2020年東京オリンピック・パラリンピックへの序章ニュースまとめ(4 ページ目) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020年東京オリンピック・パラリンピックへの序章に関するニュースまとめ一覧(4 ページ目)

2020年に日本で開催されることが決まった東京オリンピック・パラリンピック。日々鍛錬に励むアスリートたちのなかには将来、このビッグイベントで輝きを放つであろう金の卵も少なくない。

「オリンピック」や、「アスリート」と言うワードを聞けば、一般的には陸上や水泳、ウィンタースポーツ各種に野球、サッカーといった立場的にも確立されたプロスポーツを思い浮かべるかもしれない。もちろん、それらのメジャー競技あってこその大舞台だというのは間違いない。

ただ、そうしたメジャー競技ではなくとも、必死に走り続ける「マイナースポーツアスリート」たちも多く存在する。それぞれの競技の未来を背負いながら、アルバイトをかけもち、遠征費を捻出するために東奔西走している選手もいる。自らのスポンサー獲得のために企業へプレゼンも行なう選手もいる。過酷な環境下で、戦っている選手たちがいるのだ。

今回取材陣は、競技の認知度を高めるために様々な活動をしているマイナースポーツアスリートたちの背中を追った。いずれの競技も現段階ではさまざまな課題を抱えているが、近い将来、メジャー化していく可能性を多いに秘めている。

***

取材対象競技は20競技を超える。

・アルティメット
・ビーチテニス
・自転車BMX
・サーフィン



・ハンググライダー
・ウイングスーツ
・ビーチバレー
・ラフティング



・リュージュ
・武術太極拳
・総合格闘技



・ウインドサーフィン
・キンボール
・ロープスピッキング
・水上バイク



・トランポリン
・カヌー
・パラグライダー
・ポールダンス



・ローラースキー
・ムエタイ
・スタッキング
・ラート


いずれの競技も第一線にいるアスリートたちの言葉を集めた。上記の競技の中にも、「知っている競技」「聞いたことはあるけど、なんだかよくわからない競技」「聞いたことすらない競技」など色々とあるだろう。それぞれの競技を紹介するとともに、トップ選手の取り組みをお伝えする。

なお、上記の競技で既にオリンピック競技であるのは

・自転車BMX
・ビーチバレー
・トランポリン
・カヌー

の4競技だが、多くの競技はオリンピック競技を目指すという大きな目標をもっている(取材した競技の中には、オリンピック出場を目標としていない競技もあるということが判明したが、ほとんどの競技がオリンピック出場を目指している)。

「オリンピック競技」になるためには様々な手段があるが、そのひとつが、「第二のオリンピック」と呼ばれる「ワールドゲームズ」で結果を出すことだ。

「ワールドゲームズ」とは、国際オリンピック委員会(IOC)の後援で4年に1度、夏季オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催されているトップアスリートによる総合競技大会。



国際スポーツ団体総連合と、国際ワールドゲームズ協会加盟競技の中で、オリンピック競技種目に採用されてない種目で、世界の4大陸40カ国以上に協会があり、かつ、3回以上の世界選手権等が行われていることが条件となる。また、ワールドゲームズ競技種目は、オリンピック競技種目との入れ換えも行われている。

多くの競技は、ワールドゲームズでファンを増やし、世界的に認知されていくことでオリンピック競技としての枠を狙う。オリンピック競技になっていないスポーツは、まず、このワールドゲームズに参加することを目指し、そこからさらに上、オリンピック競技枠を目指す必要がある。



他のパターンとして、上記の競技のひとつを例に挙げると「ビーチテニス」の方法がある。

この競技は、テニスにひもづけられた競技であるため、既にオリンピック競技であるテニスの力を借りて、オリンピック競技に引き上げてもらうという形も有効だという。

華やかなオリンピックの舞台に立つためにも、様々なハードルを越えなくてはならない。権利ビジネスなどが複雑に絡むスポーツ業界を勝ち抜くためには、多方面からのアプローチが必要になる。

