【THE INSIDE】執筆:手束仁 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE INSIDE】執筆:手束仁

【THE INSIDE】100回目の夏、全国高校野球東西東京大会 開会式 画像
オピニオン

【THE INSIDE】100回目の夏、全国高校野球東西東京大会 開会式

今年の夏の訪れは早かった。梅雨明け宣言も、早々と6月に出された関東地方だったが、夏の恒例行事ともいえる全国高校野球も、東京都では例年よりも1週間早く7月の声を聞くとともに1日の日曜日に開幕した。

【THE INSIDE】改めて東都リーグの二部と三部の壁の厚さを実感させられた入替戦…大学野球探訪(11) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】改めて東都リーグの二部と三部の壁の厚さを実感させられた入替戦…大学野球探訪(11)

早々と関東地方に梅雨明け宣言が出された6月の最終週の金曜日、多くの野球ファンの意識は間近に控えた高校野球の各地区大会に向かっているときである。

【THE INSIDE】梅雨の谷間の貴重な時間、質の高い練習試合を展開した「川越東・佼成学園」 画像
オピニオン

【THE INSIDE】梅雨の谷間の貴重な時間、質の高い練習試合を展開した「川越東・佼成学園」

夏の大会本番を1ヶ月後に控えて、多くの高校野球部では最後のチームの仕上げ時期にかかっている。しかしながら、皮肉にも日本の気候は、この時期が梅雨入りとなる。

【THE INSIDE】高校野球名門校のグラウンドの佇まい…埼玉県立熊谷商の空気が高校野球の歴史の重さを感受させる 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球名門校のグラウンドの佇まい…埼玉県立熊谷商の空気が高校野球の歴史の重さを感受させる

今年で第100回となる全国高校野球。その歴史は重い。今大会は記念大会ということで、例年よりも多い代表校が出場することも既に発表されている。埼玉県も、今年は南北に分かれての二校代表ということになっている。

【THE INSIDE番外編】今こそ、アメリカンフットボールの魅力を再認識しよう…関東高校アメリカンフットボール大会準々決勝 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】今こそ、アメリカンフットボールの魅力を再認識しよう…関東高校アメリカンフットボール大会準々決勝

思わぬ形で今、アメリカンフットボールが注目されている。

【THE INSIDE】都市対抗野球東海地区二次予選で“黒豚しゃぶしゃぶ”と“味噌カツ”がガチンコ対決…社会人野球探訪  画像
オピニオン

【THE INSIDE】都市対抗野球東海地区二次予選で“黒豚しゃぶしゃぶ”と“味噌カツ”がガチンコ対決…社会人野球探訪 

黒豚しゃぶしゃぶと味噌カツ――。どっちを食べたいのかという話でも、夕食としてどちらがビールとの相性がいいのか…という話ではない。社会人野球の公式戦である。しかも、東京ドームの出場権を争う都市対抗野球東海地区の二次予選での対戦である。

【THE INSIDE】都市対抗野球 東海地区二次予選に初登場の山岸ロジスターズは、現代の社会人野球において面白い存在…社会人野球探訪 画像
オピニオン

【THE INSIDE】都市対抗野球 東海地区二次予選に初登場の山岸ロジスターズは、現代の社会人野球において面白い存在…社会人野球探訪

ピンチに投手のマウンドに行ってアドバイスをした監督が、ベンチへ戻るときは全力疾走。そして、ベンチで控えている選手たちがそんな監督の姿を拍手で迎える。

【THE INSIDE】5 月の高校野球、それぞれの過ごし方…夏を目指して頑張る高校球児たちへのメッセージ 画像
オピニオン

【THE INSIDE】5 月の高校野球、それぞれの過ごし方…夏を目指して頑張る高校球児たちへのメッセージ

今年の夏の全国高校野球は第100回大会となる記念大会だ。5月の連休が明けると、そんな盛り上がる夏の大会本番まで、全国各地の高校球児たちにとっては、2カ月から2カ月半の先を見据えていく大事な時期となる。

【THE INSIDE】高校野球、春季大会の楽しみ方…100回目の夏を見据えて、各地区で有力校の前哨戦 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球、春季大会の楽しみ方…100回目の夏を見据えて、各地区で有力校の前哨戦

