オピニオンニュース|CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オピニオン

注目オピニオン

これもシェア

【注目】エンタメ

オピニオン 最新ニュース

Read more
全仏オープン5/27開幕!錦織圭完全復活へ、大坂なおみ世界の頂点へ…松岡修造が熱血トーク! 画像
スポーツ

全仏オープン5/27開幕!錦織圭完全復活へ、大坂なおみ世界の頂点へ…松岡修造が熱血トーク!

グランドスラム第2戦の全仏オープンテニスが、現地5月27日に開幕する。日本からは、錦織圭、杉田祐一、大坂なおみが出場を予定している。

【THE INSIDE】5 月の高校野球、それぞれの過ごし方…夏を目指して頑張る高校球児たちへのメッセージ 画像
コラム

【THE INSIDE】5 月の高校野球、それぞれの過ごし方…夏を目指して頑張る高校球児たちへのメッセージ

今年の夏の全国高校野球は第100回大会となる記念大会だ。5月の連休が明けると、そんな盛り上がる夏の大会本番まで、全国各地の高校球児たちにとっては、2カ月から2カ月半の先を見据えていく大事な時期となる。

【インタビュー】水球日本代表・荒井陸 「強豪国を倒して注目される競技に」 画像
ボイス

【インタビュー】水球日本代表・荒井陸 「強豪国を倒して注目される競技に」

水球男子日本代表の荒井陸(あつし)選手(24)=(株)プラザハウス[宮前区]所属=にインタビューを行った。荒井選手は、先月ニュージーランドで開催された水球のワールドリーグ2018インターコンチネンタル

【THE INSIDE】高校野球、春季大会の楽しみ方…100回目の夏を見据えて、各地区で有力校の前哨戦 画像
コラム

【THE INSIDE】高校野球、春季大会の楽しみ方…100回目の夏を見据えて、各地区で有力校の前哨戦

今年の夏は第100回記念大会となる、恒例の“夏の甲子園”。メモリアルイヤーの大会ということもあって、各校ともに「記念すべき年の大会に、最高の結果を残したい」という思いで、日々の練習に励んでいる。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(下編)…大阪桐蔭の春連覇で見えてきた、甲子園高校野球の危機感 画像
コラム

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(下編)…大阪桐蔭の春連覇で見えてきた、甲子園高校野球の危機感

持てる者と持たざる者の差、これは資本主義の原則と言えば、それまでかもしれない。また、勝負の世界は「より、強さを求めていくのは当たり前」ということも正論である。

【THE INSIDE】首都大学野球リーグは注目のドラフト候補も多数…大学野球探訪(10) 画像
コラム

【THE INSIDE】首都大学野球リーグは注目のドラフト候補も多数…大学野球探訪(10)

4月の声とともに、各地では大学野球のリーグ戦が始まった。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(上編)…タイブレーク導入などの新たな試み、スリリングな競り合いの数々 画像
コラム

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(上編)…タイブレーク導入などの新たな試み、スリリングな競り合いの数々

記念大会ということで、例年よりも4校多く、36校が出場して行われた今年の第90回選抜高校野球大会。大阪桐蔭が2年連続3回目の春優勝、通算7度目の優勝を飾った。

オーナー兼監督兼選手…高原直泰、「沖縄SV」での挑戦を聞く 画像
選手

オーナー兼監督兼選手…高原直泰、「沖縄SV」での挑戦を聞く

今年もJリーグが開幕し、日本列島が再びサッカーの熱い空気に包まれている。地域によって“温度”の差はあれど、個人やクラブが持つ“熱”に大きな違いはない。それが、人と人との繋がりや時間による変化をもたらし

【THE INSIDE】球春到来を告げる社会人野球『JABA東京スポニチ大会』…「さあ、春だ!」と待ちかねた野球ファン集う 画像
コラム

【THE INSIDE】球春到来を告げる社会人野球『JABA東京スポニチ大会』…「さあ、春だ!」と待ちかねた野球ファン集う

毎年3月の上旬に開幕するJABA東京スポニチ大会。“春を呼ぶ大会”として、熱心なアマチュア野球ファンの間ではすっかり定着しているが、今年で70回目となる。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(3) 画像
コラム

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(3)

