2020年東京オリンピック・パラリンピックへの序章ニュースまとめ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020年東京オリンピック・パラリンピックへの序章に関するニュースまとめ一覧

2020年に日本で開催されることが決まった東京オリンピック・パラリンピック。日々鍛錬に励むアスリートたちのなかには将来、このビッグイベントで輝きを放つであろう金の卵も少なくない。

「オリンピック」や、「アスリート」と言うワードを聞けば、一般的には陸上や水泳、ウィンタースポーツ各種に野球、サッカーといった立場的にも確立されたプロスポーツを思い浮かべるかもしれない。もちろん、それらのメジャー競技あってこその大舞台だというのは間違いない。

ただ、そうしたメジャー競技ではなくとも、必死に走り続ける「マイナースポーツアスリート」たちも多く存在する。それぞれの競技の未来を背負いながら、アルバイトをかけもち、遠征費を捻出するために東奔西走している選手もいる。自らのスポンサー獲得のために企業へプレゼンも行なう選手もいる。過酷な環境下で、戦っている選手たちがいるのだ。

今回取材陣は、競技の認知度を高めるために様々な活動をしているマイナースポーツアスリートたちの背中を追った。いずれの競技も現段階ではさまざまな課題を抱えているが、近い将来、メジャー化していく可能性を多いに秘めている。

***

取材対象競技は20競技を超える。

・アルティメット
・ビーチテニス
・自転車BMX
・サーフィン



・ハンググライダー
・ウイングスーツ
・ビーチバレー
・ラフティング



・リュージュ
・武術太極拳
・総合格闘技



・ウインドサーフィン
・キンボール
・ロープスピッキング
・水上バイク



・トランポリン
・カヌー
・パラグライダー
・ポールダンス



・ローラースキー
・ムエタイ
・スタッキング
・ラート


いずれの競技も第一線にいるアスリートたちの言葉を集めた。上記の競技の中にも、「知っている競技」「聞いたことはあるけど、なんだかよくわからない競技」「聞いたことすらない競技」など色々とあるだろう。それぞれの競技を紹介するとともに、トップ選手の取り組みをお伝えする。

なお、上記の競技で既にオリンピック競技であるのは

・自転車BMX
・ビーチバレー
・トランポリン
・カヌー

の4競技だが、多くの競技はオリンピック競技を目指すという大きな目標をもっている(取材した競技の中には、オリンピック出場を目標としていない競技もあるということが判明したが、ほとんどの競技がオリンピック出場を目指している)。

「オリンピック競技」になるためには様々な手段があるが、そのひとつが、「第二のオリンピック」と呼ばれる「ワールドゲームズ」で結果を出すことだ。

「ワールドゲームズ」とは、国際オリンピック委員会(IOC)の後援で4年に1度、夏季オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催されているトップアスリートによる総合競技大会。



国際スポーツ団体総連合と、国際ワールドゲームズ協会加盟競技の中で、オリンピック競技種目に採用されてない種目で、世界の4大陸40カ国以上に協会があり、かつ、3回以上の世界選手権等が行われていることが条件となる。また、ワールドゲームズ競技種目は、オリンピック競技種目との入れ換えも行われている。

多くの競技は、ワールドゲームズでファンを増やし、世界的に認知されていくことでオリンピック競技としての枠を狙う。オリンピック競技になっていないスポーツは、まず、このワールドゲームズに参加することを目指し、そこからさらに上、オリンピック競技枠を目指す必要がある。



他のパターンとして、上記の競技のひとつを例に挙げると「ビーチテニス」の方法がある。

この競技は、テニスにひもづけられた競技であるため、既にオリンピック競技であるテニスの力を借りて、オリンピック競技に引き上げてもらうという形も有効だという。

華やかなオリンピックの舞台に立つためにも、様々なハードルを越えなくてはならない。権利ビジネスなどが複雑に絡むスポーツ業界を勝ち抜くためには、多方面からのアプローチが必要になる。

