【注目】オピニオンニュースまとめ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【注目】オピニオンに関するニュースまとめ一覧

「次世代の女優」現役女子高生3人組のリアル…SNOWは使う?運動部がタイプ? 画像
オピニオン

「次世代の女優」現役女子高生3人組のリアル…SNOWは使う?運動部がタイプ?

丸美屋のふりかけ「混ぜ込みわかめ」シリーズの新テレビCM『青春チャチャチャ』篇が、7月22日より全国でオンエアされます。

【THE REAL】湘南ベルマーレのアンドレ・バイアが魅せた崇高な心…未来へ紡がれる歓喜のタッチ 画像
オピニオン

【THE REAL】湘南ベルマーレのアンドレ・バイアが魅せた崇高な心…未来へ紡がれる歓喜のタッチ

■ボールボーイと交わした歓喜のタッチ

【LONDON STROLL】札束が飛び交うプレミア・リーグの2017年夏 画像
オピニオン

【LONDON STROLL】札束が飛び交うプレミア・リーグの2017年夏

2017年夏の移籍シーズンで、例年以上に活発な動きを見せるプレミア・リーグの各クラブ。この活発な動きは、連日多くのプレミア・リーグファンの心を躍らせている。

「これからのクラブチームは、サッカーだけをしていてはダメです」…「スフィーダ世田谷FC」がなでしこリーグで生き残るためにしていること 画像
オピニオン

「これからのクラブチームは、サッカーだけをしていてはダメです」…「スフィーダ世田谷FC」がなでしこリーグで生き残るためにしていること

日本女子サッカーリーグ2部(なでしこリーグ)に所属する女子サッカークラブ、「スフィーダ世田谷FC」にトップチームマネージャーとして2016年まで務めていた(現FC東京ホームゲーム運営支援スタッフ)千葉恵美さん。

Jクラブのホンネは女子サッカーから撤退したい?…なでしこリーグが抱える闇 画像
オピニオン

Jクラブのホンネは女子サッカーから撤退したい?…なでしこリーグが抱える闇

日本女子サッカーリーグ2部(なでしこリーグ)に所属する女子サッカークラブ、「スフィーダ世田谷FC」のトップチームマネージャーを2016年まで務めていた(現FC東京ホームゲーム運営支援スタッフ)千葉恵美さん。

錦織圭、東京五輪への抱負を語る「ホームカントリーは大きなアドバンテージ」 画像
スポーツ

錦織圭、東京五輪への抱負を語る「ホームカントリーは大きなアドバンテージ」

7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。

「恥ずかしいの一言です」錦織圭が記者会見で「にしこリクシル!」 画像
スポーツ

「恥ずかしいの一言です」錦織圭が記者会見で「にしこリクシル!」

7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。

【THE REAL】香川真司の現在地…ボルシア・ドルトムントでの復活の先に日本代表の大一番を見すえて 画像
オピニオン

【THE REAL】香川真司の現在地…ボルシア・ドルトムントでの復活の先に日本代表の大一番を見すえて

■ベンチで浦和レッズと戦い続けた90分間

【山口和幸の茶輪記】巡礼の旅はツール・ド・フランス発案の原点だった 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】巡礼の旅はツール・ド・フランス発案の原点だった

フランス中南部のル・ピュイアンブレは、第15ステージのゴール、休息日、第16ステージのスタートと3日間もツール・ド・フランスを迎えてお祭り騒ぎだった。

【小さな山旅】“房総のマッターホルン”の頂にて…千葉県・伊予ヶ岳(3) 画像
オピニオン

【小さな山旅】“房総のマッターホルン”の頂にて…千葉県・伊予ヶ岳(3)

千葉県南房総市にある伊予ヶ岳は、その鋭い山容から様々な呼び名が付けられている。

5000m超の山頂で飲んだジンジャーティーの味を思い出して…ネパールトレッキング Day 10 画像
オピニオン

5000m超の山頂で飲んだジンジャーティーの味を思い出して…ネパールトレッキング Day 10

馬の力を借りながらも山頂に登ったのはとても嬉しいことでした

自己資金ゼロから一輪車で世界一周した日大生が語る、150万円以上もの旅資金を集めた方法 画像
オピニオン

自己資金ゼロから一輪車で世界一周した日大生が語る、150万円以上もの旅資金を集めた方法

日本大学法学部を休学して2年目の土屋柊一郎さん(22)は、274日間に渡る「一輪車世界一周10000km走破の旅」を自己資金「ゼロ」円で臨んだ。

【THE REAL】いわきFCの「10番」平岡将豪が見すえる未来…衝撃を与えた天皇杯は序章にすぎない 画像
オピニオン

【THE REAL】いわきFCの「10番」平岡将豪が見すえる未来…衝撃を与えた天皇杯は序章にすぎない

■天皇杯敗退後に生まれた珍しい光景

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】GPSデバイスは海外でも活躍 画像
イベント

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】GPSデバイスは海外でも活躍

ツール・ド・フランス取材など、海外旅行のときにあると便利なものとして、GPSウォッチをおすすめしたい。最大のメリットは足跡が残せること。トラベル業界としてもGPSウォッチを利用した新たな観光スタイルはビジネスチャンスになる。

