ロシア人家族と20年以上暮らしている熊…サッカー観戦、庭で水やりも | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロシア人家族と20年以上暮らしている熊…サッカー観戦、庭で水やりも

ライフ 社会

ロシア人家族と20年以上暮らしている熊…サッカー観戦、庭で水やりも
  • ロシア人家族と20年以上暮らしている熊…サッカー観戦、庭で水やりも
一緒にご飯を食べたり、サッカーを観たり、庭の木々への水やりを手伝ったり…。

ロシア人の家族と20年以上一緒に住んでいる熊が英紙で報じられ、話題になっているのでご紹介します!

生後3ヶ月の時に引き取った

熊と一緒に住んでいるのは、ユーリ&スヴェトラーナ・パンテレンコ夫妻。約23年前、母親をハンターに撃たれて孤児となっていた生後3ヶ月の子クマを発見し、ステパンと名付け家族に迎え入れたそうです。

現在では体重約140キロ、身長約2メートルに成長しているステパンくん。家族で食卓を囲んだり、絵本を読んでもらったり、一緒にテレビでサッカーを観たり、庭でじゃれあったり…。人間の子供と同じように暮らしています。

昼食では25キロの魚、野菜、卵をペロリと平らげるそうです。まぁ、そりゃそうですよね。

サッカー観戦もしちゃいます。





この後ろ姿…部屋の中でおとなしくテレビを観ていますが、色々な画像を見ていると、これも違和感がなくなってきました。






ご夫婦が大好きなのが伝わってきますね。





庭で木々に水やり。お手伝いもしてエライですね。






めちゃくちゃ甘えてるじゃないですか!!

これらの写真を見るだけでも、ご夫婦からたくさんの愛情を受け、信頼して懐いているのが分かります。夫婦はこれまでステパンくんに噛まれたり、襲われたりしたことは一度もないといいます。

以下は、そんなステパンくんと過ごす家族の様子をおさめた動画です。最初は違和感ありましたが、人間の暮らしに溶け込んでいる様子が伝わってきます。ぜひご覧ください!

記事提供:FUNDO

編集部おすすめの記事

page top