コラムのニュース記事一覧(3 ページ目) | オピニオン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オピニオン コラムニュース記事一覧(3 ページ目)

【THE REAL】柏レイソル・小池龍太を輝かせる雑草魂…JFLからはい上がってきた苦労人の強さと熱さ 画像
コラム

【THE REAL】柏レイソル・小池龍太を輝かせる雑草魂…JFLからはい上がってきた苦労人の強さと熱さ

3年前から所属してきたLINEのグループ いまや日本人の日常生活に定着した、無料通話アプリ『LINE』でグループを作り、連絡を取りあっているサッカー選手は多い。海外組を含めた、日本代表メンバーのグループがあることは有名な話だ。

村田諒太、判定負けから新たなスタート…10月にエンダムと完全決着へ 画像
選手

村田諒太、判定負けから新たなスタート…10月にエンダムと完全決着へ

判定結果に有明コロシアムが騒然となったあの日から2カ月半が過ぎた。ボクシングのWBA世界ミドル級1位の村田諒太(帝拳)が8月3日、アッサン・エンダム(フランス)と完全決着をつける再試合を行うことを発表した。

【山口和幸の茶輪記】トホホ…フランスの流行をしっかりと体験 画像
コラム

【山口和幸の茶輪記】トホホ…フランスの流行をしっかりと体験

世界随一の観光大国フランスには、素晴らしいところが無限にある。絵ハガキのように美しい景観。博愛精神にあふれた人たち。これまでのコラムでは、そんなフランスのいいところをたくさん紹介してきたつもりだが、あまり触れたくない事象に遭遇することもある。

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持 画像
コラム

【THE INSIDE】甲子園通算最多勝利の中京大中京…2年ぶり28回目となる夏の甲子園出場は名門校の矜持

春は4回、夏は7回。近年では2009年夏に堂林翔太投手(現広島東洋カープ)と磯村嘉孝捕手(現広島東洋カープ)のバッテリーを擁し全国制覇を果たしている中京大中京。しかし、そんな名門校でも愛知大会を勝ち上がっていくことは並大抵ではない。

【THE REAL】アルビレックス新潟・大武峻が背負う使命…勝ち点1の重みを新天地に伝えるために 画像
コラム

【THE REAL】アルビレックス新潟・大武峻が背負う使命…勝ち点1の重みを新天地に伝えるために

右足に残るシュートが当たった感触 シュートが当たった痕を、アルビレックス新潟のDF大武峻は試合後も覚えていた。必死に伸ばした右足のすねの部分をかすめた、FC東京のFWピーター・ウタカの一撃はコースを微妙に変えて飛んでいく。

【THE INSIDE】創部15年目、またひとつ階段を上った豊橋中央…愛知大会ベスト4進出により甲子園が本当に見えてきた 画像
コラム

【THE INSIDE】創部15年目、またひとつ階段を上った豊橋中央…愛知大会ベスト4進出により甲子園が本当に見えてきた

初めての夏の愛知大会ベスト4、準決勝という戦いの場に挑んだ豊橋中央。相手は全国一の11回という優勝回数を誇り、春は30回、夏は27回の甲子園出場を記録している超名門・中京大中京だった。

【小さな山旅】高層ビルと最低山…埼玉県さいたま市・浅間山 画像
コラム

【小さな山旅】高層ビルと最低山…埼玉県さいたま市・浅間山

100mを超える高層ビルが並ぶ、埼玉県のさいたま新都心。その高層ビル群の傍らに、埼玉県の最低山があるという噂を聞きつけ、早速取材に向かった。

【THE REAL】華やかに幕を開けた新・ポドルスキ伝説…デビュー戦で魅せた日本への愛と人懐こさ 画像
コラム

【THE REAL】華やかに幕を開けた新・ポドルスキ伝説…デビュー戦で魅せた日本への愛と人懐こさ

デビュー戦で履いた異色のマンガスパイク 世界と対峙してきた男の足元を見た選手がいたとしたら、敵味方の垣根を越えて驚いたはずだ。ドイツ代表でも一時代を築いた、FWルーカス・ポドルスキのスパイクはそれだけ異彩を放っていた。