今年の夏は第100回記念大会となる、恒例の“夏の甲子園”。メモリアルイヤーの大会ということもあって、各校ともに「記念すべき年の大会に、最高の結果を残したい」という思いで、日々の練習に励んでいる。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(下編)…大阪桐蔭の春連覇で見えてきた、甲子園高校野球の危機感 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(下編)…大阪桐蔭の春連覇で見えてきた、甲子園高校野球の危機感

持てる者と持たざる者の差、これは資本主義の原則と言えば、それまでかもしれない。また、勝負の世界は「より、強さを求めていくのは当たり前」ということも正論である。

【THE INSIDE】首都大学野球リーグは注目のドラフト候補も多数…大学野球探訪(10) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】首都大学野球リーグは注目のドラフト候補も多数…大学野球探訪(10)

4月の声とともに、各地では大学野球のリーグ戦が始まった。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(上編)…タイブレーク導入などの新たな試み、スリリングな競り合いの数々 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(上編)…タイブレーク導入などの新たな試み、スリリングな競り合いの数々

記念大会ということで、例年よりも4校多く、36校が出場して行われた今年の第90回選抜高校野球大会。大阪桐蔭が2年連続3回目の春優勝、通算7度目の優勝を飾った。

【THE INSIDE】球春到来を告げる社会人野球『JABA東京スポニチ大会』…「さあ、春だ!」と待ちかねた野球ファン集う 画像
オピニオン

【THE INSIDE】球春到来を告げる社会人野球『JABA東京スポニチ大会』…「さあ、春だ!」と待ちかねた野球ファン集う

毎年3月の上旬に開幕するJABA東京スポニチ大会。“春を呼ぶ大会”として、熱心なアマチュア野球ファンの間ではすっかり定着しているが、今年で70回目となる。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(3) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(3)

高校野球の多くの指導者たちは自分の思いを注ぎ込み、生徒たちと一緒に甲子園という夢を追い続け、試行錯誤しながらも、自分たちの環境の中で取り組んでいる。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(2) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(2)

千葉県で活躍する指導者たちの熱い座談会。学校としてはもちろん野球部に頑張ってほしいという思いは示してくれるものの、かといって、特別に優遇されているわけではないという環境だ。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(1) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(1)

高校野球は生ものであるということはよく言われる。それは学校である以上、卒業と入学が繰り返されていき、メンバーが入れ替わっていくからでもある。毎年新しい生徒たちが入れ替わっていくのだから、新陳代謝があるのは当然のことである。

【THE INSIDE番外編】高校ラガーたちの“センバツ”を目指す熱き戦い 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】高校ラガーたちの“センバツ”を目指す熱き戦い

あと1ヶ月余りの3月23日から、第90回選抜高校野球大会が甲子園球場で始まる。「春を呼ぶセンバツ」とも言われており、「センバツ=春」の季語ともいえるくらいのものである。

【THE INSIDE】来たるべきシーズンへ…“ジャガイモ打線”で挑む匝瑳野球部 画像
オピニオン

【THE INSIDE】来たるべきシーズンへ…“ジャガイモ打線”で挑む匝瑳野球部

シーズンイン前。寒さの厳しい季節だが、全国各地の高校野球部は来るべきシーズンへ向けて始動している。そんなチームのひとつ、千葉県立匝瑳(そうさ)高校。どこにでもあるような普通の県立高校だが少し意識が変わりつつある。そんなチームの取り組みを拾ってみた。

【THE INSIDE】第90回センバツ高校野球、代表校決まる…球春到来が待ち遠しい!野球ファンの胸が高鳴る36校 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第90回センバツ高校野球、代表校決まる…球春到来が待ち遠しい!野球ファンの胸が高鳴る36校

いよいよ球春到来が待ち遠しくなってきた。毎年のことではあるが、ずっと言われ続けている「春を呼ぶセンバツ」のキャッチフレーズ通りだ。センバツ高校野球の甲子園出場校が決まると、俄かに球春を待つ気持ちが昂ぶってくる。

