2020年東京オリンピック・パラリンピックへの序章ニュースまとめ(2 ページ目) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020年東京オリンピック・パラリンピックへの序章に関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

2020年に日本で開催されることが決まった東京オリンピック・パラリンピック。日々鍛錬に励むアスリートたちのなかには将来、このビッグイベントで輝きを放つであろう金の卵も少なくない。

「オリンピック」や、「アスリート」と言うワードを聞けば、一般的には陸上や水泳、ウィンタースポーツ各種に野球、サッカーといった立場的にも確立されたプロスポーツを思い浮かべるかもしれない。もちろん、それらのメジャー競技あってこその大舞台だというのは間違いない。

ただ、そうしたメジャー競技ではなくとも、必死に走り続ける「マイナースポーツアスリート」たちも多く存在する。それぞれの競技の未来を背負いながら、アルバイトをかけもち、遠征費を捻出するために東奔西走している選手もいる。自らのスポンサー獲得のために企業へプレゼンも行なう選手もいる。過酷な環境下で、戦っている選手たちがいるのだ。

今回取材陣は、競技の認知度を高めるために様々な活動をしているマイナースポーツアスリートたちの背中を追った。いずれの競技も現段階ではさまざまな課題を抱えているが、近い将来、メジャー化していく可能性を多いに秘めている。

***

取材対象競技は20競技を超える。

・アルティメット
・ビーチテニス
・自転車BMX
・サーフィン



・ハンググライダー
・ウイングスーツ
・ビーチバレー
・ラフティング



・リュージュ
・武術太極拳
・総合格闘技



・ウインドサーフィン
・キンボール
・ロープスピッキング
・水上バイク



・トランポリン
・カヌー
・パラグライダー
・ポールダンス



・ローラースキー
・ムエタイ
・スタッキング
・ラート


いずれの競技も第一線にいるアスリートたちの言葉を集めた。上記の競技の中にも、「知っている競技」「聞いたことはあるけど、なんだかよくわからない競技」「聞いたことすらない競技」など色々とあるだろう。それぞれの競技を紹介するとともに、トップ選手の取り組みをお伝えする。

なお、上記の競技で既にオリンピック競技であるのは

・自転車BMX
・ビーチバレー
・トランポリン
・カヌー

の4競技だが、多くの競技はオリンピック競技を目指すという大きな目標をもっている(取材した競技の中には、オリンピック出場を目標としていない競技もあるということが判明したが、ほとんどの競技がオリンピック出場を目指している)。

「オリンピック競技」になるためには様々な手段があるが、そのひとつが、「第二のオリンピック」と呼ばれる「ワールドゲームズ」で結果を出すことだ。

「ワールドゲームズ」とは、国際オリンピック委員会(IOC)の後援で4年に1度、夏季オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催されているトップアスリートによる総合競技大会。



国際スポーツ団体総連合と、国際ワールドゲームズ協会加盟競技の中で、オリンピック競技種目に採用されてない種目で、世界の4大陸40カ国以上に協会があり、かつ、3回以上の世界選手権等が行われていることが条件となる。また、ワールドゲームズ競技種目は、オリンピック競技種目との入れ換えも行われている。

多くの競技は、ワールドゲームズでファンを増やし、世界的に認知されていくことでオリンピック競技としての枠を狙う。オリンピック競技になっていないスポーツは、まず、このワールドゲームズに参加することを目指し、そこからさらに上、オリンピック競技枠を目指す必要がある。



他のパターンとして、上記の競技のひとつを例に挙げると「ビーチテニス」の方法がある。

この競技は、テニスにひもづけられた競技であるため、既にオリンピック競技であるテニスの力を借りて、オリンピック競技に引き上げてもらうという形も有効だという。

華やかなオリンピックの舞台に立つためにも、様々なハードルを越えなくてはならない。権利ビジネスなどが複雑に絡むスポーツ業界を勝ち抜くためには、多方面からのアプローチが必要になる。