***


一般には知られていないオリンピック・パラリンピックにまつわる裏事情や、様々なマイナースポーツの魅力、アスリートたちの本音に迫る連載企画をスタートする。

***


取材協力
「アスリートエール」

武井壮、嘆きながらもクライミング大技に挑戦!「とんでもないことさせるな、ここのスタッフ…」 画像
スポーツ

武井壮、嘆きながらもクライミング大技に挑戦!「とんでもないことさせるな、ここのスタッフ…」

野口啓代(あきよ)選手、野中生萌(みほう)選手と、元・陸上十種競技選手武井壮さんが、ららぽーと豊洲にて5月18日~21日の4日間開催される「三井不動産クライミングパーク for TOKYO2020」オープニングイベントに登壇した。

武井壮「2030年までに東京のすべての壁でボルダリングを」 画像
スポーツ

武井壮「2030年までに東京のすべての壁でボルダリングを」

2017年5月18日~21日の4日間、クライミングを気軽に体験できる「三井不動産クライミングパーク for TOKYO2020」がららぽーと豊洲にて開催される。

スケートボード&BMX、フルスペック8Kライブ制作システムで中継実験 画像
イベント

スケートボード&BMX、フルスペック8Kライブ制作システムで中継実験

NHK放送技術研究所の技研公開2017にて、東京五輪応援技術実験イベント「東京オリンピックを目指せ!」エクストリームスポーツ華麗な技の競演~スケートボード・BMXの迫力をフルスペック8Kスーパーハイビジョンで~が5月27日(土)、28日(日)に開催される。

「日本はクレイジーだ」東京ビッグサイトのメディアセンター問題、絶望的状況に一筋の光明 画像
スポーツ

「日本はクレイジーだ」東京ビッグサイトのメディアセンター問題、絶望的状況に一筋の光明

コミックマーケットや東京おもちゃショーなど、イベントや展示会の開催地として知られる東京ビッグサイト。

東京五輪の聖火点灯は「日本発の空飛ぶクルマ」…トヨタグループが開発支援 画像
イベント

東京五輪の聖火点灯は「日本発の空飛ぶクルマ」…トヨタグループが開発支援

日本発の空飛ぶクルマの開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Management(CRM)は、トヨタグループ15社より、今後3年間で総額4250万円の支援を受けることが決定したと発表した。

大迫傑が海外に練習拠点を移した理由には、あるスポーツの存在があった 画像
スポーツ

大迫傑が海外に練習拠点を移した理由には、あるスポーツの存在があった

4月17日に開催されたボストンマラソンで、初マラソンにもかかわらず3位入賞(2時間10分28秒)し、世間の耳目を集めた大迫 傑(すぐる)選手。5月2日に報道陣のインタビューに応じている。

大迫傑は2020年東京オリンピックをマラソンで挑むのか?…ボストンマラソンを振り返る 画像
スポーツ

大迫傑は2020年東京オリンピックをマラソンで挑むのか?…ボストンマラソンを振り返る

4月17日に開催されたボストンマラソンで、初マラソンにもかかわらず3位入賞し、世間の耳目を集めた大迫傑(すぐる)選手。

【東京2020とわたし】オリンピックで変わる働き方…若い世代が「やさしさの仮面」の裏に秘めるもの 画像
オピニオン

【東京2020とわたし】オリンピックで変わる働き方…若い世代が「やさしさの仮面」の裏に秘めるもの

現在の日本。2020年の日本。2020年以降の日本。その姿は、どう変貌を遂げるのでしょうか。

【東京2020とわたし】「仕方ないんじゃないですかね」日本が輝いた1964年、当時の大学生が抱いていたオリンピックへの思いを考察 画像
オピニオン

【東京2020とわたし】「仕方ないんじゃないですかね」日本が輝いた1964年、当時の大学生が抱いていたオリンピックへの思いを考察

2020年に開催を控える東京オリンピック。現在就活をしている学生の中には、国家の威信をかけた栄光の舞台に、何らかの形で関わりたいと考える若者もいるかもしれません。しかし、それは1964年の舞台でも同様だったのでしょうか。

