ドーピング問題 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドーピング問題

自転車ロードレース界は常にドーピング問題を抱えてきた。 過酷すぎるレースで結果を残すことに固執するあまりの行き過ぎた判断で、一時は名声を欲しいままにした選手が、ドーピングでその名を地に落とすことも。 この問題に目を向け、根本解決に真摯に向き合わなければならない。 報道陣も然りであり、公正で正確な情報公開に徹す必要がある。

楽天アマダー、ドーピング違反で6か月出場停止…意図的な禁止物質の摂取は否定 画像
スポーツ

楽天アマダー、ドーピング違反で6か月出場停止…意図的な禁止物質の摂取は否定

NPBが発表、禁止物質の「クロルタリドン」と「フロセミド」が検出 NPBは9日、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会が楽天のジャフェット・アマダー内野手に対し、アンチ・ドーピング規程違反で6か月間の

うっかりドーピング違反防げ…薬剤師「疑わしきは駄目」 画像
スポーツ

うっかりドーピング違反防げ…薬剤師「疑わしきは駄目」

2020年東京五輪・パラリンピックを約2年後に控え、ドーピング問題が関心を集めている。国家ぐるみで不正行為を働いたロシアなど諸外国だけでなく、クリーンとされてきた日本選手の違反も目立ち、6月13日に国

アルバレスに薬物反応、ゴロフキンとの再戦を前にSNSも大荒れ 画像
スポーツ

アルバレスに薬物反応、ゴロフキンとの再戦を前にSNSも大荒れ

ボクシングの元世界二階級王者サウル・“カネロ”・アルバレスが、ドーピング検査に陽性反応を示した。同選手のプロモーションを務める、ゴールデンボーイ・プロモーションが明かした。

【世界陸上2017】ボルトが会見で呆れと怒り「タイムが遅いのはドーピングできなくなったから?」「失礼だ」 画像
スポーツ

【世界陸上2017】ボルトが会見で呆れと怒り「タイムが遅いのはドーピングできなくなったから?」「失礼だ」

ウサイン・ボルトが会見で不快感をあらわにした。世界陸上ロンドン大会男子100メートルで銅メダルに終わったあと、ジャスティン・ガトリンらと出席した会見で女性記者からの質問に憤慨し、周囲に「彼女は何を言っているんだ?」と呆れた様子で尋ねた。

ロシア代表の薬物疑惑に、FIFA会長は「非寛容な精神で臨む」 画像
スポーツ

ロシア代表の薬物疑惑に、FIFA会長は「非寛容な精神で臨む」

英紙『デーリー・メール』が先週、2014年に行われたFIFAワールドカップ(W杯)に出場したロシア代表選手23人について、国際サッカー連盟(FIFA)がドーピング調査を開始と報じた。

ドーピング発覚なら記録はどうなる…英陸連会長が世界記録の見直しを提案 画像
スポーツ

ドーピング発覚なら記録はどうなる…英陸連会長が世界記録の見直しを提案

選手が禁止薬物使用で罰せられた場合、彼らの残した記録はどう扱うべきなのか。英国陸上競技連盟のエド・ワーナー会長は、現在の世界記録を見直すべきだと提言する。

シャラポワは歓迎、テニス界の薬物対策強化「素晴らしいこと」 画像
スポーツ

シャラポワは歓迎、テニス界の薬物対策強化「素晴らしいこと」

女子テニスのポルシェ・テニス・オープンは4月28日にシングルス準々決勝が行われた。マリア・シャラポワはアネット・コンタベイトと対戦し6-3、6-4で勝利。準決勝に進出している。

マルテが禁止薬物違反で80試合の出場停止…2年連続ゴールドグラブの外野手 画像
スポーツ

マルテが禁止薬物違反で80試合の出場停止…2年連続ゴールドグラブの外野手

メジャーリーグ機構は4月18日、ピッツバーグ・パイレーツのスターリング・マルテ外野手が薬物検査に陽性反応を示したため、80試合の出場停止処分としたと発表した。

ジャマイカの金メダル剥奪、それでもボルトの偉大さは変わらず 画像
スポーツ

ジャマイカの金メダル剥奪、それでもボルトの偉大さは変わらず

金メダルがひとつ減っても、それでウサイン・ボルトの偉大さが変わるわけではない。元男子400メートル世界記録保持者のマイケル・ジョンソン氏が、ジャマイカチームの金メダル剥奪に言及した。