森薗政崇ら明治大学卓球部、中国人選手と交流戦「卓球界にとってプラスとなるイベントだった」 画像
スポーツ

森薗政崇ら明治大学卓球部、中国人選手と交流戦「卓球界にとってプラスとなるイベントだった」

7月13日、明治大学駿河台キャンパスのリバティータワー1Fオープンスペースにて、明治大学卓球部、北京大学卓球部、北京体育大学卓球部による交流戦が開催された。

【津々見友彦の6輪生活】自分の代わりに後方を監視「Varia J リアビューレーダー」 画像
オピニオン

【津々見友彦の6輪生活】自分の代わりに後方を監視「Varia J リアビューレーダー」

自転車で市街地を走るとき、気になるのは後方からのクルマ。しかし、デザイン上の兼ね合いからなかなかミラーを付けない。私はBD-1ではハンドルバーの外側に折りたたみのミラーを取り付けているが…。

【THE REAL】セレッソ大阪・水沼宏太があげる復活の狼煙…正確無比なクロスとほとばしる情熱 画像
オピニオン

【THE REAL】セレッソ大阪・水沼宏太があげる復活の狼煙…正確無比なクロスとほとばしる情熱

■緩みかけた雰囲気に喝を入れた大声

実業団で輝く10代最速ランナー遠藤日向…目指すは東京五輪 画像
スポーツ

実業団で輝く10代最速ランナー遠藤日向…目指すは東京五輪

実業団ランナーになって最初の日本選手権は2位に終わった。

【小さな山旅】ロープをギュッとね!…千葉県・伊予ヶ岳(2) 画像
オピニオン

【小さな山旅】ロープをギュッとね!…千葉県・伊予ヶ岳(2)

房総のマッターホルンこと、千葉県南房総市にある伊予ヶ岳。その異名を付けられた理由を「体感」できるのが、東屋から南峰まで続く連続ロープ場である。

【山口和幸の茶輪記】ツール・ド・フランスの休息日は一番疲れる 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】ツール・ド・フランスの休息日は一番疲れる

2017ツール・ド・フランスは序盤戦の9日間が終了し、大会10日目は休息日だ。ところがこれが全然お休みにならない。むしろ23日間の大会期間中で一番忙しい日である。そのワケは…。

大迫傑はオレゴンで進化する…メダリストと鍛えた世界レベルの走り 画像
オピニオン

大迫傑はオレゴンで進化する…メダリストと鍛えた世界レベルの走り

「日本選手権は毎年独特の緊張感があるのですが、去年の方が思いは強かったですね。ただ今年はそれ以上にリラックスしていたので、去年より力みなく走れたと思います」

【ニュージーランド航空を体験してみた】機内安全ビデオが繰り返して見たくなるほど面白い! 画像
ライフ

【ニュージーランド航空を体験してみた】機内安全ビデオが繰り返して見たくなるほど面白い!

先日、かねてより行ってみたいと思っていたニュージーランドへ行ってきました。

【THE REAL】バンディエラ・中村憲剛の色褪せない存在感…変貌を遂げる川崎フロンターレの中心で 画像
オピニオン

【THE REAL】バンディエラ・中村憲剛の色褪せない存在感…変貌を遂げる川崎フロンターレの中心で

■高難度の仕事が凝縮されたスルーパス

服部勇馬が目指すもの…箱根駅伝“花の2区”からマラソンへ 画像
オピニオン

服部勇馬が目指すもの…箱根駅伝“花の2区”からマラソンへ

「次は福岡国際マラソンに出場する予定になっています。そこでまず東京オリンピックの(日本代表)選考の舞台の切符を勝ち取ることが一番の目標です」

【THE INSIDE】古豪復活へ燃える熊谷商、単独商業校の代表格としても頑張る 画像
オピニオン

【THE INSIDE】古豪復活へ燃える熊谷商、単独商業校の代表格としても頑張る

少し高校野球に詳しい50代以上の人であれば、甲子園で熊谷商が下関商との乱戦を制した戦いを覚えている人もいるだろう。

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】運転ひとつにしてもお国柄 画像
オピニオン

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】運転ひとつにしてもお国柄

真夏のフランスとその近隣諸国を駆けめぐるツール・ド・フランス。それを追いかける関係者は大会途中の大移動を含めて23日間で5000kmの運転を余儀なくされる。2017年はドイツ、ベルギー、フランスを走っているのでドライブ事情を報告。

