全仏オープン5/27開幕!錦織圭完全復活へ、大坂なおみ世界の頂点へ…松岡修造が熱血トーク! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全仏オープン5/27開幕!錦織圭完全復活へ、大坂なおみ世界の頂点へ…松岡修造が熱血トーク!

グランドスラム第2戦の全仏オープンテニスが、現地5月27日に開幕する。日本からは、錦織圭、杉田祐一、大坂なおみが出場を予定している。

イベント スポーツ
グランドスラム第2戦の全仏オープンテニスが、現地5月27日に開幕する。日本からは、錦織圭、杉田祐一、大坂なおみが出場を予定している。

初夏のフランス・パリで開催される全仏オープンを前に、WOWOWテニス解説者の松岡修造(日本テニス協会強化副本部長)が、全仏の見どころ、錦織、大坂などについて話してくれた。

3月には、大坂なおみが「プレミア・マンダトリー」のひとつ、インディアンウェルズで優勝する日本女子選手としては初の快挙を達成。続く4月には、手首の故障から復活を期す錦織圭が、マスターズ1000・モンテカルロ大会でラファエル・ナダルに敗れるも準優勝し、復活を印象付けた。

このような背景から日本選手による男女アベック優勝という期待を抱きたくなるところだが、松岡は今年の全仏について「男子は赤土に関してだけいうと、(他の選手が)どうやってラファエル・ナダルを崩すかということだけです。僕が見ている限り、今のところ崩しようがないです」と、全仏10度の優勝を誇る絶対王者を倒すのは至難の業だと話す。


ナダルを崩せるのは誰か


それでも、「崩せる人は誰なのかを考えた時に、お世辞でも何でもなく、可能性があるのはフアン マルティン・デル ポトロと錦織圭です」と、2009年に全米オープンを制したアルゼンチン人と日本のエースを指名。

錦織が勝つためには、「全仏までに体力面、精神面をしっかりあげてくるという限定的なものです。加えてフォアハンドの出来です。まだ(手首を)故障してから自分のものになっていないです。この前のマスターズ1000・モンテカルロは、決勝までいったものの、僕が見ていて決していい内容ではなかったと思います。良かった点は、どちらかというとループ系のボール。フォアは攻撃していなかったので、ミスは少なかったです。攻撃していたのは、バックハンド。ただ、圭本来の一番の良さであるフォアでの攻撃がなかったので相手が恐怖心を持つほど攻め込むことができていなかったので、フォアが入ってくれば、(ナダルに勝つ)可能性は十分あると思います」と錦織が勝つための条件を語ってくれた。

熱血トークを繰り広げる松岡修造

一方の大坂は、自己最高の世界ランキング21位(2018年5月21日時点)まで上昇している。松岡は、大坂の昨年と今年の違いについて、「コーチ、メンタル、トレーニングには違いなどはありますが、プレーが大きく変わったということではない。プレーが安定して、大事な場面でしっかりとポイントを取れるようになったということが変わってきた点だと思います。」と説明。

気になる優勝の可能性については、「(これまでの)彼女の結果を見たときに、グランドスラムを勝てないという人はいない。負けようがない。もちろん厳しい解説者は、“メンタルが足りません”、“経験が足りません”と言うかもしれませんが、グランドスラムで彼女のいつものテニスをやれば負けようがない。まだまだアップダウンはあるけれど、それが大坂さんの良さ。波が少なくなってきたときに世界のトップが見える。(グランドスラムで)今年優勝するのは十分あり得る。(勝つことに)疑問を思わない」と太鼓判を押した。

全仏オープンは、四大大会では唯一クレーコートで行われる初夏のパリの風物詩的存在。松岡さんは、「映像ということで考えると(コートが)赤の部分。あとは音ですね。スライディングの滑る感覚とか。テレビを見るうえでは、全仏オープンが一番楽しい。音や滑る感覚が、選手の雰囲気や調子をすごく出してくるのでテレビ観戦でも十分に現地を感じることができます。だからこそ、僕が解説中継するときはそこに注目して伝えていきたいです」と大会の見どころを説明。

自身も現役時代を含め現地に何度も足を運んでいるが、当時と変わったことを聞いてみると、「会場が思いっきり変わりました。すごく進化しています。各国が進化しているテニスコートを作っていますが、全仏には“おしゃれ感”があります。もっとも会場にいて楽しい雰囲気が全仏の良さです。全米オープンはどちらかというとコンサートのようなお祭り感があります。全仏期間中の2週間は、フランス人が自分たちのシーズンというか国技のように捉えているので、フランスの良さを感じられる時間だと思います」と話してくれた。

会場であるローランギャロスのサーフェスは赤土のクレーコート。球足が遅いのが特徴で、ロングラリーになりやすいため、技術に加えスタミナや精神力が勝負の鍵を握るといわれている。“クレーキング”ナダルを止める選手は現れるのか!?女子は混戦必至。昨年ノーシードから優勝を果たしたエレーナ・オスタペンコを中心に、ランキング1位のシモナ・ハレプ、2016年の覇者ガルビネ・ムグルッサらが女王の座を狙う。そしてなんといっても錦織圭、杉田祐一、大坂なおみら日本人選手の活躍にも期待したい。


<WOWOW番組情報>
■『錦織圭・大坂なおみ 世界の頂点へ!全仏オープンテニス開幕直前スペシャル!』
【放送日】5月26日(土)夜7時~[WOWOWプライム] ※無料放送

■『全仏オープンテニス』
【放送日】5月27日(日)~6月10日(日)連日生中継[WOWOWライブ] ※第1日無料放送

詳しくは番組オフィシャルサイトにて。
《編集部》

編集部おすすめの記事

まとめ

イベント アクセスランキング

  1. 深田恭子、普段着から覗く「チラッと」の良さ語る

    深田恭子、普段着から覗く「チラッと」の良さ語る

  2. 「NHK杯フィギュア」8Kスーパーハイビジョンによるパブリックビューイング開催

    「NHK杯フィギュア」8Kスーパーハイビジョンによるパブリックビューイング開催

  3. 「ラグビー日本代表vsニュージーランド代表戦」パブリックビューイング、全国8会場で開催

    「ラグビー日本代表vsニュージーランド代表戦」パブリックビューイング、全国8会場で開催

  4. MotoGP日本グランプリ、3日間で8万8472人来場…昨年以上の盛り上がり

  5. 石原さとみ、今年は“サブマリン”投法を披露!

  6. 山本昌「星野監督はきつかった…新人の頃、まさかアメリカに置いていかれるとは」…裏話トーク(2)

  7. ブンデスリーガ・ドルトムント特別観戦ツアーが6/12発売…H.I.S.

  8. 広島カープがイベント開催…ドーム型テントで雪遊び!「カープ スノーパーク」

  9. B.V.D.がセパタクローのスペシャル動画と日本代表インタビュー公開

  10. ホノルルマラソンの魅力が凝縮された「ホノルルハーフマラソン・ハパルア」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top