大迫傑が東洋大学の選手たちの質問に直接回答「前進か後退しか、マラソンには存在しない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大迫傑が東洋大学の選手たちの質問に直接回答「前進か後退しか、マラソンには存在しない」

オピニオン ボイス
大迫傑が東洋大学の選手たちの質問に直接回答「前進か後退しか、マラソンには存在しない」
  • 大迫傑が東洋大学の選手たちの質問に直接回答「前進か後退しか、マラソンには存在しない」

東洋大学陸上競技部14人の選手たちが、現地時間の8月24日よりアメリカのオレゴン州・ポートランドで開催されたフッド・トゥ・コースト・リレー (Hood to Coast)に出場すべく、ポートランドを訪れた。

レース前の8月22日にはオレゴン州が活動拠点である『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』に所属している大迫傑選手が、東洋大学の選手たちの質問に答える機会があった。

Q、強くありつづけるためにはどうすればいいか。

A、これでいいか、と思わないこと。前進か後退しかマラソンには存在しない。昨日の自分より明日の自分、昨シーズンより今シーズン。自分を越えていく意識が必要。あと、そのために自分の『何を捨てられるか』。例えば家族の時間だったりを削って競技に専念することもある。

Q、辛いときなど、どういう思いで走っているのか。

A、状況を受け入れること。あえて戦おうとしないで、自分の中で『今日はよくない状態だから』というのを受け入れる。例えば練習も、15分走るところをとりあえず10分走ってみると、整理がつくこともある。状態がよくなるのを待つこと。それまでが大事。ネガティブな感情を受け入れること。

憧れのアスリートから直接答えをもらえたことは、今後の選手たちの糧になるはずだ。

《撮影・編集=大日方航》

東洋大学がアメリカ合宿…大迫傑とのふれあいに「感激した」

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top