***


一般には知られていないオリンピック・パラリンピックにまつわる裏事情や、様々なマイナースポーツの魅力、アスリートたちの本音に迫る連載企画をスタートする。

***


取材協力
「アスリートエール」

【インタビュー】パラリンピアン佐藤圭太、4年後の金メダルに向けて 画像
スポーツ

【インタビュー】パラリンピアン佐藤圭太、4年後の金メダルに向けて

陸上トラックと義足開発施設が併設された画期的なランニング施設『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』が12月10日にオープンした。リオデジャネイロパラリンピック陸上男子400mリレーで銅メダルを獲得した佐藤圭太選手にとって、新しい活動拠点のひとつになる。

内村航平、体操普及への想い「僕は体操で育ててもらった」 画像
スポーツ

内村航平、体操普及への想い「僕は体操で育ててもらった」

体操の内村航平選手がアシックスジャパンとアドバイザリースタッフ契約を結び、日本体操界初のプロ選手となった。今後は競技活動の他に、体操の普及にも力を注ぐ。

【インタビュー】競技用義足エンジニアに聞く…障がい者はもっと速く走れるようになる 画像
オピニオン

【インタビュー】競技用義足エンジニアに聞く…障がい者はもっと速く走れるようになる

「楽しみです、ほんとに。今までこういったところはなかったです」と競技用義足エンジニアの遠藤謙さんは頬をゆるめる。12月10日、東京・豊洲に画期的なランニング施設『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』がオープンした。

【インタビュー】為末大、ランニング施設への想いと2020年に向けた課題 画像
イベント

【インタビュー】為末大、ランニング施設への想いと2020年に向けた課題

元プロ陸上選手の為末大さんが、東京・豊洲にオープンした『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』の館長に就任した。

大迫傑、東京オリンピックに向けて再始動「目の前のシーズンを確実にこなす」 画像
スポーツ

大迫傑、東京オリンピックに向けて再始動「目の前のシーズンを確実にこなす」

リオデジャネイロ五輪を終え、「何か見えてくるかなと期待したけど、終わってみて何も変わっていない」と淡々と大迫傑は語った。

安藤美姫、東京オリンピックのフラッグツアーセレモニーに参加「とても光栄」 画像
イベント

安藤美姫、東京オリンピックのフラッグツアーセレモニーに参加「とても光栄」

元フィギュアスケート選手の安藤美姫さんが11月13日、東京オリンピック・パラリンピックのフラッグツアーセレモニーに参加したことをインスタグラムで報告した。

競泳・今井月、リオを経験して東京五輪を見据える「1年1年しっかりと」 画像
スポーツ

競泳・今井月、リオを経験して東京五輪を見据える「1年1年しっかりと」

リオデジャネイロ五輪を半年後に控えた2月以来、8カ月振りで今井月(るな)選手に会った。高校生になった彼女は五輪を経験し、16歳の誕生日も迎え、これからの日本競泳界を引っ張るひとりとして成長した姿を見せてくれた。

マンホールからはじめる東京オリンピックに向けたテロ対策 画像
ライフ

マンホールからはじめる東京オリンピックに向けたテロ対策

 リオ五輪が終了し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、いよいよ本格的に開催までのカウントダウンが始まった。

「東京2020で五輪連覇」 ベイカー茉秋、4年後の金へ向け体づくり 画像
スポーツ

「東京2020で五輪連覇」 ベイカー茉秋、4年後の金へ向け体づくり

リオデジャネイロ五輪柔道男子90kg級金メダリストのベイカー茉秋選手は11月5日、東京・丸の内で国産食材や酪農作業を体感できる「ジャパンハーヴェスト2016」に登壇。「野菜をしっかり食べてモチベーションを保ち、東京で五輪連覇を狙いたい」と語った。

凸版印刷、東京オリンピックオフィシャルパートナー契約を締結 画像
新着

凸版印刷、東京オリンピックオフィシャルパートナー契約を締結

凸版印刷は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2020オフィシャルパートナー(印刷サービス)」契約を締結した。契約期間は10月31日~2020年12月31日。

