【THE REAL】富樫敬真が歩む波乱のサッカー人生…デビュー戦の鮮烈ゴールとリオ五輪への決意 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】富樫敬真が歩む波乱のサッカー人生…デビュー戦の鮮烈ゴールとリオ五輪への決意

オピニオン コラム
富樫敬真 参考画像(2016年5月11日)
  • 富樫敬真 参考画像(2016年5月11日)
  • ガーナ戦に挑むU-23日本代表(2016年5月11日)
  • 富樫敬真 参考画像(2016年5月11日)
  • 富樫敬真 参考画像(右/2016年5月11日)
  • 富樫敬真 参考画像(左/2016年5月11日)
  • 富樫敬真 参考画像(2016年5月11日)
  • 富樫敬真が得点(右2016年5月11日)
ここまでのサッカー人生をふと振り返ってみる。例えば去年の初夏。関東学院大学の人間環境学部4年生だったFW富樫敬真(とがし けいまん)は、就職活動の真っただなかにいた。

「といっても、去年のいまごろはどこからも声がかからない状況だったんですけどね」

サッカー部は関東大学リーグ2部の所属。日本大学高校時代もほとんど実績を残していない。そのわずか数カ月後にシンデレラストーリーの幕が開けるとは、誰よりも富樫本人が夢にも思っていなかったはずだ。


富樫敬真

■横浜F・マリノスから大学サッカー部への要請

運命を変えたのは横浜F・マリノスを襲った故障禍。練習の人数が足りないと、2006シーズンから業務提携を結んでいた関東学院大学サッカー部へSOSが入る。何人かが呼ばれた練習生のなかに、富樫もいた。

迎えたFC東京との練習試合。右コーナーキックから豪快なヘディング弾を決めた富樫を見て、マリノスを率いるフランス人のエリク・モンバエルツ監督が唸った。

「彼は本物のフォワードだ」

サッカー部に所属したままJクラブの公式戦に出場できる、JFA・Jリーグ特別指定選手としてマリノスに登録されたのが8月5日。そして、J1のピッチに立つ瞬間が訪れたのは9月19日。相手は同じFC東京だった。

「練習試合のことを思い出して、同じことが起こるかもと、軽い期待はしていたんですけど」

後半28分から伊藤翔に代わってワントップに入る。両チームともに無得点のままで迎えた同43分。左サイドからMF中村俊輔があげた絶妙のクロスに、これ以上はないタイミングでゴール前へ飛び込む。

滞空時間の長いジャンプから、上半身を強く前へ押し出して豪快なヘディング弾を見舞う。JFA・Jリーグ特別指定選手では史上3人目となるデビュー戦での初ゴールが勝利を導き、プロになる夢もかなえた。

ホームの日産スタジアムのゴール裏を埋めたマリノスのサポーターへ対して、自己紹介とばかりに左胸を何度も叩く。夢心地にいる本音を、当時の富樫は初々しい言葉と口調で説明している。

「まさかこうなるとは。監督からは『思い切りやれ』と言われたことしか覚えていません。こんなにも多くのサポーターの方が一緒に喜んでくれる瞬間は、僕のサッカー人生ではなかった。いまでもゴールした瞬間が鮮明に思い出されて、まだフワフワしている感じがします」

【次ページ U‐23日本代表に選出】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top