【THE ATHLETE】2発デビューのポドルスキ、証明した左足の価値とプレッシャーを楽しむ余裕 画像
コラム

【THE ATHLETE】2発デビューのポドルスキ、証明した左足の価値とプレッシャーを楽しむ余裕

7月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節。ヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキが注目されたデビュー戦で2ゴールを挙げ、「最高のスタートになった」と喜んだ。

【山口和幸の茶輪記】フルームや悪魔おじさんがツール・ド・フランスさいたまに参戦? 画像
コラム

【山口和幸の茶輪記】フルームや悪魔おじさんがツール・ド・フランスさいたまに参戦?

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが11月4日にさいたま市で開催される。2017年で5回目の開催となり、7月のツール・ド・フランスで3年連続4度目の総合優勝を果たしたクリストファー・フルーム(スカイ)らが来日。自転車ファンにとっては楽しみなイベントだ。

【THE REAL】FC東京・室屋成が魅せた新境地…ウイングバックでさらに輝きを増す攻撃力と献身力 画像
コラム

【THE REAL】FC東京・室屋成が魅せた新境地…ウイングバックでさらに輝きを増す攻撃力と献身力

無我夢中で決めた驚異のミドルシュート 頭のなかが真っ白になる。至福の喜びが全身を駆けめぐり、何も考えることができない。サッカー人生でなかなか経験できない究極の快感に、FC東京の室屋成は酔いしれていた。

【THE ATHLETE】アービングとネイマールが迎えた一本立ちの時…25歳で迫られるキャリアの分岐点 画像
コラム

【THE ATHLETE】アービングとネイマールが迎えた一本立ちの時…25歳で迫られるキャリアの分岐点

クリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングが、今オフで他球団へのトレードを希望したとされる。その理由は同チームに所属するレブロン・ジェームズの存在だ。

世間が旅人に「なぜ旅をするのか?」と問いかける理由 画像
コラム

世間が旅人に「なぜ旅をするのか?」と問いかける理由

昨年、半年間の海外放浪をしました。

【小さな山旅】夏と千葉と最低山…千葉県富津市・稲荷山 画像
コラム

【小さな山旅】夏と千葉と最低山…千葉県富津市・稲荷山

夏といえば。海? 川? キャンプ? 花火? それとも冷やし中華?

【THE INSIDE】竜ヶ崎一、名門校復活へ向けて高まる期待…「千秋の雪積もりたる 富士の高嶺の御姿ぞ」 画像
コラム

【THE INSIDE】竜ヶ崎一、名門校復活へ向けて高まる期待…「千秋の雪積もりたる 富士の高嶺の御姿ぞ」

竜ヶ崎一は過去、春夏合わせて通算10回(春1回、夏9回)の甲子園出場実績がある。

【山口和幸の茶輪記】21年目となるツール・ド・フランス取材が終わった 画像
コラム

【山口和幸の茶輪記】21年目となるツール・ド・フランス取材が終わった

ツール・ド・フランスの全日程を単独で取材し始めたのが1997年。その前にも5回ほどスポット取材しているが、過酷なレースで生き残った選手がパリに到着する気持ちを共有するために全日程取材にこだわりがあって、ボク自身も21年連続の完走を果たした。

【THE REAL】セレッソ大阪・山口蛍に宿る新たな力…ミドルシュートが日本代表に与える相乗効果 画像
コラム

【THE REAL】セレッソ大阪・山口蛍に宿る新たな力…ミドルシュートが日本代表に与える相乗効果

キープ力に長けたFW興梠慎三がボールを失うはずがないと、信じて疑わなかったのか。あるいは、やや大げさなゼスチャーとともにピッチに仰向けに倒れ込んだ興梠が、ファウルをもらったと思い込んだのか。

【THE ATHLETE】柴崎岳がヘタフェ入団会見、エースナンバーと古巣への感謝を背に最高峰の舞台に立つ 画像
コラム

【THE ATHLETE】柴崎岳がヘタフェ入団会見、エースナンバーと古巣への感謝を背に最高峰の舞台に立つ

「いつかプリメーラ(スペイン1部リーグ)の舞台でプレーすることが夢でしたし、昨季からスペインでプレーしてチャンスをつかみ、この舞台で今季からプレーできることを嬉しく思っています」