シャラポワの復帰、ベッカーは応援「セカンドチャンスを」 画像
スポーツ

シャラポワの復帰、ベッカーは応援「セカンドチャンスを」

男子テニスで四大大会シングルス通算6度優勝を誇るボリス・ベッカー氏が、4月に出場停止処分から復帰するマリア・シャラポワについて、「彼女にセカンドチャンスを与えるべきだ」とコメントした。

レスナーの出場停止が正式決定…UFCが声明 画像
スポーツ

レスナーの出場停止が正式決定…UFCが声明

UFCは1月4日に公式サイト上で声明を発表し、薬物テストで違反が発覚していたブロック・レスナーに1年間の出場停止処分を科すと発表した。

スポーツサプリ「DNS」がアンチ・ドーピング認定マークを外したワケ 画像
新着

スポーツサプリ「DNS」がアンチ・ドーピング認定マークを外したワケ

日本で発売されている多くのスポーツサプリメントには、日本アンチ・ドーピング機構(以下JADA)が認定商品マークが付与されている。

アンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームド チョイス」…DNSのサプリが国内初認証 画像
新着

アンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームド チョイス」…DNSのサプリが国内初認証

2016年、前代未聞の不正行為がスポーツ界を揺るがした。ロシアによる国家主導のドーピングだ。この事態を受け、世界ではドーピングへの関心が高まっている。

IOCのバッハ会長、ドーピング告発のステパノワに感謝も…リオ五輪出場は「NO」 画像
スポーツ

IOCのバッハ会長、ドーピング告発のステパノワに感謝も…リオ五輪出場は「NO」

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は7月31日、理事会後の会見でユリア・ステパノワの勇気ある告発に感謝したが、リオデジャネイロ五輪出場は認められないとの立場を改めて明かした。

ドーピング問題でIOCが検討…ロシアへの処分は先送り 画像
スポーツ

ドーピング問題でIOCが検討…ロシアへの処分は先送り

国際オリンピック委員会(IOC)は7月19日、電話会議による緊急の理事会を開き、リオデジャネイロ五輪にロシア選手の出場を認めるか否かで話し合った。しかし結論は下されず、決定は先送りになっている。

ジョーンズにドーピング違反の可能性、『UFC200』はメインイベント変更 画像
スポーツ

ジョーンズにドーピング違反の可能性、『UFC200』はメインイベント変更

総合格闘技団体『UFC』は7月6日、ライトヘビー級暫定王者ジョン・ジョーンズにドーピング規則違反の可能性があるとして、9日に開催される『UFC200』の対戦カードから同選手の名前を外したと発表した。

リオデジャネイロのドーピング検査機関、WADAが資格停止処分 画像
スポーツ

リオデジャネイロのドーピング検査機関、WADAが資格停止処分

世界反ドーピング機関(WADA)は6月24日、ブラジルにあるドーピング検査機関に資格停止処分を科した。リオデジャネイロ五輪開幕を6週間後に控えるなかでの決定に動揺が広がっている。

マリア・シャラポワ、薬物違反で異議申し立て「2年間の資格停止処分は不当」 画像
スポーツ

マリア・シャラポワ、薬物違反で異議申し立て「2年間の資格停止処分は不当」

国際テニス連盟(ITF)は6月8日、1月の全豪オープンで禁止薬物『メルドニウム』の使用が発覚していたマリア・シャラポワに対して、2年間の資格停止処分を科した。

ロシアドーピング問題、金メダリスト15人に禁止薬物?ロトチェンコフ氏、刑事訴追も 画像
スポーツ

ロシアドーピング問題、金メダリスト15人に禁止薬物?ロトチェンコフ氏、刑事訴追も

「モスクワ反ドーピング研究所(MAL)」のグリゴリー・ロトチェンコフ元所長が、ロシアのオリンピックの金メダリストに禁止薬物を与えたことを曝露した内容には、多くの口頭の非難と少しの事実しかないと、ロシア当局者および専門家は指摘する。

米CBSのドーピング番組は「憶測」…ロシアの五輪ドーピング問題 画像
スポーツ

米CBSのドーピング番組は「憶測」…ロシアの五輪ドーピング問題

アメリカのテレビ局「CBS」で放送されたロシアのアスリートのドーピングを告発するドキュメンタリー番組は、憶測にもとづいて制作されている――。ロシアのヴィタリー・ムトコ・スポーツ相がこのようにタス通信に話した。

