【インタビュー】スケートボード西村詞音&西村碧莉…目指すは姉妹で東京五輪 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【インタビュー】スケートボード西村詞音&西村碧莉…目指すは姉妹で東京五輪

オピニオン ボイス

スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音(左)と西村碧莉
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音(左)と西村碧莉
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音(左)と西村碧莉
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音(左)と西村碧莉
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村碧莉
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村碧莉
  • スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音
2020年東京五輪の追加種目になったことで「スケートボード」が注目を集めています。その日本ランキングで1・2位(※)を獲得した姉妹がいます。

姉の西村詞音(ことね)選手と妹の西村碧莉(あおり)選手です。ふたりは2017年4月から日本コカ・コーラとパートナーシップ契約を結び、7月17日から放送が開始された同社テレビCMにも出演。スケートボードの技を披露し、日本コカ・コーラ所属選手として長年競泳界をリードした北島康介さんらと共演しました。

※:2015年全日本スケートボード選手権レディース部門ランキングより



西村姉妹のスケートボード技術に「とても新鮮でした。臨場感ある彼女たちのプレーを本番(東京五輪)でも観れるといいですね」と北島さんは語っています。

関連記事:北島康介が抱いている夢…次世代の選手に託す想い

6月末に行われたテレビCM撮影の現場で、西村姉妹にスケートボードの面白さや将来の目標を聞いてみました。(聞き手はCYCLE編集部・大日方航)

スケートボード コカ・コーラ契約選手の西村詞音選手(左)と西村碧莉選手《画像提供:日本コカ・コーラ》

---:スケートボードが東京五輪の追加種目に決まりましたね! 
 
西村碧莉選手(以下、碧莉):まさかスケートボードが種目になると思っていなかったので、正直びっくりした気持ちもありましたが嬉しかったです。今まで遊びの延長線としてやってきたので、競技という意識がありませんでした。周りから競技として観られることを意識して、より頑張りたいと思います。 
 
西村詞音選手(以下、詞音):同じですね。(オリンピックに)「出たいな」という感じです 。
 
---:目標はありますか? 
 
碧莉:記録に残せたら一番いいと思いますが、記録より『記憶』に残すことをモットーに出場したいです。 
 
---:どういうことをすれば記憶に残ると思いますか? 
 
碧莉:人と違ったことをやるとか。

詞音:見た目とかで印象付ける何かをして、印象に残るような人になりたいです。 
 
日本コカ・コーラ テレビCM『東京2020ドリームチケット』篇メイキングカットより西村碧莉選手《画像提供:日本コカ・コーラ》

---:スケートボードをやっていて面白い点はどこですか? 
 
詞音:難しいからこそ、できた時の嬉しさがある。やっている人にしかわからない部分もありますが、そこは魅力的だと思います。 
 
碧莉:越えても越えても次にまた壁が現れるところがすごく面白いと思います。 

---:テレビCMの撮影を振り返って、撮影は順調にできましたか? 
 
碧莉:初めてCM撮影をしたのですごく緊張したんですけど、楽しく撮影をすることができました。 
 
詞音:初めての撮影だけど、うまく滑ることができてよかったです。 
 
---:緊張しましたか?
 
詞音:ちょっとだけ(笑)。

---:調子はどうでしたか? 
 
詞音:(ケガをしていたためスケートボードに)久々に乗ったので、最初はヤバいかなと思ったんですけど、滑っていくうちに調子が出てきていいのが撮れました。 
 
日本コカ・コーラ テレビCM『東京2020ドリームチケット』篇メイキングカットより西村詞音選手《画像提供:日本コカ・コーラ》

---:テレビCMでは東京五輪追加種目の「スポーツクライミング」で注目を集める白石阿島(あしま)選手とも共演しました。メッセージはありますか?
 
碧莉:スポーツクライミングもスケートボードと同じで、新しくオリンピック競技になったということもあり、「オリンピック」がどういう大会なのかわからない。競技は違うけれど、そういう面では一緒に頑張れたらなと思います。
 
詞音:東京オリンピックで会えたらいいなと思います。 
 
---:CM中に「夢のチケットを手にいれよう」というシーンがあります。夢はなんですか? 
 
碧莉:まずは東京オリンピックに出ること。もしそれが叶ったら、海外移住をしたいです。 
 
---:具体的にはどちらに? 
 
碧莉:アメリカのロサンゼルスですね。
  
詞音:私も東京オリンピックを通過点のひとつの目標として、姉妹で出場することが第一の夢。一緒に海外移住したいです。 
 
---:なぜロサンゼルスなのでしょう? 
 