東京ビッグサイトのメディアセンター問題と、周辺にある課題を考える 画像
新着

東京ビッグサイトのメディアセンター問題と、周辺にある課題を考える

東京2020五輪にあたり、東京ビッグサイトがメディアセンターになる予定だが、このため、従来行われていた展示会が大幅に圧縮され、大規模な経済損失が見込まれる問題。

1兆円超える経済損失試算も…東京ビッグサイト、五輪期間の利用制限は変わらず 画像
ライフ

1兆円超える経済損失試算も…東京ビッグサイト、五輪期間の利用制限は変わらず

東京ビッグサイトの施設利用に対する説明会が、同施設で4月26日に開催された。

【東京2020とわたし】今も昔も、落し物が帰ってくる稀有な国、日本 画像
スポーツ

【東京2020とわたし】今も昔も、落し物が帰ってくる稀有な国、日本

東京2020を把握するには、まず東京1964を知ることから始めなくてはなりません。そこで我々は、過去の新聞や雑誌を紐解いてみることにしました。

【東京2020とわたし】過去から学ぶ、新聞から読み解く東京1964 画像
スポーツ

【東京2020とわたし】過去から学ぶ、新聞から読み解く東京1964

2020年の五輪後、社会はどう変化するのか。現在日本は「オリンピック」という国家的イベントを目前にして、様々な問題を抱えながらも各業界がスパートしている最中です。

WOWOWパラリンピック・ドキュメンタリー、冬季競技選手が登場 画像
スポーツ

WOWOWパラリンピック・ドキュメンタリー、冬季競技選手が登場

WOWOWは、IPC(国際パラリンピック委員会)と共同で立ち上げたパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」に冬季競技選手が登場すると発表した。

新連載【東京2020とわたし】2020年レガシーを土台にしてどう生きるべきか 画像
スポーツ

新連載【東京2020とわたし】2020年レガシーを土台にしてどう生きるべきか

2020年に東京で五輪が開催されます。2017年現在、課題は山積していますが、1964年の経験も踏まえると、さまざまな面で良い結果をもたらすと捉えられることが多いため、メディアの各種報道も総じて前向きと捉えて良いのではないでしょうか。

高橋尚子が示唆する東京オリンピック成功のカギ…オリンピックは誰のもの? 画像
オピニオン

高橋尚子が示唆する東京オリンピック成功のカギ…オリンピックは誰のもの?

取材中も笑顔を絶やさない。関係者のみならず、市民ランナー、言葉の通じない外国人、そしてメディアまでもそのフレンドリーさで巻き込んでしまう。

コカ・コーラ、スポーツクライミング&スケートボードの3選手とパートナーシップ契約 画像
スポーツ

コカ・コーラ、スポーツクライミング&スケートボードの3選手とパートナーシップ契約

日本コカ・コーラは、スポーツクライミング選手の白石阿島、スケートボード選手の西村詞音と西村碧莉の3選手とパートナーシップ契約を結ぶことを発表した。

新潟県長岡市、オーストラリア水泳連盟と連携協定を締結 画像
スポーツ

新潟県長岡市、オーストラリア水泳連盟と連携協定を締結

新潟県長岡市とオーストラリア水泳連盟は、東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプに係る連携協定を締結した。

【1964年】サッカーと自転車競技をオリンピック種目から排除する動きが…なぜ? 画像
イベント

【1964年】サッカーと自転車競技をオリンピック種目から排除する動きが…なぜ?

