【THE INSIDE】執筆:手束仁ニュースまとめ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE INSIDE】執筆:手束仁に関するニュースまとめ一覧

【THE INSIDE】学生野球の原点でもある、歴史と伝統の東京六大学野球…大学野球探訪(8) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】学生野球の原点でもある、歴史と伝統の東京六大学野球…大学野球探訪(8)

この春の東京六大学野球は大混戦の末に、立教大が1999年秋のシーズン以来、まさに21世紀になって初めての優勝となった。

【THE INSIDE】この秋も戦国東都から目が離せない…大学野球探訪(7) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】この秋も戦国東都から目が離せない…大学野球探訪(7)

9月も10日間が経過したが、その間に東都大学野球の秋季リーグ戦が開幕した。神宮球場の使用権の東京六大学連盟との兼ね合いや日程の都合で、どうしても平日開催となることは否めない東都大学野球である。

【THE INSIDE】今秋も混戦必至、早くも下克上スタートの首都大学リーグ…大学野球探訪(6) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】今秋も混戦必至、早くも下克上スタートの首都大学リーグ…大学野球探訪(6)

今春のリーグ戦は第1週から混戦となり、最終的には帝京大の39シーズンぶりの優勝となった首都大学リーグ。

【THE INSIDE】花咲徳栄の優勝、新スターの誕生…第99回全国高校野球選手権大会・雑感 画像
オピニオン

【THE INSIDE】花咲徳栄の優勝、新スターの誕生…第99回全国高校野球選手権大会・雑感

雨で1日開幕が遅れた今年の全国高校野球選手権大会。その後は、1日天候不順の予報で順延となったものの、予定していた休息日も設けることが出来て無事終了した。

【THE INSIDE】10年連続80万人以上を動員した夏の高校野球…大盛況の裏側に、観客の意識の変化? 画像
オピニオン

【THE INSIDE】10年連続80万人以上を動員した夏の高校野球…大盛況の裏側に、観客の意識の変化?

今年の夏も暑さをものともせず、真夏の甲子園球場でさまざまなドラマが展開された。そして、連日のように甲子園には多くのファンが詰めかけた。

【THE INSIDE番外編】インターハイには将来の関取候補が勢ぞろい…野球のドラフト候補を見る感覚にもなる 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】インターハイには将来の関取候補が勢ぞろい…野球のドラフト候補を見る感覚にもなる

2017年の南東北高校総体。相撲競技の会場は、宮城県の湯治で知られる鳴子温泉郷にある鳴子スポーツセンターだった。

【THE INSIDE番外編】金沢学院が逆転勝利で10年ぶりの優勝…インターハイ 相撲競技(団体戦) 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】金沢学院が逆転勝利で10年ぶりの優勝…インターハイ 相撲競技(団体戦)

高校相撲は、誰が高校横綱になるのかという個人戦も面白いが、1校3~5人で競い合う団体戦も魅力である。

【THE INSIDE番外編】将来の関取候補がひしめく個人戦が熱い…インターハイ 相撲競技 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】将来の関取候補がひしめく個人戦が熱い…インターハイ 相撲競技

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)・南東北総体2017の相撲競技は、宮城県の鳴子温泉にほど近い大崎市の鳴子スポーツセンターで開催された。将来の相撲界を担っていくであろうと思われる選手も多く出場する大会でもある。

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持 画像
オピニオン

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持

春は4回、夏は7回。近年では2009年夏に堂林翔太投手(現広島東洋カープ)と磯村嘉孝捕手(現広島東洋カープ)のバッテリーを擁し全国制覇を果たしている中京大中京。しかし、そんな名門校でも愛知大会を勝ち上がっていくことは並大抵ではない。

【THE INSIDE】創部15年目、またひとつ階段を上った豊橋中央…愛知大会ベスト4進出により甲子園が本当に見えてきた 画像
オピニオン

【THE INSIDE】創部15年目、またひとつ階段を上った豊橋中央…愛知大会ベスト4進出により甲子園が本当に見えてきた

初めての夏の愛知大会ベスト4、準決勝という戦いの場に挑んだ豊橋中央。相手は全国一の11回という優勝回数を誇り、春は30回、夏は27回の甲子園出場を記録している超名門・中京大中京だった。

