リオ五輪のマラソンスイミング、平井康翔が2大会連続で日本代表に決定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオ五輪のマラソンスイミング、平井康翔が2大会連続で日本代表に決定

スポーツ 選手

マラソンスイミングの平井康翔 参考画像(2012年8月10日)
  • マラソンスイミングの平井康翔 参考画像(2012年8月10日)
朝日ネットは、所属する競泳選手の平井康翔(やすなり)がマラソンスイミングのリオデジャネイロ五輪出場権を獲得したことを発表した。

平井は6月12日にポルトガルで開催されたリオデジャネイロ五輪世界最終予選会の男子10kmに出場。国別順位(1国1名)で8位となり、マラソンスイミング日本代表選手に決定した。ロンドン五輪に続く2大会連続の五輪出場。

マラソンスイミングは、海や川・湖といった自然の水の中で行われる長距離水泳競技オープンウォータースイミングのこと。五輪の正式種目には、マラソンスイミングの名称で2008年の北京大会から採用されている。

平井は2011年ユニバーシアード深セン大会10km銅メダル、ロンドン五輪では初出場で15位を獲得した。日本人初のオープンウォータースイミング競技のオリンピアンとしてメダル獲得を目指す。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top