1964年10月8日の朝日新聞には、第62回国際オリンピック委員会(IOC)総会においてサッカーと自転車競技についてオリンピック種目から排除しようという意見が出たことが報じられている。

【1964年】お嫁さんにしたい女性の職業は「BG」が1位…「BG」って?東京オリンピックの影響で死語に 画像
ライフ

【1964年】お嫁さんにしたい女性の職業は「BG」が1位…「BG」って?東京オリンピックの影響で死語に

1964年5月に旺文社より発行された「高二時代」という雑誌には、「お嫁さんをもらうならこんな職業の人を」という読者アンケートの結果が掲載されている。

1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは 画像
ライフ

1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは

1964年、オリンピック見物を兼ね、日本の風物を楽しもうと来日した外国人観光客は5万人近くにものぼった。「親切で礼儀正しい国民」「素晴らしかったオリンピック開会式」などの評判もあったが、問題として挙げられたのは「言葉が満足に通じない」といった点だった。

1枚160万円!?1964年のオリンピック入場券は異常な人気…2020年に向けて 画像
オピニオン

1枚160万円!?1964年のオリンピック入場券は異常な人気…2020年に向けて

1963年3月10日の読売新聞朝刊には、オリンピック入場料の原案が掲載されている。開会式は500円~8000円、競技の最低料金は300円と設定されていたようだ。当時の金額だと肌感として掴めないので、この時代の大卒初任給を見てみよう。

【1964年】フェンシング会場となった早稲田大学が17日間のオリンピック休み…経済効率化のヒント 画像
ライフ

【1964年】フェンシング会場となった早稲田大学が17日間のオリンピック休み…経済効率化のヒント

早稲田大学戸山キャンパスにある「早稲田大学記念会堂」。1957年に早稲田大学の創立75周年を記念して建設された体育館だ。ここが1964年の東京オリンピックのフェンシングが開催された場所でもあるということは、案外知られていない。

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(後編) 画像
オピニオン

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(後編)

2016年8月19日。リオデジャネイロ五輪陸上男子4×100mリレー決勝の大舞台で、日本代表のアンカーとしてバトンを受け取ったケンブリッジ飛鳥選手。3人の仲間とともに日本陸上界の歴史に残る銀メダルを手に入れた彼は、2017年からプロ選手としての道を歩みだした。

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(前編) 画像
オピニオン

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(前編)

2016年8月19日。リオデジャネイロ五輪陸上男子4×100mリレー決勝の大舞台で、日本代表のアンカーとしてバトンを受け取ったケンブリッジ飛鳥選手。3人の仲間とともに日本陸上界の歴史に残る銀メダルを手に入れた彼は、2017年からプロ選手としての道を歩みだした。

【インタビュー】卓球“みうみま”平野美宇&伊藤美誠、お互いに勝ってる部分はどこ? 画像
スポーツ

【インタビュー】卓球“みうみま”平野美宇&伊藤美誠、お互いに勝ってる部分はどこ?

卓球の“みうみま”ペアとして親しまれてきた平野美宇選手と伊藤美誠選手。

しょこたんらクールジャパンを語る…ガンダムが東京五輪に登場する? 画像
イベント

しょこたんらクールジャパンを語る…ガンダムが東京五輪に登場する?

タレントの中川翔子さんらが1月27日、東京都内で『2020に向けたクールジャパンの可能性』と題したトークセッションで未来への想いを熱く語った。

豊洲新市場を五輪メディアセンターに?「ちょっと先走った」石積会長 画像
新着

豊洲新市場を五輪メディアセンターに?「ちょっと先走った」石積会長

東京五輪2020で、東京ビッグサイトがメディアセンターになる予定。

ビッグサイトの五輪メディアセンター化に「待った」の背景 画像
新着

ビッグサイトの五輪メディアセンター化に「待った」の背景

東京五輪2020年のメディアセンター問題について会見が行われた。

東京五輪2020年、ビッグサイトがメディアセンターになることで1兆円以上の売上損失を危惧…日本展示会協会などが会見 画像
新着

東京五輪2020年、ビッグサイトがメディアセンターになることで1兆円以上の売上損失を危惧…日本展示会協会などが会見

2020年の東京五輪を前に、幾つかの課題が明るみになっているなかで、1月26日、新たにとある課題について問題提起がなされた。

【インタビュー】パラリンピアン佐藤圭太、4年後の金メダルに向けて 画像
スポーツ

【インタビュー】パラリンピアン佐藤圭太、4年後の金メダルに向けて

陸上トラックと義足開発施設が併設された画期的なランニング施設『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』が12月10日にオープンした。リオデジャネイロパラリンピック陸上男子400mリレーで銅メダルを獲得した佐藤圭太選手にとって、新しい活動拠点のひとつになる。