碧莉:スケートボードはロサンゼルスがとても盛んです。ブラジルとかも有名ですけれど、遠いので…。ロサンゼルスは有名なスケートパークも多く、天気もいいし、環境もスケートボーターにとってはすごくいい場所。そういうところで毎日スケートライフを送れたらなと思います。 今は英語の勉強はあまりしていませんが、これから英会話スクールに通おうと思っています。 

北島康介さん(中央)との撮影。水泳を詞音選手(左)は7年間、碧莉選手は3年間習っていたそうです《西村詞音選手のインスタグラムより》

西村詞音選手《日本コカ・コーラ公式インスタグラムより》

西村碧莉選手《日本コカ・コーラ公式インスタグラムより》

---:プライベートの過ごし方を教えてください。
 
碧莉:基本的には音楽を聴いています。(7人組ダンス&ボーカルグループの)「GENERATIONS(from EXILE TRIBE)」が好きで、曲を聴いたりグッズを集めたりとかしてリラックスしています。 
 
詞音:(6人組パフォーマンスグループの)「AAA」が好きで、DVDとか観ています。 
 
---:競技生活を含めて、人生の目標はありますか?
 
碧莉:有名人になっても偉そうな態度をとらないで、みんなと接しやすい人になりたいです 。

詞音:「有名になっちゃったから話しかけにくくなる」とかではなくて、フレンドリーな優しい人になりたいです。 
 
---:有名になって、知人から一歩距離を置かれたことは?  
 
詞音&碧莉:今はないです(笑) 。
 
---:スケートボードをしていたからこそできた経験、得られたことはありますか? 
 
碧莉:今は通信制の高校に通っているのですが、スケートボードのおかげで特待生で高校に入れました。 
 
詞音:スケーターは基本的に明るい人が多いので、自分の性格もスケートボードを始めてから明るくなりました。 
 
---:前はちょっと暗かった? 
 
詞音:暗かったとかではないんですけど(笑)。スケーターはノリがいいのと、考えていることが普通の人と違うところがあります。 街中とか歩いて「この場所でこういう技ができる」という見方をするし、服装もスケボー持っている人を見かけるとクツ(スケートシューズ)を見ちゃうとか 。
 
碧莉:板を持っているのにクツが削れていなかったりする(※)など、そういうところを見ちゃいますね。 

※:スケートシューズは技を繰り返すことで穴が空いたり削れたりすることが多い。
 
1週間ほどの練習でもスケートボードはこんなに傷んでしまうようです《西村碧莉選手のインスタグラムより》

---:海外選手との交流はありますか? 
 
碧莉:アメリカに行ったときなど一緒に滑ったりします。 
 
---:そこで世界のレベルを感じたりしますか?

碧莉:日本はガールズスケーターの人口がすごく少なくて、一緒に滑る人はほどんどいないんですが、海外は人口が多い。その中でもトップの人はとてもガツガツ攻めるんですよ。そういうところが自分と違うなと思って。自分も根性入れて上を目指していかないとなと思います。 
 
---:海外選手の印象は?
 
詞音:みんなすごいノリがいい 。

碧莉:音楽かかったらみんなノリノリみたいな。からみやすいです。 

---:最後に、2020年へ向けて取り組みたいことを教えてください。
 
詞音:足を少しケガしていたので、まずは足の状態を万全にすることですね。

碧莉:もっと練習を積んでスキルアップして、オリンピックで最高のパフォーマンスができるようにこれからも練習したいと思います。 

西村碧莉選手はインタビュー後の7月、米国ミネソタ州で行われた世界最高峰「X Games(Xゲーム)」のスケートボード女子ストリートで金メダルを獲得しました。

●西村詞音(にしむら ことね)
1998年11月29日生まれ、東京都出身。18歳。西村家4姉弟の二女。学生時代スケートボーダーだった父親の影響を受ける。友人がスケートボードスクールに通っていると聞き、詞音10歳、碧莉8歳のときに3姉妹で参加。以降、スケートボードに夢中に。2013年全日本スケートボード選手権レディース部門優勝、2014年同3位、2015年同2位。全日本スケートボード選手権レディース部門ランキングで2015年に2位。

●西村碧莉(にしむら あおり)
2001年7月31日生まれ、東京都出身。15歳。西村家4姉弟の三女。8歳のときに姉2名に付いていく形で、3姉妹でスケートボードスクールに参加。2012年全日本スケートボード選手権レディース部門で優勝し、2013年は2位。2014年・15年に連覇を達成する。米国開催の大会にも活躍の場を広げ、2016年はSkate Like a Girl's 7th Annual Wheels of Fortuneで2位、X Games Austin Women's Skateboard Streetで8位、SLS Super Crown World Championshipで5位。2017年は4月の第1回日本選手権で優勝し、7月のX Games Minneapolis Women's Skateboard Streetで金メダルを獲得した。


取材協力:日本コカ・コーラ
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top