高校野球の多くの指導者たちは自分の思いを注ぎ込み、生徒たちと一緒に甲子園という夢を追い続け、試行錯誤しながらも、自分たちの環境の中で取り組んでいる。

【THE REAL】サッカー、取材現場のいま 画像
特集

【THE REAL】サッカー、取材現場のいま

世界で最も普及する競技のひとつ、サッカー。その現場に焦点をあてる連載。一歩踏み込んだ選手の心情を読む。

“同期”イチロー、“新人”大谷、“神様“ルース…大打者プホルスに独占インタビュー 画像
選手

“同期”イチロー、“新人”大谷、“神様“ルース…大打者プホルスに独占インタビュー

2000年代最高の打者の一人、プホルスが明かした胸中とは… エンゼルスのアルバート・プホルス内野手がFull-Countの独占インタビューに応じた。2001年にカージナルスでメジャーデビューし、昨季ま

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(2) 画像
コラム

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(2)

千葉県で活躍する指導者たちの熱い座談会。学校としてはもちろん野球部に頑張ってほしいという思いは示してくれるものの、かといって、特別に優遇されているわけではないという環境だ。

【記者ブログ】羽生結弦と、サッカー漫画「アオアシ」から見る究極のスポーツ上達法 画像
コラム

【記者ブログ】羽生結弦と、サッカー漫画「アオアシ」から見る究極のスポーツ上達法

66年ぶりのオリンピック2連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦。3ヶ月前に大怪我を負ったものの、復帰戦となった平昌オリンピックのSPで111.68点と高得点でトップに輝いた。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(1) 画像
コラム

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(1)

高校野球は生ものであるということはよく言われる。それは学校である以上、卒業と入学が繰り返されていき、メンバーが入れ替わっていくからでもある。毎年新しい生徒たちが入れ替わっていくのだから、新陳代謝があるのは当然のことである。

点取り屋が生まれにくい国民性 画像
コラム

点取り屋が生まれにくい国民性

スポーツの現場に関わっているという職業柄だろう。平昌冬季五輪を見ながら強く感じたことは、トップアスリートといわれる人たちが行っているであろう恐ろしいまでの節制と努力だ。同時に、彼ら、彼女らがいかに禁欲

羽生結弦「一番最初にメダルをかけたのは母でした」…P&G ジャパン 画像
選手

羽生結弦「一番最初にメダルをかけたのは母でした」…P&G ジャパン

P&Gグループは、平昌冬季オリンピック期間中に行った男子フィギュアスケート金メダリスト 羽生結弦へのインタビューを公開した。

平野佳寿ら擁する救援陣は「かなり盤石」「いい年になる」…ダイヤモンドバックス社長インタビュー 画像
ボイス

平野佳寿ら擁する救援陣は「かなり盤石」「いい年になる」…ダイヤモンドバックス社長インタビュー

ダイヤモンドバックス・ホール球団社長に単独インタ メジャー各球団がスプリングトレーニングを開始する中、ダイヤモンドバックスもキャンプイン。昨季ワイルドカードでプレーオフに駒を進めたチームはオリックスか

【平昌五輪】ライバルを抱きしめたときにかけた言葉とは?小平奈緒インタビュー 画像
選手

【平昌五輪】ライバルを抱きしめたときにかけた言葉とは?小平奈緒インタビュー

「垣花正 あなたとハッピー!」(2月19日放送)で、平昌五輪で金メダルを獲得した、女子スピードスケート小平奈緒選手のインタビューを行った。前回のソチ五輪は本命500mで5位に終わり、失意の帰国となった

【THE INSIDE番外編】高校ラガーたちの“センバツ”を目指す熱き戦い 画像
コラム

【THE INSIDE番外編】高校ラガーたちの“センバツ”を目指す熱き戦い

あと1ヶ月余りの3月23日から、第90回選抜高校野球大会が甲子園球場で始まる。「春を呼ぶセンバツ」とも言われており、「センバツ=春」の季語ともいえるくらいのものである。

【THE INSIDE】来たるべきシーズンへ…“ジャガイモ打線”で挑む匝瑳野球部 画像
コラム

【THE INSIDE】来たるべきシーズンへ…“ジャガイモ打線”で挑む匝瑳野球部

シーズンイン前。寒さの厳しい季節だが、全国各地の高校野球部は来るべきシーズンへ向けて始動している。そんなチームのひとつ、千葉県立匝瑳(そうさ)高校。どこにでもあるような普通の県立高校だが少し意識が変わりつつある。そんなチームの取り組みを拾ってみた。

