【山口和幸のツール・ド・フランス日記】フルームが3年連続4度目の総合優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】フルームが3年連続4度目の総合優勝

スポーツ 短信

マイヨジョーヌを着用するクリストファー・フルーム
  • マイヨジョーヌを着用するクリストファー・フルーム
  • 開幕前日に笑顔で現地入りしたクリストファー・フルーム
  • フランス期待のロマン・バルデは総合3位
  • 【山口和幸のツール・ド・フランス日記】フルームが3年連続4度目の総合優勝
  • 【山口和幸のツール・ド・フランス日記】フルームが3年連続4度目の総合優勝
  • ステージ1勝とマイヨジョーヌを2日間着用したファビオ・アルー
  • 【山口和幸のツール・ド・フランス日記】フルームが3年連続4度目の総合優勝
  • 新城幸也は7度目の完走を果たした
世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスが7月1日から23日まで行われ、スカイのクリストファー・フルーム(英国)が3年連続4度目の総合優勝を達成した。

104回を数える今年の大会はドイツのデュッセルドルフで開幕。初日のタイムトライアルはフルームのアシスト役であるチームメートのゲラント・トーマス(英国)がトップタイムをたたき出し、マイヨジョーヌを獲得。

第5ステージでアスタナのファビオ・アルー(イタリア)がアタックしてステージ優勝するが、フルームは追走したもののトーマスは脱落。そのステージが終わってマイヨジョーヌはトーマスからフルームに渡った。

その後はスカイチームのアシスト陣に援護されて首位を守り続けたフルームだが、第12ステージのゴール前で失速し、アルーに首位を奪われた。

ステージ1勝とマイヨジョーヌを2日間着用したファビオ・アルー

しかし、第14ステージでフルームは他の有力選手とペースアップするとアルーが脱落し、再び首位に。山岳ステージでも強さを発揮して、ライバル選手の攻撃を許さず、最終日前日の個人タイムトライアルで総合優勝を確実なものにした。

「4回の優勝の中で最も僅差の勝負だったので、とてもプレッシャーだったが、それをいい走りに結びつけることができた。毎回のことだけど簡単なツール・ド・フランスはない」とフルーム。

山岳賞とスーパー敢闘賞を獲得したワレン・バルギル

ポイント賞はサンウェブのマイケル・マシューズ(オーストラリア)。山岳賞はサンウェブのワレン・バルギル(フランス)。新人賞はオリカ・スコットのサイモン・イエーツ(英国)。3選手とも初受賞となるが、サイモン・イエーツは前年に新人賞を獲得した双子のアダムに続く受賞となった。スーパー敢闘賞はバルギル。

バーレーン・メリダの新城幸也は目標としていた区間勝利こそ実現できなかったが、出場7回にして7度目の完走を果たした。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top