萩野公介&桐生祥秀、東京五輪のおもてなしを語る…東洋大学キックオフイベント 画像
スポーツ

萩野公介&桐生祥秀、東京五輪のおもてなしを語る…東洋大学キックオフイベント

リオデジャネイロ五輪男子競泳400m個人メドレー金メダルの萩野公介選手と、陸上男子4×100mリレー銀メダルの桐生祥秀選手が10月28日、在籍する東洋大学で行われた「東洋大学キックオフイベント」に登壇した。

立命館大と国立スポーツ科学センターが研究協定…東京五輪選手強化で協業 画像
スポーツ

立命館大と国立スポーツ科学センターが研究協定…東京五輪選手強化で協業

立命館大学スポーツ健康科学研究科と国立スポーツ科学センター(JISS)は10月24日、「教育研究協力に関する協定」の締結を発表。同大大学スポーツ健康科学研究科の伊坂忠夫科長、JISSの川原貴センター長らが登壇し、東京五輪に向けたビジョンなどを伝えた。

青山ワールドスポーツパレード、10/29開催…メダリスト&つば九郎が参加 画像
イベント

青山ワールドスポーツパレード、10/29開催…メダリスト&つば九郎が参加

東京・青山の青山商店会連合会が地域企業連携A-CROSSの協力のもと、青山ワールドスポーツパレードを10月29日に開催する。

IOCバッハ会長、被災地での東京五輪に期待「日本の再建を示すものになる」 画像
スポーツ

IOCバッハ会長、被災地での東京五輪に期待「日本の再建を示すものになる」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は東京都内で10月20日、スポーツ・文化・ワールド・フォーラムの基調講演に登壇。2020年に控えた東京五輪などについて語り、被災地でのイベント開催計画も言及した。

パラ柔道100kg超級銅メダリスト・正木建人、ウエアも超級?アシックスに「8XOサイズ」をお願い 画像
スポーツ

パラ柔道100kg超級銅メダリスト・正木建人、ウエアも超級?アシックスに「8XOサイズ」をお願い

アシックスジャパンは10月10日、都内で「リオオリンピック・パラリンピック日本代表選手団プレミアムイベント」を開催。イベントに登壇したパラリンピック柔道男子100kg超級銅メダリストの正木建人選手が、アシックスにお願いをする場面があった。

競泳・青木智美が赤裸々告白、KAT-TUNで好きなのは? 画像
スポーツ

競泳・青木智美が赤裸々告白、KAT-TUNで好きなのは?

アシックスジャパンは10月10日、都内で「リオオリンピック・パラリンピック日本代表選手団プレミアムイベント」を開催した。日本代表に選出された選手たちが、招待された一般参加者からの質問に答えるトークショーが行われた。

メダリストたちが銀座をパレード!東京五輪につながる盛り上がりに 画像
イベント

メダリストたちが銀座をパレード!東京五輪につながる盛り上がりに

日本中に感動を与えてくれたリオデジャネイロ五輪と同パラリンピックでメダルを獲得した日本代表選手たちが秋晴れの10月7日、東京・銀座で合同で凱旋パレードを行いました。

いつも一番で駆け抜けたい桐生祥秀「やっぱ速くなること以外ない」 画像
スポーツ

いつも一番で駆け抜けたい桐生祥秀「やっぱ速くなること以外ない」

東洋大学「リオ五輪報告会」(10月3日)に登壇した同大学陸上競技部の桐生祥秀選手。次の世界陸上、2020東京五輪へ向けて再び走り始めた銀メダリストは、「やっぱ速くなること以外ないですね」と彼だけが持つ独特の言葉で抱負を語った。

東京五輪・世界陸上へ向け走り出したウォルシュジュリアン「日本一では意味がない」 画像
スポーツ

東京五輪・世界陸上へ向け走り出したウォルシュジュリアン「日本一では意味がない」

東洋大学「リオ五輪報告会」(10月3日)で、同大学陸上競技部のウォルシュジュリアン選手は、「400メートルがあまり盛り上がってないんで、来シーズンは、桐生選手といっしょに盛り上げていきたいです」と抱負を語った。

