森喜朗「東京2020大会の準備を進めるのは東京都」都知事辞職でコメント | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

森喜朗「東京2020大会の準備を進めるのは東京都」都知事辞職でコメント

ライフ 社会

東京都庁
  • 東京都庁
  • JR東日本と東京メトロが2020年東京オリンピック・パラリンピックとオフィシャルパートナー契約(2016年6月7日)
東京都の舛添要一知事が2016年6月21日付で辞職することを受け、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗氏がコメントを発表した。

舛添知事は二年前、「史上最高のオリンピック・パラリンピック大会の開催」を公約として掲げ、当選。森会長は舛添氏が会場計画見直しの際に都立施設の建設中止を決断し、コストの縮減に尽力したと延べ、「遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣とともに、国、都、組織委員会の役割分担の見直しについても取り組んでいた」とコメント。これらの功績がIOCから高く評価されていたと話した。

森会長は「開催都市の知事がこのタイミングで変わることは残念だ」とコメントし、「東京2020大会を招致したのは、あくまでも東京都であり、確実な準備を進める責任は東京都が担っています。今後、どなたが知事になられても、この点は十分に認識いただきたいと思います」と述べた。

今後、組織委員会は新しい知事と連携を図り、大会成功のため準備を進めていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top