***


一般には知られていないオリンピック・パラリンピックにまつわる裏事情や、様々なマイナースポーツの魅力、アスリートたちの本音に迫る連載企画をスタートする。

***


取材協力
「アスリートエール」

多すぎる五輪スポンサーの「特例共存」…37社中19社、透ける運営の思惑 画像
スポーツ

多すぎる五輪スポンサーの「特例共存」…37社中19社、透ける運営の思惑

東日本旅客鉄道(JR東日本)と東京地下鉄(東京メトロ)は、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の国内スポンサーシップのひとつであるオフィシャルパートナー契約を締結。締結により、呼称やマークを使用した広報活動などが可能になった。

リオ五輪開催を控えるブラジル、抱えている問題は?…オリンピック担当外交官に聞いてみた 画像
オピニオン

リオ五輪開催を控えるブラジル、抱えている問題は?…オリンピック担当外交官に聞いてみた

8月5日~8月21日にかけてブラジルのリオデジャネイロで開催される第31回夏季オリンピック。この機会に初めてリオデジャネイロを訪れる日本人も多いだろう。

リオ五輪、バスケット女子日本代表に吉田亜沙美、高田真希ら12名が内定 画像
スポーツ

リオ五輪、バスケット女子日本代表に吉田亜沙美、高田真希ら12名が内定

日本バスケットボール協会は6月6日、リオデジャネイロ五輪に出場するバスケットボール女子日本代表チーム「アカツキファイブ」の内定者を発表した。

ビーチバレー・坂口佳穗、東京オリンピックを目指し「日本で一番練習をする」…単独インタビュー 画像
オピニオン

ビーチバレー・坂口佳穗、東京オリンピックを目指し「日本で一番練習をする」…単独インタビュー

ビーチバレーボール界で注目を浴び、“新ビーチの妖精”としてメディアにも引っ張りだこの坂口佳穗(さかぐち かほ)選手。

バスケット女子日本代表・高田真希、リオデジャネイロ五輪への想い「小さい頃からの夢」 画像
オピニオン

バスケット女子日本代表・高田真希、リオデジャネイロ五輪への想い「小さい頃からの夢」

バスケットボール女子日本代表の高田真希(たかだ まき)選手。地元愛知の名門・桜花学園高でインターハイ優勝などを経験し、女子日本リーグのデンソー アイリスでプロの道へ。1989年8月23日生まれの26歳。

リオパラリンピック最後の代表選考「ジャパンパラ陸上競技大会」6月開催 画像
イベント

リオパラリンピック最後の代表選考「ジャパンパラ陸上競技大会」6月開催

日本障がい者スポーツ協会は、2016ジャパンパラ陸上競技大会を6月3日~6月5日にかけて新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで開催する。

岩崎恭子×高桑早生「未来の金メダリストへ受け継ぐバトン」…TOKYO FM 画像
イベント

岩崎恭子×高桑早生「未来の金メダリストへ受け継ぐバトン」…TOKYO FM

TOKYO FMが放送するスポーツ×音楽プログラム『TOYOTA Athlete Beat』は、オリンピアンの岩崎恭子さんとパラリンピアンの高桑早生選手をゲストに迎え、放送100回を記念した公開収録を5月20日にTOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオで行った。

東京五輪エンブレムのTシャツ発売…初の公式ライセンス商品 画像
新着

東京五輪エンブレムのTシャツ発売…初の公式ライセンス商品

 東京オリンピック・パラリンピック2020大会エンブレムを使用した初の「東京2020公式ライセンス商品」となるTシャツが、5月26日より、東京2020ゴールドパートナーであるアシックスから発売される。

青山学院・原監督が語る日本マラソン界3つの課題…東京五輪で勝つために 画像
スポーツ

青山学院・原監督が語る日本マラソン界3つの課題…東京五輪で勝つために

青山学院大学陸上競技部は、アサヒグループホールディングスのコアテクノロジー研究所が行った、運動負荷により生じる疲労感、筋肉痛に関する「ラクトトリペプチド(以下、LTP)」含有乳タンパク分解物の効果に関する実験に協力した。