【THE INSIDE】野球連載 画像
特集

【THE INSIDE】野球連載

野球を中心に、スポーツと歴史文化、企業動向、ライフスタイルを考える連載。夏、熱い野球を一層楽しむために。

【平昌五輪】勇気あるジャンプを約束…スキージャンプ・葛西紀明インタビュー 画像
選手

【平昌五輪】勇気あるジャンプを約束…スキージャンプ・葛西紀明インタビュー

【平昌五輪2018スキージャンプ男子ノーマルヒル予選】予選を終えた葛西紀明=2018年2月8日アルペンシア・ジャンプセンター 写真提供:産経新聞社高嶋)さ、平昌オリンピックの開会式がいよいよ今夜行われ

「シューズは10%の影響力がある」東京マラソン王者ウィルソン・キプサングが思う“良いシューズ”とは 画像
ボイス

「シューズは10%の影響力がある」東京マラソン王者ウィルソン・キプサングが思う“良いシューズ”とは

昨年の東京マラソンを2時間3分58秒という驚異的なタイムで、優勝を果たしたウィルソン・キプサング。

満島真之介がバスケ愛を語る…NBAオールスターゲームは「世界の縮図」 画像
ボイス

満島真之介がバスケ愛を語る…NBAオールスターゲームは「世界の縮図」

俳優の満島真之介さんは、2月3日に開催されたゴールデンステイト・ウォリアーズ対サクラメント・キングスを放送したWOWOWの番組にゲスト出演した。番組後、編集部は満島さんに話を聞いた。

【THE INSIDE】第90回センバツ高校野球、代表校決まる…球春到来が待ち遠しい!野球ファンの胸が高鳴る36校 画像
コラム

【THE INSIDE】第90回センバツ高校野球、代表校決まる…球春到来が待ち遠しい!野球ファンの胸が高鳴る36校

いよいよ球春到来が待ち遠しくなってきた。毎年のことではあるが、ずっと言われ続けている「春を呼ぶセンバツ」のキャッチフレーズ通りだ。センバツ高校野球の甲子園出場校が決まると、俄かに球春を待つ気持ちが昂ぶってくる。

「他の国を狩りに行く」…エディー・ジョーンズが見据えるシックス・ネーションズ2018とは 画像
ボイス

「他の国を狩りに行く」…エディー・ジョーンズが見据えるシックス・ネーションズ2018とは

ラグビー界で最も伝統のある国際大会にして、世界トップレベルの試合が毎年、毎試合のように繰り広げられる欧州6カ国対抗戦「シックス・ネーションズ」。

【THE INSIDE】松井秀喜らのほかに“中京野球”の原点を築いた名将も選出…2018年度の野球殿堂入り 画像
コラム

【THE INSIDE】松井秀喜らのほかに“中京野球”の原点を築いた名将も選出…2018年度の野球殿堂入り

去る15日、公益財団法人野球体育博物館野球殿堂(東京ドーム内の野球殿堂博物館)から2018(平成30)年度の野球殿堂入りが発表された。

【THE INSIDE番外編】王者の勝負強さ、連覇を阻んだ意地…見どころ満載だった2018年正月の大学ラグビー・高校ラグビー 画像
コラム

【THE INSIDE番外編】王者の勝負強さ、連覇を阻んだ意地…見どころ満載だった2018年正月の大学ラグビー・高校ラグビー

箱根駅伝と並んで、「正月恒例の…」という枕詞がつく新春スポーツとして、大学ラグビーと高校ラグビーも挙げていいであろう。

【e-Sportsの裏側】誰が為の「ゲーム」なのか?プロゲーマー ももちがすべてのゲーマーに問う 画像
ボイス

【e-Sportsの裏側】誰が為の「ゲーム」なのか?プロゲーマー ももちがすべてのゲーマーに問う

“プロゲーマー”とは何なのか、ライセンスは誰のためのものなのか?プロゲーマーおよび忍ismの代表として活動するももち氏が昨年末に発表した、プロライセンス制度についての声明は、大きな反響をよびました。声明に込めた想い、そして伝えたかったことを改めて伺いました。

