錦織圭、東京五輪への抱負を語る「ホームカントリーは大きなアドバンテージ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、東京五輪への抱負を語る「ホームカントリーは大きなアドバンテージ」

スポーツ 選手

7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
  • 7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。
7月19日、都内で錦織圭選手の「リクシル すすめる、ユニバーサル。」公式アンバサダー就任式が開催された。

7日、ウィンブルドン(イギリス・ロンドン)3回戦でロベルト・バウティスタ=アグ(スペイン)に敗れた錦織は「体調は問題ないです。日本に帰ってきて、少し練習をしたりと、リラックスして過ごしてます」と調子を整えている様子だった。

リオオリンピックでは1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー)で銀メダルを獲った熊谷一弥選手以来となる、日本勢96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げた錦織圭選手。

改めてこのタイミングでリオオリンピックを振り返った。

「すごく思い出に残る一戦でした。自分でメダルを獲得したのも初ですし、日本勢のメダルも96年ぶりということで感慨深いものがあり、自信にもなった。オリンピックはプレッシャーもかかるが、得たものが大きかった。メダルを意識してから、プレッシャーがより出てきた。試合を重ねるごとに重くなっていき、ベスト8からは一戦、一戦が重かった。他の選手もライバルとして頑張っていたし、自分も刺激を受けた」

東京オリンピックについての抱負も語った。

「まだまだ道のりは長い。2020年までには実力をあげて、メダルをとれるように頑張りたい。2020年には30歳。この2、3年で実力を上げて体も強くすればテニスプレーヤーとしてもいい時期だし、ホームカントリーで試合ができるのは大きなアドバンテージになると思う」
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top