ウィルチェアーラグビー日本代表4位、キャプテン池透暢が戦いを振り返る…課題と手ごたえ 画像
新着

ウィルチェアーラグビー日本代表4位、キャプテン池透暢が戦いを振り返る…課題と手ごたえ

2016年リオパラリンピック前哨戦となるウィルチェアーラグビー国際大会(千葉、5月19~22日)では、世界ランク上位4カ国チームがリーグ戦を繰り広げ、日本は最下位の4位に。日本代表キャプテンの池透暢選手は、「もっとシンプルに」と戦いを振り返った。

リオデジャネイロ五輪、ボート日本代表に中野紘志ら4名が内定! 画像
スポーツ

リオデジャネイロ五輪、ボート日本代表に中野紘志ら4名が内定!

日本ボート協会が5月19日、ボート競技の男女軽量級ダブルスカルのリオデジャネイロオリンピック日本代表内定選手4名を発表しました。

競泳・萩野公介を指導、平井伯昌監督「胸を張って報告ができるように」 画像
スポーツ

競泳・萩野公介を指導、平井伯昌監督「胸を張って報告ができるように」

東洋大学水泳部はリオデジャネイロ五輪の競泳日本代表に萩野公介(文学部4年)と内田美希(経営学部4年)を送り出す。5月16日に白山キャンパスで壮行会が行われた。

競泳・萩野公介「自分のやるべきことを最大限やる」 画像
スポーツ

競泳・萩野公介「自分のやるべきことを最大限やる」

リオデジャネイロ五輪競泳の日本代表に選出された競泳の萩野公介。これまで日本競泳界を牽引してきた北島康介氏が引退し、これからは萩野が日本代表を引っ張るひとりになる。5月16日に所属する東洋大学で行われた壮行会で心境を語った。

競泳・萩野公介「狙うのは一番いい色のメダル」、内田美希「いいレースをしたい」 画像
新着

競泳・萩野公介「狙うのは一番いい色のメダル」、内田美希「いいレースをしたい」

リオデジャネイロ五輪競泳の日本代表に選出された競泳の萩野公介と内田美希。ふたりが在学する東洋大学で5月16日に壮行会が開催された。

競泳・萩野公介ら東洋大学のリオ五輪代表選手、大学キャンパスで壮行会 画像
スポーツ

競泳・萩野公介ら東洋大学のリオ五輪代表選手、大学キャンパスで壮行会

東洋大学は5月16日、東京都文京区の白山キャンパスでリオデジャネイロ五輪日本代表に選ばれた同大学3選手の壮行会を開催。競泳・萩野公介、内田美希、陸上・松永大介が大会への意気込みを見せた。

リオパラリンピック出場、鹿沼由理恵「ゴールで倒れてもいい。全力で走りたい」 画像
スポーツ

リオパラリンピック出場、鹿沼由理恵「ゴールで倒れてもいい。全力で走りたい」

リオデジャネイロパラリンピックの自転車競技代表に鹿沼由理恵(34=楽天ソシオビジネス)とパイロットの田中まい(26=ガールズケイリン)が選出された。「ゴールで倒れてもいい。全力で走りたい」と鹿沼がその決意を語った。

3回目のパラリンピックに挑む石井雅史…2020年のために結果を残したい 画像
スポーツ

3回目のパラリンピックに挑む石井雅史…2020年のために結果を残したい

リオデジャネイロパラリンピックの自転車競技代表に川本翔大(19=大和産業)、藤田征樹(31=日立建機)、石井雅史(43=藤沢市みらい創造財団)らが選出され、それぞれに大会にかける意気込みを語った。

バスケット女子日本代表・高田真希、五輪メダル獲得に向けて「挑戦していく気持ちがすごく大事」単独インタビュー 画像
オピニオン

バスケット女子日本代表・高田真希、五輪メダル獲得に向けて「挑戦していく気持ちがすごく大事」単独インタビュー

バスケットボール女子日本代表の高田真希(たかだ まき)選手。地元愛知の名門・桜花学園高でインターハイ優勝などを経験し、女子日本リーグのデンソー アイリスでプロの道へ。1989年8月23日生まれの26歳。

