翔太…水上を滑る非日常 単独インタビュー 画像
スポーツ

初代アジア王者・プロウェイクボーダー手塚翔太…水上を滑る非日常 単独インタビュー

モーターボートから伸びるロープの末端にあるハンドルにつかまり、曳航されることで水面をボードで滑るウォータースポーツの「ウェイクボード」。近年は日本の湖などでも楽しむ人々が増えている。

【THE REAL】遅咲きの28歳・永木亮太が築いた居場所…常勝軍団・鹿島アントラーズで放ついぶし銀の輝き 画像
オピニオン

【THE REAL】遅咲きの28歳・永木亮太が築いた居場所…常勝軍団・鹿島アントラーズで放ついぶし銀の輝き

数字がすべてを物語る。新天地・鹿島アントラーズでプレーした2016シーズン。ファーストステージとセカンドステージとで、ボランチの永木亮太はピッチのうえにおける存在感を大きく変化させている。

【澤田裕のさいくるくるりん】東京近郊でサイクリングを楽しもう…おすすめエリアを紹介 画像
オピニオン

【澤田裕のさいくるくるりん】東京近郊でサイクリングを楽しもう…おすすめエリアを紹介

あるイベントで知り合った女性と妻を誘い、栃木県の佐野市から栃木市までサイクリングしました。途中には藤原秀郷を祭る神社のある唐沢山、多くの化石が出土した葛生といった見どころがあり、栃木市も蔵の街として知られています。

【THE REAL】新司令塔・清武弘嗣を取り巻く光と影…ハリルジャパンとセビージャで見せるコントラスト 画像
オピニオン

【THE REAL】新司令塔・清武弘嗣を取り巻く光と影…ハリルジャパンとセビージャで見せるコントラスト

トップ下として2試合ともに先発し、合計で135分間プレー。PKを獲得した場合にキッカーを務める大役も担い、実際にPKによるゴールをひとつずつ決めて、味方のゴールもふたつアシストした。

【山口和幸の茶輪記】ツール・ド・北海道を制した元自転車選手のプチメゾンを訪問 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】ツール・ド・北海道を制した元自転車選手のプチメゾンを訪問

東京湾アクアラインを利用すれば都心部から2時間ほど、千葉県君津市の牧歌的風景のなかに居心地のよさそうなカフェがある。

【THE SPIKE】侍ジャパン、守護神不在の危機を乗り越える3つの打開策 画像
オピニオン

【THE SPIKE】侍ジャパン、守護神不在の危機を乗り越える3つの打開策

11月10日~11月13日にかけて行われた野球日本代表・侍ジャパンの強化試合。来年3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)前の最後の国際試合ということで、大きな注目が集まった。

【津々見友彦の6輪生活】理想形のウエス発見?…ホワイトライトニング「バンブーサイクルワイプ」 画像
オピニオン

【津々見友彦の6輪生活】理想形のウエス発見?…ホワイトライトニング「バンブーサイクルワイプ」

自転車の掃除や手入れをする時、必要なのがウエス。私の場合は古くなったTシャツをハサミで適当な大きさに切って利用している。

【LONDON STROLL】プレミアリーグのビック6…センターバック注目の選手たち 画像
オピニオン

【LONDON STROLL】プレミアリーグのビック6…センターバック注目の選手たち

2016-2017シーズンのイングランド・プレミアリーグ。英国紙がイングランド・プレミアリーグの面白いニュースを掲載した。前回のサイドバック編に続き、今回はビック6クラブのセンターバックに注目したい。

【THE REAL】長友佑都が待ち望むハリルジャパン内の下剋上…もっとギラギラした思いと躍動感を 画像
オピニオン

【THE REAL】長友佑都が待ち望むハリルジャパン内の下剋上…もっとギラギラした思いと躍動感を

心から愛する日本代表チームに対して抱いていた歯がゆさが、心躍らされる思いに変わった。ターニングポイントはホテルの一室でテレビを介して見た、オマーン代表との国際親善試合だったとDF長友佑都(インテル・ミラノ)は屈託なく笑う。

澤穂希「子どもには海外を見れるチャンスを作ってあげたい」…単独インタビュー 画像
オピニオン

澤穂希「子どもには海外を見れるチャンスを作ってあげたい」…単独インタビュー

元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の澤穂希さん。昨年末に行われた引退試合となった皇后杯決勝では自らのゴールでINAC神戸レオネッサを優勝に導き、有終の美を飾った。