【THE INSIDE】企業の看板と地域の期待を背負った都市対抗野球の魅力…社会人野球クローズアップ(3) 画像
コラム

【THE INSIDE】企業の看板と地域の期待を背負った都市対抗野球の魅力…社会人野球クローズアップ(3)

第88回都市対抗野球が東京ドームで真っ盛りである。都市対抗野球は、昭和の声とともに誕生。1927(昭和2)年に毎日新聞が音頭を取り、当時大人気だった春と秋の六大学野球のリーグ戦の間の夏に、大会を作ることはできないものかというところから始まっていた。

【THE REAL】湘南ベルマーレのアンドレ・バイアが魅せた崇高な心…未来へ紡がれる歓喜のタッチ 画像
コラム

【THE REAL】湘南ベルマーレのアンドレ・バイアが魅せた崇高な心…未来へ紡がれる歓喜のタッチ

■ボールボーイと交わした歓喜のタッチ

【LONDON STROLL】札束が飛び交うプレミア・リーグの2017年夏 画像
コラム

【LONDON STROLL】札束が飛び交うプレミア・リーグの2017年夏

2017年夏の移籍シーズンで、例年以上に活発な動きを見せるプレミア・リーグの各クラブ。この活発な動きは、連日多くのプレミア・リーグファンの心を躍らせている。

【THE REAL】香川真司の現在地…ボルシア・ドルトムントでの復活の先に日本代表の大一番を見すえて 画像
コラム

【THE REAL】香川真司の現在地…ボルシア・ドルトムントでの復活の先に日本代表の大一番を見すえて

■ベンチで浦和レッズと戦い続けた90分間

【山口和幸の茶輪記】巡礼の旅はツール・ド・フランス発案の原点だった 画像
コラム

【山口和幸の茶輪記】巡礼の旅はツール・ド・フランス発案の原点だった

フランス中南部のル・ピュイアンブレは、第15ステージのゴール、休息日、第16ステージのスタートと3日間もツール・ド・フランスを迎えてお祭り騒ぎだった。

【小さな山旅】“房総のマッターホルン”の頂にて…千葉県・伊予ヶ岳(3) 画像
コラム

【小さな山旅】“房総のマッターホルン”の頂にて…千葉県・伊予ヶ岳(3)

千葉県南房総市にある伊予ヶ岳は、その鋭い山容から様々な呼び名が付けられている。

5000m超の山頂で飲んだジンジャーティーの味を思い出して…ネパールトレッキング Day 10 画像
コラム

5000m超の山頂で飲んだジンジャーティーの味を思い出して…ネパールトレッキング Day 10

馬の力を借りながらも山頂に登ったのはとても嬉しいことでした

【THE REAL】いわきFCの「10番」平岡将豪が見すえる未来…衝撃を与えた天皇杯は序章にすぎない 画像
コラム

【THE REAL】いわきFCの「10番」平岡将豪が見すえる未来…衝撃を与えた天皇杯は序章にすぎない

■天皇杯敗退後に生まれた珍しい光景

「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」が選ばれる理由…30年以上ランナーに愛されるシリーズ 画像
製品/用品

「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」が選ばれる理由…30年以上ランナーに愛されるシリーズ

30年以上に渡り、世界中のアスリートを支えてきたランニングシューズがある。

【津々見友彦の6輪生活】自分の代わりに後方を監視「Varia J リアビューレーダー」 画像
コラム

【津々見友彦の6輪生活】自分の代わりに後方を監視「Varia J リアビューレーダー」

自転車で市街地を走るとき、気になるのは後方からのクルマ。しかし、デザイン上の兼ね合いからなかなかミラーを付けない。私はBD-1ではハンドルバーの外側に折りたたみのミラーを取り付けているが…。