【小さな山旅】びわとマッタリホルン…千葉県・伊予ヶ岳(1) 画像
オピニオン

【小さな山旅】びわとマッタリホルン…千葉県・伊予ヶ岳(1)

千葉県は南房総市にある伊予ヶ岳。この山は、低山のメッカである千葉県内において、「房総のマッターホルン」という異名を持ち、唯一「岳」の名が付く山である。

【THE REAL】鹿島アントラーズ・永木亮太のアニバーサリー…記録より記憶に残る初ゴールの先に 画像
オピニオン

【THE REAL】鹿島アントラーズ・永木亮太のアニバーサリー…記録より記憶に残る初ゴールの先に

■一陣の風が生み出した逆転ゴール

究極の選択を迫られたネパールトレッキング Day 8-9 画像
オピニオン

究極の選択を迫られたネパールトレッキング Day 8-9

二つの選択肢から選んだのは山を馬で登るということでした

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】年々進化するフランス車 画像
オピニオン

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】年々進化するフランス車

ツール・ド・フランス取材はクルマを使って選手たちを追いかける。7月のフランスだけで、20年間ですでに地球を2周半ほど運転したことになるが、毎年新しいクルマに乗るわけだからその進化の過程もある程度把握できている。

【読後、時間の無駄だったと後悔します】ニュージーランドにいる羊 is セバスチャン 画像
エンタメ

【読後、時間の無駄だったと後悔します】ニュージーランドにいる羊 is セバスチャン

ニュージーランドと言えばァ!!

【山口和幸の茶輪記】21年連続でツール・ド・フランスの完走を目指す 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】21年連続でツール・ド・フランスの完走を目指す

ツール・ド・フランスの全日程となる23日間を単独で追いかけるようになって21年目、取材に関わるようになって30年となるが、世界最大の自転車レースとともに真夏のフランスをかけめぐる壮大な旅は何度経験しても不安で、それでいながら感慨深いものがある。

【THE INSIDE】古豪の再生作業に取り組む小山高校…気がつけば、甲子園の栄光も古の話 画像
オピニオン

【THE INSIDE】古豪の再生作業に取り組む小山高校…気がつけば、甲子園の栄光も古の話

今から41年前の1976(昭和51)年、「第48回選抜高校野球大会」で準優勝を果たした小山高校。

ニュージーランド旅行者&在住者に聞いた最強のラーメン屋…開店の背景は? 画像
ライフ

ニュージーランド旅行者&在住者に聞いた最強のラーメン屋…開店の背景は?

ニュージーランドに行ってきました。

【THE REAL】ガンバ大阪・長沢駿を輝かせる勇気と探求心…遅咲きの花を咲かせるJ1最長身ストライカー 画像
オピニオン

【THE REAL】ガンバ大阪・長沢駿を輝かせる勇気と探求心…遅咲きの花を咲かせるJ1最長身ストライカー

■4針縫ったばかりの傷口を庇わない勇気

【ニュージーランド探検】キーウィは何処に…Yes、無人のランギトト島。 画像
ライフ

【ニュージーランド探検】キーウィは何処に…Yes、無人のランギトト島。

ニュージーランドの都市、オークランドに在住経験のある友人曰く、「オークランドの良さは、フェリーで手軽に行ける島々があること」だそうです。

バックパッカーが最も恋しくなる日本食は?嫉妬と羨望、妬み、殺意まで湧かせるあの食べ物 画像
ライフ

バックパッカーが最も恋しくなる日本食は?嫉妬と羨望、妬み、殺意まで湧かせるあの食べ物

(先に前置きしておきますと、今回の結論は完全に僕の主観です)

ニュージーランドで熱狂的なラグビーファンに囲まれ、浮きまくる東洋人観光客こと私 画像
イベント

ニュージーランドで熱狂的なラグビーファンに囲まれ、浮きまくる東洋人観光客こと私

4年に一度、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの代表選手から選抜結成されるチームが「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」。今年はニュージーランドに遠征しています。

オークランドに着いたら、まずは「スカイ・タワー」へ行こう…僕がニュージーランド観光で後悔していること 画像
ライフ

オークランドに着いたら、まずは「スカイ・タワー」へ行こう…僕がニュージーランド観光で後悔していること

どうも、編集部オビナタです。趣味は海外旅行です。先日、ニュージーランドに飛び立ち、オークランドを中心に観光してきました。

【山口和幸の茶輪記】564万フォロワー、1億2000万ページビュー!…数字で読むツール・ド・フランス2017 画像
オピニオン

【山口和幸の茶輪記】564万フォロワー、1億2000万ページビュー!…数字で読むツール・ド・フランス2017

参加198選手、チームスタッフ300人、記者2000人、沿道の警官・憲兵隊2万3000人。4カ国、635都市を通過。今年で104回目の開催となる世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスを数字で見てみよう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 33
page top