高橋みなみ「もう一度ダンスをやりたい」…単独インタビュー 画像
イベント

高橋みなみ「もう一度ダンスをやりたい」…単独インタビュー

AKB48を卒業して半年が経った高橋みなみさん。3回に渡って開催されたマクドナルド45周年キャンペーン復活商品発表会にすべて登壇し、マクドナルドファン代表として魅力を全面にアピールしてきた。今回が最後の復活商品発表だった彼女に、話を聞いた。

【THE INSIDE】明治神宮大会高校の部から来春のセンバツを占う 画像
オピニオン

【THE INSIDE】明治神宮大会高校の部から来春のセンバツを占う

今年の第47回明治神宮野球大会、高校野球の部は東京と大阪の代表校による決勝となった。早稲田実業の清宮幸太郎君と履正社の安田尚憲君という東西のスラッガー対決も話題となり、例年以上に注目度が高かった。

【THE REAL】長谷部誠がハリルジャパンでもキャプテンを託される理由…ピッチの内外における存在感 画像
オピニオン

【THE REAL】長谷部誠がハリルジャパンでもキャプテンを託される理由…ピッチの内外における存在感

充実感は表情に表れる。オマーン代表との国際親善試合、そしてサウジアラビア代表とのワールドカップ・アジア最終予選第5戦に臨む日本代表に招集された長谷部誠は、11月7日の帰国から16日未明の離日まで、常に精かんさとみなぎる闘志とを漂わせていた。

【山口和幸の茶輪記】茨城・つくば「りんりんロード」でサイクリング…首都圏から日帰りできるパラダイス 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】茨城・つくば「りんりんロード」でサイクリング…首都圏から日帰りできるパラダイス

47都道府県のなかで「一番魅力がない」など言われることがある茨城県は、サイクルツーリズムによる観光客誘致とその環境整備に熱心だ。そこには霞ヶ浦や筑波山、廃道を利用したサイクリングロードなどがあり、拠点には自転車サポートステーションが設置されている。

【THE ATHLETE】イチローが導く、マーリンズ再生への道…エースとの死別を乗り越えて 画像
オピニオン

【THE ATHLETE】イチローが導く、マーリンズ再生への道…エースとの死別を乗り越えて

「我々は彼を安売りするつもりはない。なぜならパワーと運動能力を持った、プレミアムポジションの選手だからだ。彼は2015年に振るわないシーズンを過ごしたが、それは我々の彼に対する評価を変えはしなかった」

【THE REAL】ハリルジャパン屈指のドリブラー、齋藤学の挑戦…2年半もの空白の時間を越えるために 画像
オピニオン

【THE REAL】ハリルジャパン屈指のドリブラー、齋藤学の挑戦…2年半もの空白の時間を越えるために

最後に日の丸を背負ってプレーしてから、実に2年半近くもの空白期間が生じている。J1の舞台でもっとも切れ味鋭い攻撃力を搭載するドリブラーは、その間に26歳と中堅の域に達し、今シーズンはゴール数を初めてふた桁に到達させた。

【THE SPIKE】侍ジャパンに突きつけられた“国際大会の怖さ”…強化試合初戦を終えて 画像
オピニオン

【THE SPIKE】侍ジャパンに突きつけられた“国際大会の怖さ”…強化試合初戦を終えて

野球日本代表の侍ジャパンは11月10日、来年3月に開催する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた東京ドームでの強化試合第1戦でメキシコ代表と対戦した。

【澤田裕のさいくるくるりん】『静岡で愉しむサイクリングライフ』を読んで知る、景観が有する特別な意味合い 画像
オピニオン

【澤田裕のさいくるくるりん】『静岡で愉しむサイクリングライフ』を読んで知る、景観が有する特別な意味合い

僕の故郷である静岡に住む白鳥和也さんから、一冊の本が送られてきました。それが『静岡で愉しむサイクリングライフ』(静岡新聞社)。これまで『自転車依存症』や『自転車部品の美学 バイシクルパーツ・ピクトリアル』などを著した彼の最新刊です。

競泳・今井月、リオを経験して東京五輪を見据える「1年1年しっかりと」 画像
スポーツ

競泳・今井月、リオを経験して東京五輪を見据える「1年1年しっかりと」

リオデジャネイロ五輪を半年後に控えた2月以来、8カ月振りで今井月(るな)選手に会った。高校生になった彼女は五輪を経験し、16歳の誕生日も迎え、これからの日本競泳界を引っ張るひとりとして成長した姿を見せてくれた。

【山口和幸の茶輪記】サイクリングシーズンからハイキングへ…冬場は里山で健康増進 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】サイクリングシーズンからハイキングへ…冬場は里山で健康増進

群馬県・谷川岳の一ノ倉沢というと岩登りの聖地というイメージがあるが、岸壁をながめるだけならピクニック気分で散策できる。1年前はロードバイクでここにアクセスしたが、今回は紅葉を楽しみながらのんびり歩いてみた。