“萩野先輩”と相撲を観に行った桐生祥秀「来年は絶対に速くなる」 画像
スポーツ

“萩野先輩”と相撲を観に行った桐生祥秀「来年は絶対に速くなる」

東洋大学「リオ五輪報告会」(10月3日)に登壇した同大学陸上競技部の桐生祥秀選手。大学の先輩で水泳部・萩野公介選手とのプライベートの付き合いや、次期シーズンへの抱負などを語った。

陸上・桐生祥秀「世界陸上と次の東京オリンピックで結果を」 画像
スポーツ

陸上・桐生祥秀「世界陸上と次の東京オリンピックで結果を」

東洋大学「リオ五輪報告会」(10月3日)に登壇した同大学陸上競技部の桐生祥秀選手。男子4×100mリレーの第三走者として銀メダルを獲得したが、男子100mが予選29位に終わったことを振り返り、「悔しさもある」と思いを伝えた。

萩野公介、東京オリンピックでは「金金金と獲りたい」 画像
スポーツ

萩野公介、東京オリンピックでは「金金金と獲りたい」

リオデジャネイロ五輪男子競泳400m個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介選手が、在籍する東洋大学で行われた報告会に登壇した。9月28日に右ヒジの手術を行いギプスをつけていたが、五輪を振り返り、今後について語った。

東洋大学、東京オリンピックに意欲…水泳部・平井監督「いい報告ができるようにしたい」 画像
スポーツ

東洋大学、東京オリンピックに意欲…水泳部・平井監督「いい報告ができるようにしたい」

東洋大学は東京都文京区の白山キャンパスで10月3日にリオデジャネイロ五輪の報告会を行った。同大学からは水泳部から2選手、陸上競技部から3選手が日本代表として出場している。

セーリングワールドカップ、日本開催が決定…蒲郡と江ノ島にトップセーラーが集う 画像
スポーツ

セーリングワールドカップ、日本開催が決定…蒲郡と江ノ島にトップセーラーが集う

セーリングワールドカップが2017年から4年間、日本で初開催されることが決まった。4年後に控えた東京五輪に向けて、日本セーリング界にとっては追い風となる。

セーリングワールドカップ、2017年10月から日本初開催…東京五輪に向けて世界最高レベルの選手を日本に招く 画像
スポーツ

セーリングワールドカップ、2017年10月から日本初開催…東京五輪に向けて世界最高レベルの選手を日本に招く

セーリングワールドカップが2017年から4年間、日本で初開催されることが9月21日に日本セーリング連盟から発表された。五輪種目でもあるセーリングの日本開催は2020年東京五輪に向けて

空手・植草歩、東京五輪を見据えて「金メダルは確実だと思われるような選手に」 画像
スポーツ

空手・植草歩、東京五輪を見据えて「金メダルは確実だと思われるような選手に」

4年後の東京五輪では空手が新種目として採用される。女子組手68kg超級で全日本強化選手の植草歩選手(高栄警備保障)が9月14日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた味の素メディアセミナーに登壇した。

大迫傑はなぜ走る?…リオオリンピックを終えて 画像
スポーツ

大迫傑はなぜ走る?…リオオリンピックを終えて

6月に開催された第100回日本陸上競技選手権において5000mと10000mで優勝し、リオデジャネイロ五輪に日本代表として出場した大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)。

義足と車いすのパラアスリートに密着!「ビューティフルジャパン」 画像
イベント

義足と車いすのパラアスリートに密着!「ビューティフルジャパン」

パナソニックが2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて展開するプロジェクト「ビューティフルジャパン(Beautiful JAPAN towards 2020)」は、義足アスリートと車いすテニス選手がパラリンピックを目指す姿を4K映像化した。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて道路標識を改善…千葉・埼玉・神奈川 画像
ライフ

東京オリンピック・パラリンピックに向けて道路標識を改善…千葉・埼玉・神奈川

国土交通省は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて道路標識を改善すると発表した。

東京オリンピックで観たいものは開会式…ビッグローブが意識調査 画像
ライフ

東京オリンピックで観たいものは開会式…ビッグローブが意識調査

ビッグローブは、2020年に開催される東京五輪に関するアンケート「東京五輪についての意識調査」を実施した。調査対象は、全国の8歳~80歳までの男女537人。

パナソニック、東京パラリンピックゴールドパートナー契約を締結 画像
新着

パナソニック、東京パラリンピックゴールドパートナー契約を締結

パナソニックは、国際パラリンピック委員会のワールドワイドスポンサーとして、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020パラリンピック競技大会のゴールドパートナー契約を締結した。