【THE REAL】セレッソ大阪・水沼宏太があげる復活の狼煙…正確無比なクロスとほとばしる情熱 画像
コラム

【THE REAL】セレッソ大阪・水沼宏太があげる復活の狼煙…正確無比なクロスとほとばしる情熱

■緩みかけた雰囲気に喝を入れた大声

実業団で輝く10代最速ランナー遠藤日向…目指すは東京五輪 画像
選手

実業団で輝く10代最速ランナー遠藤日向…目指すは東京五輪

実業団ランナーになって最初の日本選手権は2位に終わった。

【小さな山旅】ロープをギュッとね!…千葉県・伊予ヶ岳(2) 画像
コラム

【小さな山旅】ロープをギュッとね!…千葉県・伊予ヶ岳(2)

房総のマッターホルンこと、千葉県南房総市にある伊予ヶ岳。その異名を付けられた理由を「体感」できるのが、東屋から南峰まで続く連続ロープ場である。

【山口和幸の茶輪記】ツール・ド・フランスの休息日は一番疲れる 画像
コラム

【山口和幸の茶輪記】ツール・ド・フランスの休息日は一番疲れる

2017ツール・ド・フランスは序盤戦の9日間が終了し、大会10日目は休息日だ。ところがこれが全然お休みにならない。むしろ23日間の大会期間中で一番忙しい日である。そのワケは…。

大迫傑はオレゴンで進化する…メダリストと鍛えた世界レベルの走り 画像
ボイス

大迫傑はオレゴンで進化する…メダリストと鍛えた世界レベルの走り

「日本選手権は毎年独特の緊張感があるのですが、去年の方が思いは強かったですね。ただ今年はそれ以上にリラックスしていたので、去年より力みなく走れたと思います」

【THE REAL】バンディエラ・中村憲剛の色褪せない存在感…変貌を遂げる川崎フロンターレの中心で 画像
コラム

【THE REAL】バンディエラ・中村憲剛の色褪せない存在感…変貌を遂げる川崎フロンターレの中心で

■高難度の仕事が凝縮されたスルーパス

服部勇馬が目指すもの…箱根駅伝“花の2区”からマラソンへ 画像
ボイス

服部勇馬が目指すもの…箱根駅伝“花の2区”からマラソンへ

「次は福岡国際マラソンに出場する予定になっています。そこでまず東京オリンピックの(日本代表)選考の舞台の切符を勝ち取ることが一番の目標です」

【THE INSIDE】古豪復活へ燃える熊谷商、単独商業校の代表格としても頑張る 画像
コラム

【THE INSIDE】古豪復活へ燃える熊谷商、単独商業校の代表格としても頑張る

少し高校野球に詳しい50代以上の人であれば、甲子園で熊谷商が下関商との乱戦を制した戦いを覚えている人もいるだろう。

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】運転ひとつにしてもお国柄 画像
コラム

【山口和幸のツール・ド・フランス日記】運転ひとつにしてもお国柄

真夏のフランスとその近隣諸国を駆けめぐるツール・ド・フランス。それを追いかける関係者は大会途中の大移動を含めて23日間で5000kmの運転を余儀なくされる。2017年はドイツ、ベルギー、フランスを走っているのでドライブ事情を報告。

【小さな山旅】びわとマッタリホルン…千葉県・伊予ヶ岳(1) 画像
コラム

【小さな山旅】びわとマッタリホルン…千葉県・伊予ヶ岳(1)

千葉県は南房総市にある伊予ヶ岳。この山は、低山のメッカである千葉県内において、「房総のマッターホルン」という異名を持ち、唯一「岳」の名が付く山である。

【THE REAL】鹿島アントラーズ・永木亮太のアニバーサリー…記録より記憶に残る初ゴールの先に 画像
コラム

【THE REAL】鹿島アントラーズ・永木亮太のアニバーサリー…記録より記憶に残る初ゴールの先に

■一陣の風が生み出した逆転ゴール

究極の選択を迫られたネパールトレッキング Day 8-9 画像
コラム

究極の選択を迫られたネパールトレッキング Day 8-9

二つの選択肢から選んだのは山を馬で登るということでした

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 10
  10. 20
  11. 30
  12. 最後
Page 3 of 35
page top