WBA世界ヘビー級王者、薬物違反で王座剥奪&6ヶ月の出場停止 画像
スポーツ

WBA世界ヘビー級王者、薬物違反で王座剥奪&6ヶ月の出場停止

WBA(世界ボクシング協会)は5月12日、世界ヘビー級王者のルーカス・ブラウンがドーピング検査で陽性反応を示し、ベルトの剥奪と6ヶ月間の出場停止処分になると発表した。

男子テニスのナダル、仏元大臣への訴訟手続きを進める「法律を信じるだけ」 画像
スポーツ

男子テニスのナダル、仏元大臣への訴訟手続きを進める「法律を信じるだけ」

男子テニスの四大大会でこれまで14勝を挙げているラファエル・ナダル。彼は最近フランスの元スポーツ相ロゼリーヌ・バシュロナルカン氏を提訴すると発表した。

リバプールのクロップ監督、ビジャレアル戦は「特別」 画像
スポーツ

リバプールのクロップ監督、ビジャレアル戦は「特別」

リバプール(イングランド)は4月28日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝でビジャレアル(スペイン)と対戦する。試合前の会見に出席したユルゲン・クロップ監督は、「ビジャレアルとの対戦は特別だ」と話した。

アンディ・マレー、ジョコビッチ陣営との確執を否定「何も問題ない」 画像
スポーツ

アンディ・マレー、ジョコビッチ陣営との確執を否定「何も問題ない」

男子テニス世界ランク2位のアンディ・マレーは、同1位のノバク・ジョコビッチや彼のコーチを務めるボリス・ベッカー氏との関係について、険悪なものではないとインタビューで語った。

マリア・シャラポワ、薬物検査で陽性反応「全責任は負う」 画像
スポーツ

マリア・シャラポワ、薬物検査で陽性反応「全責任は負う」

女子テニス、元世界ランク1位のマリア・シャラポワが3月7日、米国ロサンゼルスで会見を開き「今年の全豪オープンで薬物検査に陽性反応を示していた」と公表した。シャラポワは前日、この日の会見で重大発表があると予告していた。

メッツの元守護神メヒア、薬物違反で初の永久追放処分 画像
スポーツ

メッツの元守護神メヒア、薬物違反で初の永久追放処分

ニューヨーク・メッツのヘンリー・メヒア投手が2月12日、3度目の薬物規定違反により球界から永久追放処分となった。薬物違反で永久追放処分を受けるのは、同投手が史上初。

世界反ドーピング機関、ロシアに誠実性を求める 画像
スポーツ

世界反ドーピング機関、ロシアに誠実性を求める

ロシアの陸上競技選手が組織的なドーピングを行っていたとする件で、世界反ドーピング機関(WADA)は迅速な対応を見せている。組織的なドーピングに関与したとされるロシアの反ドーピング機関に対し、WADA公認の取り消しを決めた。

国際陸連、ドーピング問題でロシアに資格停止処分 画像
スポーツ

国際陸連、ドーピング問題でロシアに資格停止処分

11月13日に国際陸上競技連盟(IAAF)は、世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会による報告を受け、ロシアに暫定的な資格停止処分を言い渡した。ロシアには国家ぐるみでドーピングを隠蔽していた疑いがある。

ロシアに大規模なドーピング疑惑…組織的な検査逃れか 画像
スポーツ

ロシアに大規模なドーピング疑惑…組織的な検査逃れか

世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が、ロシアの陸上界では組織ぐるみのドーピングが行われているとの調査報告を発表した。委員会は2016年リオ五輪にロシアを出場させないよう勧告している。

【陸上】国際陸連、第6代会長にセバスチャン・コー氏を選出…薬物疑惑からの信頼回復に期待 画像
スポーツ

【陸上】国際陸連、第6代会長にセバスチャン・コー氏を選出…薬物疑惑からの信頼回復に期待

8月19日に中国・北京で総会を開いた国際陸上競技連盟(IAAF)は、会長選を行い第6代会長にイギリスのセバスチャン・コー副会長を選出した。コー氏は115票を獲得し、92票のセルゲイ・ブブカ氏を抑えた。

