競泳・萩野公介「狙うのは一番いい色のメダル」、内田美希「いいレースをしたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

競泳・萩野公介「狙うのは一番いい色のメダル」、内田美希「いいレースをしたい」

新着 製品/用品
萩野公介(右)と内田美希(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 萩野公介(右)と内田美希(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 萩野公介(左)と内田美希(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 萩野公介(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 内田美希(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 内田美希(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 萩野公介らに東洋大学学生から横断幕が渡された(2016年5月16日、リオ五輪代表選手壮行会)
  • 東洋大学でリオ五輪代表選手壮行会が開催(2016年5月16日)
  • 東洋大学でリオ五輪代表選手壮行会が開催(2016年5月16日)
リオデジャネイロ五輪競泳の日本代表に選出された競泳の萩野公介と内田美希。ふたりが在学する東洋大学で5月16日に壮行会が開催された。

「長い間を乗り切るためのパワーをいただいた」と萩野。「壮行会をしていただくことで大学からの応援を直に感じることができる。同じ大学であっても実際には話したことがない生徒もいるが、そういった方たちにも応援していただけていることがわかる。自分にとってよい機会だった」と笑顔を見せる。

萩野と内田はそれぞれ春から4年生に進学した。ここまで3年間の学生生活を振り返った萩野は、「大変なことも色々あったが身になっていることも非常に多い。先生にもご指導していただいたり、同じ授業を履修している友だちにも助けてもらったり。そのおかげで今、僕は4年生になれていると思う」と感謝の気持ちを打ち明ける。

内田は苦笑いしつつも、「春学期のテスト期間に試合があるとか多くて、先生方にもご理解いただいて、頑張って勉強したのかな」とレポート提出など学業にも精を出した。

両選手の次の試合は5月19日から東京辰巳国際水泳場で行われるジャパンオープンだ。ふたりを指導する水泳部の平井伯昌監督は、「2次合宿でキツイ練習を行った。先週末も疲労困憊の状態だったが、今週末にジャパンオープンを控えている。短い調整期間だが体力を回復してもらって、ジャパンオープンではいい記録で泳いでもらいたい」と期待を込める。

萩野はジャパンオープンについて、「しっかりと課題を持ったレース展開をしていきたい。先につながるレースにしなければいけない」と見据える。内田も「うまく疲労を抜きつついい記録を狙いたい」と話す。

最大の目標となるリオデジャネイロ五輪。萩野が狙うのはもちろん金メダルだ。「狙っているのは一番いい色のメダルなので、それを持って心の底から笑顔の状態で皆さんに報告できるよう頑張っていきたい」と言葉は力強い。

内田も「メダルを狙って、いいレースをして、帰ってきていい報告をしたい」と続いた。

萩野はリオデジャネイロ五輪で、男子200m個人メドレー、同400m個人メドレー、同200m自由形、同4×200mフリーリレーに出場。内田は、女子4×100mフリーリレー、同4×100mメドレーリレーに出場する。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top