【THE INSIDE】松井秀喜らのほかに“中京野球”の原点を築いた名将も選出…2018年度の野球殿堂入り 画像
オピニオン

【THE INSIDE】松井秀喜らのほかに“中京野球”の原点を築いた名将も選出…2018年度の野球殿堂入り

去る15日、公益財団法人野球体育博物館野球殿堂(東京ドーム内の野球殿堂博物館)から2018(平成30)年度の野球殿堂入りが発表された。

【THE INSIDE番外編】王者の勝負強さ、連覇を阻んだ意地…見どころ満載だった2018年正月の大学ラグビー・高校ラグビー 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】王者の勝負強さ、連覇を阻んだ意地…見どころ満載だった2018年正月の大学ラグビー・高校ラグビー

箱根駅伝と並んで、「正月恒例の…」という枕詞がつく新春スポーツとして、大学ラグビーと高校ラグビーも挙げていいであろう。

【THE INSIDE番外編】東芝の決断…ラグビーと野球のチーム継続 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】東芝の決断…ラグビーと野球のチーム継続

日本のスポーツは、学校教育と企業によって支えられてきたという歴史がある。学校スポーツとしては、かつての官立学校時代の「文武両道」の考え方をベースとして、一高と三高に代表される対抗戦という形で発展していった。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会…代表校予想 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会…代表校予想

シーズンオフに入っての野球ファンの楽しみは、今季を振り返るということもあるが、やはり、来たるべきシーズンへ思いを馳せることである。それは、プロ野球ファンや社会人野球ファン、大学野球ファン、そして高校野球ファンも同じではないだろうか。

【THE INSIDE】女子プロ野球選手・里綾実の「女子野球の現状」に関する講演と野球教室 画像
オピニオン

【THE INSIDE】女子プロ野球選手・里綾実の「女子野球の現状」に関する講演と野球教室

去る12月の日曜日、千葉市男女共同参画センター 公益財団法人千葉市文化振興財団の主催する「男女参画センター祭り」が行われた。

【THE INSIDE番外編】日本体育大学、国際大会・国内大会競技結果報告祝賀会…豪華な顔ぶれが集う 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】日本体育大学、国際大会・国内大会競技結果報告祝賀会…豪華な顔ぶれが集う

日本体育大学の2017年におけるスポーツ活動の結果報告祝賀会が、去る12月8日に東京都千代田区「帝国ホテル~孔雀の間」で開催された。祝賀会には、系列附属校の生徒や関係者も出席し、広い会場も狭く感じられるくらいで7~800人ほどが集まっていた。

【THE INSIDE番外編】全日本バレーボール大学男女選手権大会〈後編〉…関東勢上位だが、女子では地方学連勢も大健闘 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】全日本バレーボール大学男女選手権大会〈後編〉…関東勢上位だが、女子では地方学連勢も大健闘

今年は関東地区に集約され、男女同時開催となった全日本大学バレーボール選手権大会(スーパーカレッジバレー2017)は、男女ともに決勝は関東連盟所属の学校で争われた。

【THE INSIDE番外編】全日本バレーボール大学男女選手権大会〈前編〉…概論 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】全日本バレーボール大学男女選手権大会〈前編〉…概論

年末になると、大学スポーツは各地区(連盟)でのリーグ戦から、選手権大会のインカレの季節となる。インカレとは「インターカレッジ(intercollege)チャンピオンシップ(Championships)」である。

【THE INSIDE】「第48回明治神宮野球大会 大学の部」で日体大が37年ぶりの日本一に…大学野球探訪(9) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「第48回明治神宮野球大会 大学の部」で日体大が37年ぶりの日本一に…大学野球探訪(9)

今年の明治神宮野球大会 大学野球の部は、首都大学野球連盟代表の日本体育大が、37年ぶり2度目の優勝を果たした。

【THE INSIDE】第48回明治神宮野球大会「高校の部」…今大会と歴史を振り返る 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第48回明治神宮野球大会「高校の部」…今大会と歴史を振り返る

今年の明治神宮大会は明徳義塾の優勝で幕を閉じたが、これで年内の公式戦行事は(1年生大会や地域の大会を除いて)ほぼ終了したことになる。

【THE INSIDE】シーズンオフ前、11月の高校野球の過ごし方 画像
オピニオン

【THE INSIDE】シーズンオフ前、11月の高校野球の過ごし方

高校野球は12月から3月の1週目までは対外試合禁止の期間となる。つまり、試合をするということに関しては、年内は11月が最後ということになる。それ以降は、いわゆる対外試合はオフ期間となって、その間は学校によって過ごし方は異なってくる。