【世界陸上2015】大会直前にドーピング問題噴出、国際陸上競技連盟の対応は 画像
スポーツ

【世界陸上2015】大会直前にドーピング問題噴出、国際陸上競技連盟の対応は

8月22日から始まる世界陸上北京を前に、国際陸上競技連盟(IAAF)は難しい対応を迫られている。

【THE ATHLETE】ウサイン・ボルトが見せる王者の覚悟…努力と献身は薬を凌駕する 画像
オピニオン

【THE ATHLETE】ウサイン・ボルトが見せる王者の覚悟…努力と献身は薬を凌駕する

世界陸上が中国・北京で8月22日に開幕する。1カ月を切り世界中のメディアが注目しているのは、ウサイン・ボルトとジャスティン・ガトリンの出場する男子100メートルだ。

【自転車ロード】ティンコフのセレンセン監督、過去のドーピングを告白 画像
スポーツ

【自転車ロード】ティンコフのセレンセン監督、過去のドーピングを告白

ティンコフ・サクソのニキ・セレンセン監督が、過去のドーピングについて告白。これを受けてティンコフ・サクソは6月22日、声明文を発表した。

【自転車】クロイツィゲルのドーピング容疑晴れる WADAとUCIが上訴取り下げ 画像
スポーツ

【自転車】クロイツィゲルのドーピング容疑晴れる WADAとUCIが上訴取り下げ

チェコのロマン・クロイツィゲル(ティンコフ・サクソ)のバイオロジカルパスポートに関するドーピング容疑について、WADA(世界アンチドーピング機構)とUCI(国際自転車競技連合)が6月5日に上訴を取り下げた。

【ジロ・デ・イタリア15】ウリッシが汚名返上「厳しい1年の後の特別な勝利」 画像
スポーツ

【ジロ・デ・イタリア15】ウリッシが汚名返上「厳しい1年の後の特別な勝利」

2015年ジロ・デ・イタリア、5月15日の第7ステージ、イタリアのディエゴ・ウリッシ(ランプレ・メリダ)が上り勾配のスプリントを制し、ドーピングの出場停止処分から復帰後の初勝利を挙げた。これでウリッシはジロ通算ステージ4勝目となった。

BMCのバンアーベルマート、ドーピング容疑が晴れる「悪夢は終わった」 画像
スポーツ

BMCのバンアーベルマート、ドーピング容疑が晴れる「悪夢は終わった」

ベルギー自転車競技連盟は5月7日、クリス・マルテンス医師のドーピング事件捜査に関連してグレッグ・バンアーベルマート(BMCレーシング)が無罪であることを発表した。

【自転車ロード】BMCのバンアーベルマート、ドーピング容疑で出頭…アムステルゴールドレースは出場 画像
スポーツ

【自転車ロード】BMCのバンアーベルマート、ドーピング容疑で出頭…アムステルゴールドレースは出場

ベルギーのグレッグ・バンアーベルマート(BMCレーシング)が、ドーピング容疑でベルギー自転車連盟の審問に出頭したがことが4月16日にチームから明らかにされた。

【自転車ロード】ティンコフ氏が自転車界に警告「リースの時代は終わった」 画像
スポーツ

【自転車ロード】ティンコフ氏が自転車界に警告「リースの時代は終わった」

ティンコフ・サクソのチームオーナーであるロシア人実業家オレグ・ティンコフ氏が、チームを通じて自転車界の改革の必要性を訴えた。

AG2RのラブニューGM、モンドリーのドーピング容疑は「裏切り」 画像
スポーツ

AG2RのラブニューGM、モンドリーのドーピング容疑は「裏切り」

所属選手のロイド・モンドリーのドーピング容疑を受けて、フランスのAG2Rラモンディアルのバンサン・ラブニューGMは「裏切り」と失望を表してている。

ランプレ・メリダ、アンチドーピング団体MPCCから脱退…ウリッシの復帰問題で対立 画像
スポーツ

ランプレ・メリダ、アンチドーピング団体MPCCから脱退…ウリッシの復帰問題で対立

イタリアのランプレ・メリダは、所属するディエゴ・ウリッシの復帰について対立したことを理由に、アンチドーピング団体「MPCC(信頼ある自転車競技のための運動)」から脱退することを3月9日に発表した。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top