石川佳純、家に卓球場が建てられなかったら「今の私はありません」 画像
スポーツ

石川佳純、家に卓球場が建てられなかったら「今の私はありません」

5月8日に行なわれたP&Gによる母の日イベントで、卓球女子日本代表の石川佳純選手が母・久美さんに向けて感謝の想いを伝えた。

ロンドン五輪使用のアリーナ製仮設スタンド、レンタル開始…日建リース工業 画像
新着

ロンドン五輪使用のアリーナ製仮設スタンド、レンタル開始…日建リース工業

日建リース工業は、イギリス アリーナ製仮設スタンドのレンタルを2016年5月より開始する。

東京オリンピックの新エンブレムから透ける日本古来のデザイン 画像
新着

東京オリンピックの新エンブレムから透ける日本古来のデザイン

角川ゲームス代表の安田善巳氏とゲームジャーナリストの平林久和氏による「オールゲームニッポン」。日本を切り口に、ゲーム業界を語ります。第32回は話題を集めるVRや、先日決定した東京オリンピックの新エンブレムから日本のデザインについて話題が広がっていきます。

野老朝雄さんの「組市松紋」、多様性と調和を込める…東京2020大会エンブレム 画像
スポーツ

野老朝雄さんの「組市松紋」、多様性と調和を込める…東京2020大会エンブレム

東京2020大会のエンブレムが決まった。野老朝雄(のころあさお)さんの組市松紋(くみいちまつもん)だ。

パラリンピック競技体験イベントが銀座で開催「NO LIMITS SPECIAL」 画像
イベント

パラリンピック競技体験イベントが銀座で開催「NO LIMITS SPECIAL」

東京都は、パラリンピック競技の体験イベント「NO LIMITS SPECIAL GINZA &TOKYO」を2016年5月2日(月)に開催する。

オリンピックでおもてなし。接客の極意を解き明かす 画像
新着

オリンピックでおもてなし。接客の極意を解き明かす

 業界認証を取得して外国人観光客を取り込む。そのために必要なのは、接客のノウハウだ。しかし、中小の小売店や飲食店では、インバウンド接客のノウハウもなければ、人材もない事業者も多い。では、外国人をもてなすにあたって、必要なことは何なのだろう?

オリンピックに挑むタクシー業界の戦略 画像
新着

オリンピックに挑むタクシー業界の戦略

 観光地をぐるりと巡る際に便利な観光タクシー。電車やバスなどを乗り継いで回るより出費は増えるが、観光スポットを効率良く移動でき、荷物を持ち歩く負担がない。ドライバーによる観光ガイドを楽しめるのも、マンツーマンな接客が行われるタクシーならではの魅力だ。

オリンピックに向け、ホテル・旅館業はいま 画像
新着

オリンピックに向け、ホテル・旅館業はいま

 外国人観光客が日本を訪れるにあたり、宿泊施設の選択にあたって注目されているのが、第三者による評価だ。中部圏社会経済研究所の調査によると、“宿泊施設カテゴリー別に格付け”を「非常に重視する」、または「ある程度重視する」と答えたのは全体で91.3%。

坂口佳穂、東京オリンピックは「目指せるチャンスはある」 画像
スポーツ

坂口佳穂、東京オリンピックは「目指せるチャンスはある」

2020年の東京五輪について、ビーチバレー選手の坂口佳穂さんと菅山かおるさんらが意気込みを述べた。

東京五輪エンブレム最終候補4点、どれがいい? 画像
スポーツ

東京五輪エンブレム最終候補4点、どれがいい?