【THE INSIDE】竜ヶ崎一、名門校復活へ向けて高まる期待…「千秋の雪積もりたる 富士の高嶺の御姿ぞ」 画像
オピニオン

【THE INSIDE】竜ヶ崎一、名門校復活へ向けて高まる期待…「千秋の雪積もりたる 富士の高嶺の御姿ぞ」

竜ヶ崎一は過去、春夏合わせて通算10回(春1回、夏9回)の甲子園出場実績がある。

【THE INSIDE】企業の看板と地域の期待を背負った都市対抗野球の魅力…社会人野球クローズアップ(3) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】企業の看板と地域の期待を背負った都市対抗野球の魅力…社会人野球クローズアップ(3)

第88回都市対抗野球が東京ドームで真っ盛りである。都市対抗野球は、昭和の声とともに誕生。1927(昭和2)年に毎日新聞が音頭を取り、当時大人気だった春と秋の六大学野球のリーグ戦の間の夏に、大会を作ることはできないものかというところから始まっていた。

【THE INSIDE】古豪復活へ燃える熊谷商、単独商業校の代表格としても頑張る 画像
オピニオン

【THE INSIDE】古豪復活へ燃える熊谷商、単独商業校の代表格としても頑張る

少し高校野球に詳しい50代以上の人であれば、甲子園で熊谷商が下関商との乱戦を制した戦いを覚えている人もいるだろう。

【THE INSIDE】古豪の再生作業に取り組む小山高校…気がつけば、甲子園の栄光も古の話 画像
オピニオン

【THE INSIDE】古豪の再生作業に取り組む小山高校…気がつけば、甲子園の栄光も古の話

今から41年前の1976(昭和51)年、「第48回選抜高校野球大会」で準優勝を果たした小山高校。

【THE INSIDE】全国一の激戦と言われている東海地区予選…社会人野球クローズアップ(2) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】全国一の激戦と言われている東海地区予選…社会人野球クローズアップ(2)

都市対抗野球の代表チームが着々と決まりつつある。全国で88ある(2017年度3月登録)企業チームにとっては、この予選を勝ち上がって本大会に出場できるか否かは、まずはその年の成果をとわれるといっても過言ではないくらいにプレッシャーが大きい。

【THE INSIDE】根付く継承文化としての対抗戦の伝統…「四中・六中」時代の流れを汲む「戸山・新宿」戦 画像
オピニオン

【THE INSIDE】根付く継承文化としての対抗戦の伝統…「四中・六中」時代の流れを汲む「戸山・新宿」戦

高校野球の最終目標は甲子園出場である。それは、万人の認めるところであろう。しかし、高校野球の担う役割はそれだけではない。歴史と伝統を継承して受け継いでいかなくてはならないものもある。

【THE INSIDE】社業の不祥事で出場辞退から1年、第1代表をもぎ取った三菱自動車岡崎…社会人野球クローズアップ(1) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】社業の不祥事で出場辞退から1年、第1代表をもぎ取った三菱自動車岡崎…社会人野球クローズアップ(1)

全国でも最も激戦区とも言われている、都市対抗野球東海地区の二次予選トーナメント第1代表決定戦。6対2とリードした三菱自動車岡崎は、エースの山本大貴(北星学園大附)が余裕の完投勝利かと思われていた。

【THE INSIDE】上武大が優勝した関甲新学生野球連盟は“新”があることにも意味がある…大学野球探訪(5) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】上武大が優勝した関甲新学生野球連盟は“新”があることにも意味がある…大学野球探訪(5)

2013(平成25)年の第62回全日本大学野球選手権大会で、亜細亜大を破って、初めて五大学日本一の座についた上武大が所属する関甲新学生野球連盟。

【THE INSIDE】2017社会人野球…「第70回JABAベーブルース杯争奪 全国社会人野球大会」雑感 画像
オピニオン

【THE INSIDE】2017社会人野球…「第70回JABAベーブルース杯争奪 全国社会人野球大会」雑感

2017年現在、登録されている企業チーム数は88。1970年代頃の企業チーム全盛期に比べたらおよそ4分の1であるとはいえ、クラブチームの数は261。従って、社会人野球チームの登録数そのものは、30~40年前とほとんど変わっていない。