【THE INSIDE】「第90回記念選抜高校野球大会」は出場校枠が増えるも、参加校最多の関東・東京勢は恩恵なし 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「第90回記念選抜高校野球大会」は出場校枠が増えるも、参加校最多の関東・東京勢は恩恵なし

来春のセンバツ高校野球は第90回の記念大会ということで、例年の32校代表から出場校枠が4校増えることがすでに発表されている。その内訳は次のようになっている。

【THE INSIDE】学生野球の原点でもある、歴史と伝統の東京六大学野球…大学野球探訪(8) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】学生野球の原点でもある、歴史と伝統の東京六大学野球…大学野球探訪(8)

この春の東京六大学野球は大混戦の末に、立教大が1999年秋のシーズン以来、まさに21世紀になって初めての優勝となった。

【THE INSIDE】この秋も戦国東都から目が離せない…大学野球探訪(7) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】この秋も戦国東都から目が離せない…大学野球探訪(7)

9月も10日間が経過したが、その間に東都大学野球の秋季リーグ戦が開幕した。神宮球場の使用権の東京六大学連盟との兼ね合いや日程の都合で、どうしても平日開催となることは否めない東都大学野球である。

【THE INSIDE】今秋も混戦必至、早くも下克上スタートの首都大学リーグ…大学野球探訪(6) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】今秋も混戦必至、早くも下克上スタートの首都大学リーグ…大学野球探訪(6)

今春のリーグ戦は第1週から混戦となり、最終的には帝京大の39シーズンぶりの優勝となった首都大学リーグ。

【THE INSIDE】花咲徳栄の優勝、新スターの誕生…第99回全国高校野球選手権大会・雑感 画像
オピニオン

【THE INSIDE】花咲徳栄の優勝、新スターの誕生…第99回全国高校野球選手権大会・雑感

雨で1日開幕が遅れた今年の全国高校野球選手権大会。その後は、1日天候不順の予報で順延となったものの、予定していた休息日も設けることが出来て無事終了した。

【THE INSIDE】10年連続80万人以上を動員した夏の高校野球…大盛況の裏側に、観客の意識の変化? 画像
オピニオン

【THE INSIDE】10年連続80万人以上を動員した夏の高校野球…大盛況の裏側に、観客の意識の変化?

今年の夏も暑さをものともせず、真夏の甲子園球場でさまざまなドラマが展開された。そして、連日のように甲子園には多くのファンが詰めかけた。

【THE INSIDE番外編】インターハイには将来の関取候補が勢ぞろい…野球のドラフト候補を見る感覚にもなる 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】インターハイには将来の関取候補が勢ぞろい…野球のドラフト候補を見る感覚にもなる

2017年の南東北高校総体。相撲競技の会場は、宮城県の湯治で知られる鳴子温泉郷にある鳴子スポーツセンターだった。

【THE INSIDE番外編】金沢学院が逆転勝利で10年ぶりの優勝…インターハイ 相撲競技(団体戦) 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】金沢学院が逆転勝利で10年ぶりの優勝…インターハイ 相撲競技(団体戦)

高校相撲は、誰が高校横綱になるのかという個人戦も面白いが、1校3~5人で競い合う団体戦も魅力である。

【THE INSIDE番外編】将来の関取候補がひしめく個人戦が熱い…インターハイ 相撲競技 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】将来の関取候補がひしめく個人戦が熱い…インターハイ 相撲競技

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)・南東北総体2017の相撲競技は、宮城県の鳴子温泉にほど近い大崎市の鳴子スポーツセンターで開催された。将来の相撲界を担っていくであろうと思われる選手も多く出場する大会でもある。

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持 画像
オピニオン

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持

春は4回、夏は7回。近年では2009年夏に堂林翔太投手(現広島東洋カープ)と磯村嘉孝捕手(現広島東洋カープ)のバッテリーを擁し全国制覇を果たしている中京大中京。しかし、そんな名門校でも愛知大会を勝ち上がっていくことは並大抵ではない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4
page top