東京五輪まで4年間継続利用、都教委が全公立学校に学習ノート配布 画像
ライフ

東京五輪まで4年間継続利用、都教委が全公立学校に学習ノート配布

 東京都教育委員会は9月上旬より、都内全公立学校の小学4年生以上の児童・生徒に向けて、オリンピック・パラリンピック学習ノートを配布する。ひとりひとりが学習・体験したことを記入するノートで、2020(平成32)年の東京大会まで継続して使用できる。

パラリンピックの魅力を発信…東京都庁で子どもたちがリアルパズルに挑戦 画像
イベント

パラリンピックの魅力を発信…東京都庁で子どもたちがリアルパズルに挑戦

東京都庁都民広場で8月25日に行われた「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」では、子どもたちがリアルパズルに挑戦。五輪組織委員会幹部も応援に駆けつけ、4年後へ向けて意気込みを語った。

4年後は東京五輪・パラリンピック…小池都知事「2020はアスリートファースト」 画像
イベント

4年後は東京五輪・パラリンピック…小池都知事「2020はアスリートファースト」

「ちょうど4年後は東京2020パラリンピック競技大会」という8月25日、東京都庁都民広場で「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」が開催された。

大江戸線各駅、パラ競技展示「大江戸ステーションスタジアム」…健常者も障害者もがんばれるフィールドを 画像
イベント

大江戸線各駅、パラ競技展示「大江戸ステーションスタジアム」…健常者も障害者もがんばれるフィールドを

都営大江戸線の地下駅がパラリンピック空間に変わるイベント「NO LIMTIS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」。東京2020パラ大会をちょうど4年後に控えた8月25日にスタートした。

【リオ2016】リオ五輪は「観戦者にとって最高の五輪だった」…リオ五輪を観戦してみて後悔している一つのこと 画像
イベント

【リオ2016】リオ五輪は「観戦者にとって最高の五輪だった」…リオ五輪を観戦してみて後悔している一つのこと

リオオリンピック。編集部からは2人が地球の裏側へ飛んだ。これはネットメディア単体としてはかなりの挑戦と言えた。

リオから東京へ…五輪で活躍した現役高校生・大学生メダリスト 画像
スポーツ

リオから東京へ…五輪で活躍した現役高校生・大学生メダリスト

 大きな感動とともに閉幕したリオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)。日本勢は、史上最多となる41個のメダルを獲得する躍進を見せ、若い層の活躍も目立った。4年後の東京五輪でも健闘が期待される現役高校生や現役大学生のメダリストたちをピックアップして紹介する。

1920年ベルギー大会から続く五輪旗、小池都知事の手で再び東京へ[フォトレポート] 画像
新着

1920年ベルギー大会から続く五輪旗、小池都知事の手で再び東京へ[フォトレポート]

「1964年の東京大会から50数年のときを経て、東京に再び持ち帰れることをうれしく思う」 22日夜にリオを発った全日空機が、24日午前、羽田空港に到着。五輪旗を手にしてANA機から降りてきた小池百合子都知事は、大勢の関係者の前でこう述べた(写真24枚)。

吉田沙保里「笑顔で」…リオ日本選手団に与えた計り知れない功績 画像
スポーツ

吉田沙保里「笑顔で」…リオ日本選手団に与えた計り知れない功績

「笑顔で日本に帰ります」

五輪旗、52年ぶりの東京の風…羽田格納庫から東京2020の足音 画像
新着

五輪旗、52年ぶりの東京の風…羽田格納庫から東京2020の足音

商店街もコンビニも見当たらない東京モノレール新整備場駅。気温35度を超える羽田空港滑走路脇を15分ほど歩くと、「オリンピックフラッグ到着歓迎式」の現場が見えた。東京2020の足音が、西側格納庫の奥から聞こえてきた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 2 of 6
page top