 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、8日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムの最終候補作品4点を発表した。同日開催された東京2020エンブレム委員会で決定した。

東武トップツアーズ、東京オリンピックオフィシャルパートナーに決定 画像
新着

東武トップツアーズ、東京オリンピックオフィシャルパートナーに決定

東武トップツアーズは、 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャル旅行サービスパートナーに決定したと発表した。

味の素、東京オリンピックとパートナー契約「日本のスポーツ界に貢献していきたい」 画像
スポーツ

味の素、東京オリンピックとパートナー契約「日本のスポーツ界に貢献していきたい」

味の素は3月28日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会とのオフイシャルパートナー契約を締結した。同日、味の素ナショナルトレーニングセンターで調印式が行われた。

東京2020エンブレム、候補作品64点に絞られる 画像
スポーツ

東京2020エンブレム、候補作品64点に絞られる

東京2020組織委員会は、新エンブレムの2次審査を終え、64作品が通過したことを発表した。次回は2016年1月7日から9日にかけての審査で商標調査に進めるエンブレムを選ぶ。

東京2020エンブレム2次審査、一問一答…宮田委員長「粒ぞろい、審査員は頭パンパン」 画像
スポーツ

東京2020エンブレム2次審査、一問一答…宮田委員長「粒ぞろい、審査員は頭パンパン」

12月21日、都内で東京2020エンブレム第2次デザイン審査が行われた。この様子は、前回に続きオンラインでライブ配信、選考状況をオープンにし実施した。東京2020エンブレム委員会の宮田亮平委員長が今回の選考について報告と質疑応答が行われた。

東京2020エンブレム選考、2次審査は311点「ウルウルになりました」宮田委員長 画像
スポーツ

東京2020エンブレム選考、2次審査は311点「ウルウルになりました」宮田委員長

12月21日、都内で東京2020エンブレム第2次デザイン審査が行われた。この様子は前回に続きオンラインでライブ配信、選考状況をオープンにし実施した。

東京2020、旧エンブレム問題…1次審査で不正発覚「結果重視でコンプライアンス薄弱に」 画像
スポーツ

東京2020、旧エンブレム問題…1次審査で不正発覚「結果重視でコンプライアンス薄弱に」

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会は12月18日、都内で第9回の理事会を開催。その内容を報告したのち、旧エンブレム問題についての調査報告を行った。

森喜朗氏、情報開示は「時代の流れに対応」 画像
スポーツ

森喜朗氏、情報開示は「時代の流れに対応」

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会は12月18日、都内で第9回の理事会を開催した。開かれた運営と決定フローの徹底を重視することが報告された。

武藤敏郎氏「サステナビリティは最も重要な概念」2020東京大会 組織委員会 画像
スポーツ

武藤敏郎氏「サステナビリティは最も重要な概念」2020東京大会 組織委員会

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12月18日、都内で第9回の理事会を開催した。

森喜朗氏、開かれた体制を強調、スポークスパーソンに小野日子氏など…東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会理事会 画像
スポーツ

森喜朗氏、開かれた体制を強調、スポークスパーソンに小野日子氏など…東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会理事会

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12月18日、都内で第9回の理事会を開催した。

東京2020エンブレム、第1次デザイン審査スタート…宮田委員長「いいわ!綺麗!」 画像
スポーツ

東京2020エンブレム、第1次デザイン審査スタート…宮田委員長「いいわ!綺麗!」

東京2020エンブレムの第1次デザイン審査が12月15日都内で開催された。8時30分ころからスタートし、12時頃より、エンブレム委員会の宮田亮平委員長が報道陣に審査の様子を伝えた。

森喜朗氏「五輪開催へ、準備もオールジャパンで」 画像
スポーツ

森喜朗氏「五輪開催へ、準備もオールジャパンで」

11月27日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の準備、運営推進を図る基本方針が閣議決定された。これに伴い、担当の遠藤利明大臣を中心に、関係自治体が連携を強化するための連絡協議会が設置された。

トヨタ豊田社長「バッターボックスに立つ。できないことはない」パラリンピック最高位パートナー会見 画像
新着

トヨタ豊田社長「バッターボックスに立つ。できないことはない」パラリンピック最高位パートナー会見

トヨタ自動車は11月26日、会見を開き、2024年までパラリンピックの最高位パートナーである「ワールドワイド・パラリンピック・パートナー」を担うことを発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 4 of 6
page top