WBA世界ヘビー級王者、薬物違反で王座剥奪&6ヶ月の出場停止 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

WBA世界ヘビー級王者、薬物違反で王座剥奪&6ヶ月の出場停止

スポーツ 選手
ルーカス・ブラウン 参考画像
  • ルーカス・ブラウン 参考画像
  • ボクシング イメージ
WBA(世界ボクシング協会)は5月12日、世界ヘビー級王者のルーカス・ブラウンがドーピング検査で陽性反応を示し、ベルトの剥奪と6ヶ月間の出場停止処分になると発表した。

ブラウンは30歳の誕生日直前にプロデビューした遅咲きの選手だが、デビュー後は無敗を続け24戦24勝21KOの戦績。2016年3月にWBA世界ヘビー級王者だったルスラン・チャガエフと対戦し、10回2分2秒TKO勝ちで世界タイトルを獲得した。

だがチャガエフ戦後に受けたドーピング検査により、禁止薬物のクレンブテロールが検出される。ブラウン陣営は意図して摂取したものではなく、何らかの食品に含まれていたものを知らずに摂ってしまったと主張した。しかしBサンプルからも同様の反応が出たことを受け、WBAは「故意かどうかに関わらず、ブラウンと彼のチームには責任がある」と主張した。

現役王者のドーピング違反にボクシングファンからは、「『食品に含まれていて知らずに』はありえるかもしれないけど、それを認めてしまうと逃げ口上に使うやつが出てくる」「彼が出場停止明けでリングに復帰したとして、ランキングはどこに置かれるんだろう」「ドーピングで勝っても価値なし!」「いっそのこと何でもありの裏ランキングを作ってはどうか」といった反応が寄せられている。

オーストラリア人として初めて世界ヘビー級タイトルを獲得したブラウン。わずか2ヶ月での転落劇となった。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top