リオ五輪女子ホッケー日本代表、レッドスパークスから5名選出 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオ五輪女子ホッケー日本代表、レッドスパークスから5名選出

スポーツ 選手

コカ・コーラウエスト レッドスパークス ホッケー部、小野真由美
  • コカ・コーラウエスト レッドスパークス ホッケー部、小野真由美
  • コカ・コーラウエスト レッドスパークス ホッケー部、三橋亜記
  • コカ・コーラウエスト レッドスパークス ホッケー部、西村綾加
  • コカ・コーラウエスト レッドスパークス ホッケー部、湯田葉月
  • コカ・コーラウエスト レッドスパークス ホッケー部、錦織えみ
リオデジャネイロ五輪の女子ホッケー日本代表に、コカ・コーラウエスト レッドスパークスのホッケー部に所属する5名の選手が決定した。

選出メンバーは、小野真由美(ディフェンダー)、三橋亜記(フォワード)、西村綾加(ディフェンダー)、湯田葉月(ミッドフィルダー)、錦織えみ(ディフェンダー)だ。同部の所属選手がオリンピック選手として出場するのは、2008年北京大会、2012年ロンドン大会に続き3大会連続となる。

ディフェンダーの小野は、「ホッケーというスポーツをたくさんの方々に知ってもらえるよう、リオ五輪では結果を残したい」とコメント。フォワードの三橋は、「日本の強みでもある“走るホッケー”で勝利をつかみたい」と意気込みを語った。

コカ・コーラグループは、オリンピックのパートナーとして88年に渡り支援してきた。今後も東京オリンピックを見据え、オリンピックムーブメントを盛り上げていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top