【THE REAL】ガンバ大阪の注目株・堂安律の現在位置…U-19アジア制覇とMVPに輝いたホープ 画像
オピニオン

【THE REAL】ガンバ大阪の注目株・堂安律の現在位置…U-19アジア制覇とMVPに輝いたホープ

左利きでありながら、任されるポジションは中盤の右サイドが多い。アタッキングサードに攻め入るや中央へと切れ込んでいき、ボールをもち替えることなく、勢いに乗ったまま利き足を思い切り振り抜く。

【津々見友彦の6輪生活】ウェアラブルカメラで後方撮影…トランセンド「DrivePro Body 52」 画像
オピニオン

【津々見友彦の6輪生活】ウェアラブルカメラで後方撮影…トランセンド「DrivePro Body 52」

9月2日公開の当コラムで台湾の電子部品メーカー・トランセンドのウェアラブルカメラ『DrivePro Body 20』を紹介した。今回はその第2弾『DrivePro Body 52』だ。

【THE INSIDE】盛り上がった関東地区大学野球選手権、ロッテ・ドラフト1位の佐々木も登場 画像
オピニオン

【THE INSIDE】盛り上がった関東地区大学野球選手権、ロッテ・ドラフト1位の佐々木も登場

11月11日から始まる第47回明治神宮野球大会への出場権をかけて、今年で12回目となる横浜市長杯争奪関東大学野球選手権が10月31日から4日間、横浜スタジアムで開催された。

【THE REAL】浦和レッズ・駒井善成が研ぎすます「伝家の宝刀」…必殺ドリブルで悲願の年間王者へ 画像
オピニオン

【THE REAL】浦和レッズ・駒井善成が研ぎすます「伝家の宝刀」…必殺ドリブルで悲願の年間王者へ

右タッチライン際をドリブルで駆けあがりながら、浦和レッズのMF駒井善成は後半のキックオフ前に、チームメートからささやかれた言葉を思い出していた。

【THE INSIDE】この秋、東海地区で吹きまくった“ミラクル至学館”旋風 画像
オピニオン

【THE INSIDE】この秋、東海地区で吹きまくった“ミラクル至学館”旋風

8月のリオデジャネイロ五輪女子レスリングでは、日本代表メダリストすべてが至学館大の卒業生もしくは在校生だった。また、平成16年度卒業でこれまで金メダル3個、銀メダル1個を獲得した吉田沙保里選手が11月1日に同大の副学長に就任したことも話題となった。

【山口和幸の茶輪記】五里霧中の谷川岳から生還…健康のありがたさを再確認(後編) 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】五里霧中の谷川岳から生還…健康のありがたさを再確認(後編)

日本三大急登として知られる群馬県谷川岳の西黒尾根。標高2000mにも満たない登頂ルートだが、上越国境に位置することから天候が急変しやすく、そのため遭難者も多い。降水確率ゼロの天気予報だったが、中腹でまさかの強い風雨に見舞われた。

【THE REAL】ハリルジャパンの一番星、原口元気を成長させる危機感…ドイツの地で脈打つ好循環 画像
オピニオン

【THE REAL】ハリルジャパンの一番星、原口元気を成長させる危機感…ドイツの地で脈打つ好循環

目の前の「試合に出たい」という思いと、これからも「試合に出続けたい」という思い。言葉にすれば似ている感情だが、選手の胸中に生まれるプレッシャーは対極に位置するものといっていい。

【山口和幸の茶輪記】日本三大急登、谷川岳の西黒尾根に挑んだが…(前編) 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】日本三大急登、谷川岳の西黒尾根に挑んだが…(前編)

秋の紅葉シーズンとなり、年に一度の谷川岳(群馬県)に挑んだ。今回で4回目の登山だが、年々厳しくなってくような気がする。しかも今年は8月に手術を受けてそれ以来の挑戦。この日の登山を夢に描いて術後の痛みも耐えてきたので、うれしいような不安なような…。

【THE REAL】ドイツと日本代表で増すDF酒井高徳の存在感…ロンドン五輪世代の熱き決意 画像
オピニオン

【THE REAL】ドイツと日本代表で増すDF酒井高徳の存在感…ロンドン五輪世代の熱き決意

出場資格をもっていたオリンピックごとに世代を区切ってみると、ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場をかけてアジア最終予選を戦っているハリルジャパンにおいて、ある“変化”を見つけることができる。