元明大総監督・神川氏が、グルージャ盛岡を退任した理由…プロと大学サッカーの指導法の違いとは 画像
ボイス

元明大総監督・神川氏が、グルージャ盛岡を退任した理由…プロと大学サッカーの指導法の違いとは

J3リーグに所属するグルージャ盛岡の前監督である神川明彦氏。

当時の指揮官が振り返る、明大サッカー部仮入部段階で図抜けていた長友佑都の“ある能力”とは?…サイドバックにコンバートさせた理由 画像
ボイス

当時の指揮官が振り返る、明大サッカー部仮入部段階で図抜けていた長友佑都の“ある能力”とは?…サイドバックにコンバートさせた理由

グルージャ盛岡の前監督である神川明彦氏。長友佑都(インテル)らを輩出した明治大学サッカー部の元総監督でもある。

【THE ATHLETE】選手にフォーカス 画像
特集

【THE ATHLETE】選手にフォーカス

アスリートにフォーカスしておくる連載。野球からボクシング、アメフト、テニスほか、旬な競技の気になる選手にフォーカス。

「僕が現役だったころの明治大学サッカー部は、弱いチームの典型例だった」…強くなった秘密は?元監督が明かす 画像
ボイス

「僕が現役だったころの明治大学サッカー部は、弱いチームの典型例だった」…強くなった秘密は?元監督が明かす

明治大学サッカー部、J3に所属するグルージャ盛岡を監督として率いた経験がある神川明彦氏。

【THE INSIDE番外編】東芝の決断…ラグビーと野球のチーム継続 画像
コラム

【THE INSIDE番外編】東芝の決断…ラグビーと野球のチーム継続

日本のスポーツは、学校教育と企業によって支えられてきたという歴史がある。学校スポーツとしては、かつての官立学校時代の「文武両道」の考え方をベースとして、一高と三高に代表される対抗戦という形で発展していった。

東洋大は若手メンバーで攻める…箱根駅伝区間エントリー発表 画像
コラム

東洋大は若手メンバーで攻める…箱根駅伝区間エントリー発表

第94回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日、関東学生陸上競技連盟より発表された。東洋大は10区間中の8区間で1・2年生の若手選手を登録している。

村田諒太は世界を獲っても変わらず…WBAミドル級王者と社会活動 画像
選手

村田諒太は世界を獲っても変わらず…WBAミドル級王者と社会活動

「周りが変わるだけで、僕は何も変わらない。このままなんです」

「あんまり他の人に興味がない」大迫傑が結果を出し続けられるワケ 画像
選手

「あんまり他の人に興味がない」大迫傑が結果を出し続けられるワケ

「勝負に加わっていくことが目標だった。よく走れたと思っている。特に30kmを過ぎてから。先頭の2人にはついていけなかったが、自分のペースで走り切ることができた。タイムは大事だが、それよりも重要なのは、大会で勝てる選手になりたい」

『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』が大迫傑に与えている影響とは?…フォアフット走法についても聞いてみた 画像
選手

『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』が大迫傑に与えている影響とは?…フォアフット走法についても聞いてみた

大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が12月3日に行われた福岡国際マラソンで、日本歴代5位の2時間7分19秒のタイムで3位に入った。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会…代表校予想 画像
コラム

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会…代表校予想

シーズンオフに入っての野球ファンの楽しみは、今季を振り返るということもあるが、やはり、来たるべきシーズンへ思いを馳せることである。それは、プロ野球ファンや社会人野球ファン、大学野球ファン、そして高校野球ファンも同じではないだろうか。

英国人記者が考えるJリーグの未来「競争力をアップさせるためにスーパースターを…」 画像
コラム

英国人記者が考えるJリーグの未来「競争力をアップさせるためにスーパースターを…」

私は11月下旬から12月の初めにかけて、日本を訪ねていた。そして、幸運なことに最終局面を迎えていたJリーグを3試合も見る機会に恵まれた。観戦したチームのなかで、最も興味深かったのは、浦和レッズだ。

【藤田俊哉の目】ハリルホジッチ監督は解任されてしかるべき… もはや期待感より不安が大きい 画像
コラム

【藤田俊哉の目】ハリルホジッチ監督は解任されてしかるべき… もはや期待感より不安が大きい

[E-1選手権]日本1-4韓国/12月16日味スタ東アジアの王者を決めるE-1選手権で、日本は最終戦で韓国に敗れ、2大会ぶりのタイトルを逃した。イギリスのリーズの地でひとりテレビ観戦していた

【THE INSIDE】女子プロ野球選手・里綾実の「女子野球の現状」に関する講演と野球教室 画像
コラム

【THE INSIDE】女子プロ野球選手・里綾実の「女子野球の現状」に関する講演と野球教室

去る12月の日曜日、千葉市男女共同参画センター 公益財団法人千葉市文化振興財団の主催する「男女参画センター祭り」が行われた。

【インタビュー】美女アスリートからマイナースポーツ選手まで 画像
特集

【インタビュー】美女アスリートからマイナースポーツ選手まで

スポーツ界のキーマン、新鋭、オピニオンリーダーの言葉

最新ニュースをもっと見る

連載【THE REAL】 執筆:藤江直人

もっと見る

連載【THE REAL】 執筆:藤江直人をもっと見る

page top