シャラポワは歓迎、テニス界の薬物対策強化「素晴らしいこと」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

シャラポワは歓迎、テニス界の薬物対策強化「素晴らしいこと」

スポーツ 選手
マリア・シャラポワがアネット・コンタベイトに勝利(2017年4月28日)
  • マリア・シャラポワがアネット・コンタベイトに勝利(2017年4月28日)
女子テニスのポルシェ・テニス・オープンは4月28日にシングルス準々決勝が行われた。マリア・シャラポワはアネット・コンタベイトと対戦し6-3、6-4で勝利。準決勝に進出している。

今大会で薬物使用による15ヶ月間の出場停止から復帰したシャラポワ。第1セットを奪うと第2セットでも鋭いリターンを見せ、第4ゲームでブレークに成功した。

その後ブレークバックを許したシャラポワだが、直後のゲームで再びブレークしてリードを奪う。復帰3戦目の試合では6度のブレークチャンス中5本をものにして勝利した。


勝利の瞬間には笑顔を見せたシャラポワ。いまは「テニスを本当に楽しめている」と話す。試合後の会見では国際テニス連盟(ITF)が薬物検査の厳格化を進めている件についても質問され、対策が強化されるのは望ましいことだとした。

「毎日1時間は時間を割くべきだと思う。それがこの仕事の一部であるし、もっと検査をするというなら素晴らしいことね」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top