【THE SPIKE】侍ジャパン、命運を握るセットアッパー問題…WBCへ向けて 画像
オピニオン

【THE SPIKE】侍ジャパン、命運を握るセットアッパー問題…WBCへ向けて

プロ野球は現在日本シリーズの真っ只中だが、11月10日~11月13日に強化試合を控える侍ジャパンの動きも活発化してきた。

【THE REAL】ガンバ大阪を前進させる丹羽大輝のメンタル…人生にも通じる究極のポジティブ思考 画像
オピニオン

【THE REAL】ガンバ大阪を前進させる丹羽大輝のメンタル…人生にも通じる究極のポジティブ思考

背筋をピンと伸ばし、高く保たれた視線はしっかりと未来を見すえている。それでいて、ときおり柔和な笑顔を浮かべ、口を突く言葉を聞いているうちに、気がつけば前向きな思いにさせてくれる。

【山口和幸の茶輪記】アデュー、ベルナール・イノー…ツール・ド・フランス最後のフランス王者 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】アデュー、ベルナール・イノー…ツール・ド・フランス最後のフランス王者

ツール・ド・フランスで歴代最多タイとなる5度の総合優勝を飾ったフランスの英雄、ベルナール・イノー。引退後は大会主催者の渉外担当としてこの大会の顔を務めてきたが、今季を限りに勇退する。

【THE REAL】浦和レッズ・遠藤航の驚くべきスイッチ力…10年ぶりの国内タイトルを引き寄せた存在感 画像
オピニオン

【THE REAL】浦和レッズ・遠藤航の驚くべきスイッチ力…10年ぶりの国内タイトルを引き寄せた存在感

ある選手がPKキッカーを任される理由は、ほとんどのクラブにおいて同じ傾向があるといっていい。いわく「正確なキックを蹴れる」あるいは「心理的な駆け引きで相手の逆を突ける」と。

【THE SPIKE】広島対日本ハム、初顔合わせの日本シリーズ…4つの見所 画像
オピニオン

【THE SPIKE】広島対日本ハム、初顔合わせの日本シリーズ…4つの見所

10月16日、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで北海道日本ハムファイターズが福岡ソフトバンクホークスを4勝2敗で破り、日本シリーズ進出を決めた。

【LONDON STROLL】プレミアリーグのビック6…サイドバック注目の選手たち 画像
オピニオン

【LONDON STROLL】プレミアリーグのビック6…サイドバック注目の選手たち

英国紙がイングランド・プレミアリーグの面白いニュースを掲載した。2016-2017シーズンのビック6クラブのサイドバック、センターバック、中盤、前線をランク付けで評価したものだ。

【THE REAL】ガンバ大阪の至宝、20歳の井手口陽介が秘めた可能性…究極のデュエルを演じるボランチ 画像
オピニオン

【THE REAL】ガンバ大阪の至宝、20歳の井手口陽介が秘めた可能性…究極のデュエルを演じるボランチ

3つのJクラブで、700を軽く超える公式戦に出場。日本代表としても歴代最多の152キャップを獲得している36歳の大ベテラン、遠藤保仁をしてこう言わしめるホープが、ガンバ大阪で輝きを増している。

【THE INSIDE】高校野球、秋季東京都大会が始まった…課題は山積み 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球、秋季東京都大会が始まった…課題は山積み

雨で全会場の足並みはそろわなかったものの、10月8日から来春の選抜高等学校野球大会(センバツ)の選考に影響を与える秋季東京都大会が始まった。

【山口和幸の茶輪記】奇岩が屹立する妙義山…いつもの里山と同じ体力レベルで踏破 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】奇岩が屹立する妙義山…いつもの里山と同じ体力レベルで踏破

秋晴れは登山がサイコーに気持ちいい。たまらず群馬県にある上毛三山のひとつ、妙義山へ。体力レベルはそれほどでもないが、難易度は高いコースだ。体力と技術は個人差があるので自分の力量に合った山を選ぶことが重要になる。

【オビナタの世界放浪記】スペイン語を学ぶならここ!ボリビアの「スクレ」が住みやすい 画像
ライフ

【オビナタの世界放浪記】スペイン語を学ぶならここ!ボリビアの「スクレ」が住みやすい

ボリビアの憲法上の首都、スクレ。

【THE REAL】ハリルジャパンの壁・吉田麻也が貫く背水の陣…イラク代表戦の劇的勝利を導いた影のヒーロー 画像
オピニオン

【THE REAL】ハリルジャパンの壁・吉田麻也が貫く背水の陣…イラク代表戦の劇的勝利を導いた影のヒーロー

189センチ、78キロの大きな体が激しく揺れる。ゴール正面から左サイドの隅へ。視界のなかにイラクの選手をとらえながら、DF吉田麻也(サウサンプトン)が必死の形相でロングボールを追いかける。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 最後
Page 5 of 29
page top