【THE INSIDE】“球国愛知”と呼ばれる中で誕生した愛知大学野球…大学野球探訪(4) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】“球国愛知”と呼ばれる中で誕生した愛知大学野球…大学野球探訪(4)

よく言われる“球国愛知”という言葉。そのベースは戦前の高校野球の前身となる中等野球の時代に遡る。当時は、“愛知4商”と言われていて、中京商はじめ東邦商、享栄商に愛知商がそれぞれ覇を競い合っていた。

【THE INSIDE】社会人野球の「JABA関東選抜リーグ」は見どころ満載 画像
オピニオン

【THE INSIDE】社会人野球の「JABA関東選抜リーグ」は見どころ満載

社会人野球では、毎年7月に東京ドームで開催される「都市対抗野球大会」(今年は第88回)と、10月末から11月にかけて京セラドーム大阪で開催される「日本選手権大会」(今年は第43回)が2大大会となっている。

【THE INSIDE】今年もやはり“戦国東都”に変わりはない…大学野球探訪(3) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】今年もやはり“戦国東都”に変わりはない…大学野球探訪(3)

大学野球の歴史は、早稲田大と慶應義塾大の早慶戦に始まった東京六大学野球が原点となっている。

【THE INSIDE】首都大学リーグは下剋上スタートとなって大混戦か…大学野球探訪(2) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】首都大学リーグは下剋上スタートとなって大混戦か…大学野球探訪(2)

今年、首都大学野球連盟のキャッチフレーズは、『今こそ、「首都」の底力。』というものだ。

【THE INSIDE】東京新大学リーグは大田スタジアムからスタート…大学野球探訪(1) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】東京新大学リーグは大田スタジアムからスタート…大学野球探訪(1)

今、大学野球が面白い。ことに、老舗リーグと言われている東京六大学野球、東都大学野球、関西六大学野球だけに限らない。

【THE INSIDE】「第89回選抜高等学校野球大会」の総括…史上初・大阪勢同士の決勝、連日の接戦など 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「第89回選抜高等学校野球大会」の総括…史上初・大阪勢同士の決勝、連日の接戦など

「第89回選抜高等学校野球大会」の組み合わせが決まった時点で、「もしかしたら、決勝戦で大阪勢対決もあるかもしれない」と思われたが、その通りになった。

【THE INSIDE】全国に先駆け、東京都で春季大会の一次ブロック予選開幕 画像
オピニオン

【THE INSIDE】全国に先駆け、東京都で春季大会の一次ブロック予選開幕

参加校の多い東京都は、毎年春季大会の始まりが早い。「春季東京都高等学校野球大会」(以下、春季東京都大会)の一次ブロック予選は、練習試合解禁となった翌週からすぐに始まる。

【THE INSIDE】いよいよ開幕「第89回選抜高等学校野球大会」…組み合わせから大会を展望 画像
オピニオン

【THE INSIDE】いよいよ開幕「第89回選抜高等学校野球大会」…組み合わせから大会を展望

今年で89回目となる「選抜高等学校野球大会」(以下センバツ)が19日から始まる。その組み合わせが10日に抽選が行われ決定した。今大会は、初戦から有力校同士の対決も多く、大会序盤から目が離せない展開となりそうだ。

【THE INSIDE】高校野球の対外試合解禁により、一気に球春到来! 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球の対外試合解禁により、一気に球春到来!

3月の1週を過ぎたところで、日本高校野球連盟は加盟各校の対外試合を許可している。センバツ甲子園出場が決まっていて早目にチームを仕上げていきたいところや、試験休みのある私学などでは、待ちかねたかのように解禁日となる8日に試合を組んでいるところもある。

【THE INSIDE】「女子プロ野球2017 ウインターカップ」レポート~2回戦~ 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「女子プロ野球2017 ウインターカップ」レポート~2回戦~

3チームが参加した日本女子プロ野球リーグ(以下JWBL)のプレシーズンゲームとなる「ウインターカップ」。

【THE INSIDE】「女子プロ野球2017 ウインターカップ」レポート~1回戦~ 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「女子プロ野球2017 ウインターカップ」レポート~1回戦~

今年で設立以来8季目を迎えることになる女子プロ野球。まだまだ認知度は高くはないところもあるが、技術レベルも認知度も年々高まっている。

【THE INSIDE】「いつか、女子高校野球も甲子園で」…そんな熱い思いから目が離せない! 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「いつか、女子高校野球も甲子園で」…そんな熱い思いから目が離せない!