内村航平、体操普及への想い「僕は体操で育ててもらった」 画像
スポーツ

内村航平、体操普及への想い「僕は体操で育ててもらった」

体操の内村航平選手がアシックスジャパンとアドバイザリースタッフ契約を結び、日本体操界初のプロ選手となった。今後は競技活動の他に、体操の普及にも力を注ぐ。

【インタビュー】競技用義足エンジニアに聞く…障がい者はもっと速く走れるようになる 画像
オピニオン

【インタビュー】競技用義足エンジニアに聞く…障がい者はもっと速く走れるようになる

「楽しみです、ほんとに。今までこういったところはなかったです」と競技用義足エンジニアの遠藤謙さんは頬をゆるめる。12月10日、東京・豊洲に画期的なランニング施設『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』がオープンした。

【インタビュー】為末大、ランニング施設への想いと2020年に向けた課題 画像
イベント

【インタビュー】為末大、ランニング施設への想いと2020年に向けた課題

元プロ陸上選手の為末大さんが、東京・豊洲にオープンした『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』の館長に就任した。

大迫傑、東京オリンピックに向けて再始動「目の前のシーズンを確実にこなす」 画像
スポーツ

大迫傑、東京オリンピックに向けて再始動「目の前のシーズンを確実にこなす」

リオデジャネイロ五輪を終え、「何か見えてくるかなと期待したけど、終わってみて何も変わっていない」と淡々と大迫傑は語った。

安藤美姫、東京オリンピックのフラッグツアーセレモニーに参加「とても光栄」 画像
イベント

安藤美姫、東京オリンピックのフラッグツアーセレモニーに参加「とても光栄」

元フィギュアスケート選手の安藤美姫さんが11月13日、東京オリンピック・パラリンピックのフラッグツアーセレモニーに参加したことをインスタグラムで報告した。

競泳・今井月、リオを経験して東京五輪を見据える「1年1年しっかりと」 画像
スポーツ

競泳・今井月、リオを経験して東京五輪を見据える「1年1年しっかりと」

リオデジャネイロ五輪を半年後に控えた2月以来、8カ月振りで今井月(るな)選手に会った。高校生になった彼女は五輪を経験し、16歳の誕生日も迎え、これからの日本競泳界を引っ張るひとりとして成長した姿を見せてくれた。

マンホールからはじめる東京オリンピックに向けたテロ対策 画像
ライフ

マンホールからはじめる東京オリンピックに向けたテロ対策

 リオ五輪が終了し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、いよいよ本格的に開催までのカウントダウンが始まった。

「東京2020で五輪連覇」 ベイカー茉秋、4年後の金へ向け体づくり 画像
スポーツ

「東京2020で五輪連覇」 ベイカー茉秋、4年後の金へ向け体づくり

リオデジャネイロ五輪柔道男子90kg級金メダリストのベイカー茉秋選手は11月5日、東京・丸の内で国産食材や酪農作業を体感できる「ジャパンハーヴェスト2016」に登壇。「野菜をしっかり食べてモチベーションを保ち、東京で五輪連覇を狙いたい」と語った。

凸版印刷、東京オリンピックオフィシャルパートナー契約を締結 画像
新着

凸版印刷、東京オリンピックオフィシャルパートナー契約を締結

凸版印刷は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2020オフィシャルパートナー(印刷サービス)」契約を締結した。契約期間は10月31日~2020年12月31日。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5
page top