【山口和幸の茶輪記】脂肪が一番燃える心拍数…40歳で安静時60なら144、50歳なら137 1枚目の写真・画像 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【山口和幸の茶輪記】脂肪が一番燃える心拍数…40歳で安静時60なら144、50歳なら137 1枚目の写真・画像

フィットネスするならがむしゃらに運動すればいいってワケじゃない。身体に蓄えられた脂肪を減らすには有酸素運動をする必要があり、さらにはその運動強度が脂肪を効率よく減らすために重要だ。その目安となるのが1分間に心臓がどれだけ鼓動するか。つまり心拍数だ。

オピニオン コラム
【山口和幸の茶輪記】脂肪が一番燃える心拍数…40歳で安静時60なら144、50歳なら137
【山口和幸の茶輪記】脂肪が一番燃える心拍数…40歳で安静時60なら144、50歳なら137

特集

オピニオン アクセスランキング

  1. 【THE REAL】2015年のJ1総括…サンフレッチェ広島を最強たらしめた可変システムと現場監督

    【THE REAL】2015年のJ1総括…サンフレッチェ広島を最強たらしめた可変システムと現場監督

  2. ベネッセ、原田泳幸社長に聞く――トライアスロンにかける想い その3「夢はアイアンマン完走」

    ベネッセ、原田泳幸社長に聞く――トライアスロンにかける想い その3「夢はアイアンマン完走」

  3. 「他の国を狩りに行く」…エディー・ジョーンズが見据えるシックス・ネーションズ2018とは

    「他の国を狩りに行く」…エディー・ジョーンズが見据えるシックス・ネーションズ2018とは

  4. チタンの正統「LYNSKEY」上陸 vol.1

  5. 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」

  6. 【THE INSIDE】社会人野球の「JABA関東選抜リーグ」は見どころ満載

  7. 膨大な開発投資を飲み込んだBMCの理想型 vol.1

  8. ベネッセ 原田泳幸社長に聞く――トライアスロンにかける想い その1「始めたきっかけ」

  9. 新連載【THE ATHLETE】ステロイド全盛時代の異次元投手、ペドロ・マルティネスは殿堂入りに値するか

  10. 友人の名に潜む日米戦の陰。日本の血が入ったフィリピン人家族にまつわる謎

アクセスランキングをもっと見る

page top