日本の女子アイスホッケーが平昌冬季オリンピックの代表第一号となった。かつては男子だけのスポーツという固定観念が強かったアイスホッケーのような競技でも、今の時代は女子種目としてしっかり存在しているということを改めて実感した。

【THE INSIDE】第89回センバツ高校野球の代表校決定…いよいよ球春到来へ 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第89回センバツ高校野球の代表校決定…いよいよ球春到来へ

「いよいよ球春到来か…」と思わせてくれる。センバツ高校野球の代表校が決まったからだ。

【THE INSIDE】王者・帝京大が苦しみつつも8連覇…好試合はラグビー人気への起爆剤 画像
オピニオン

【THE INSIDE】王者・帝京大が苦しみつつも8連覇…好試合はラグビー人気への起爆剤

「第53回全国大学ラグビー選手権大会」~決勝~ 帝京大33(14―14/19―12)26東海大 ■帝京大は8大会連続優勝

【THE INSIDE】「第96回全国高校ラグビー」の振り返り…W杯を控え、次世代ラガーたちの熱気で好試合が相次ぐ 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「第96回全国高校ラグビー」の振り返り…W杯を控え、次世代ラガーたちの熱気で好試合が相次ぐ

強い東福岡(福岡)の2大会ぶり6回目の優勝で幕を閉じた「第96回全国高校ラグビー」。東福岡は、大会前から優勝候補の筆頭と言われており、結果的にはその通りの強さを示した形になった。

【THE INSIDE】「ラグビーワールドカップ2019」に向けた盛り上がりと次世代の育成…高校ラグビー雑感 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「ラグビーワールドカップ2019」に向けた盛り上がりと次世代の育成…高校ラグビー雑感

イングランドで開催された「ラグビーワールドカップ2015」で、世界の強豪国のひとつである南アフリカを相手に歴史的な勝利を挙げたラグビー日本代表。史上初となる3勝を挙げてから1年以上が経過した。

【THE INSIDE】テーマは“見ながら動く、考えながら動く”…シーズンオフの「高校野球研究会」 画像
オピニオン

【THE INSIDE】テーマは“見ながら動く、考えながら動く”…シーズンオフの「高校野球研究会」

高校野球は11月末(実質的には、最終週の週末)を終えると、翌年の3月の1週目が過ぎるまでは、対外試合が禁止という規定になっている。これは、雪などで試合ができない地域が出てくるので、その格差をなくすためという目的もあるようだ。

【THE INSIDE】2017年センバツ高校野球の出場校を占う…21世紀枠はどうなるか 画像
オピニオン

【THE INSIDE】2017年センバツ高校野球の出場校を占う…21世紀枠はどうなるか

今年も残すところわずかとなったが、野球ファン、特に高校野球ファンにとってのこの時期の楽しみといえば、毎年1月下旬に発表されるセンバツ高校野球の出場校を予測することである。

【THE INSIDE】高校野球の上位校における “二極分化”のさらなる進行 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球の上位校における “二極分化”のさらなる進行

近年の高校野球を見ていて特に感じることがある。高校野球の上位校は、ますます“二極分化”が進んでいるということだ。その顕著な傾向は、今年も如実に表れたのではないかと感じている。

【THE INSIDE】明治神宮大会高校の部から来春のセンバツを占う 画像
オピニオン

【THE INSIDE】明治神宮大会高校の部から来春のセンバツを占う

今年の第47回明治神宮野球大会、高校野球の部は東京と大阪の代表校による決勝となった。早稲田実業の清宮幸太郎君と履正社の安田尚憲君という東西のスラッガー対決も話題となり、例年以上に注目度が高かった。

【THE INSIDE】盛り上がった関東地区大学野球選手権、ロッテ・ドラフト1位の佐々木も登場 画像
オピニオン

【THE INSIDE】盛り上がった関東地区大学野球選手権、ロッテ・ドラフト1位の佐々木も登場

11月11日から始まる第47回明治神宮野球大会への出場権をかけて、今年で12回目となる横浜市長杯争奪関東大学野球選手権が10月31日から4日間、横浜スタジアムで開催された。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 1 of 3
page top