【注目】オピニオン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【注目】オピニオン

【THE INSIDE番外編】アマ相撲は、団体戦に格別の見どころがある…インターハイ相撲競技(団体戦) 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】アマ相撲は、団体戦に格別の見どころがある…インターハイ相撲競技(団体戦)

ふじのくに千本松フォーラム(プラザ ヴェルデ)で開催された2018(平成30)年度全国高校総合体育大会相撲競技大会(第96回全国高校相撲選手権大会)。

【THE INSIDE番外編】将来の幕内力士、三役力士、大関横綱の出現を期待…インターハイ相撲競技(個人戦) 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】将来の幕内力士、三役力士、大関横綱の出現を期待…インターハイ相撲競技(個人戦)

平成最後の高校総合体育大会(インターハイ)は三重県(鈴鹿市)をメイン会場として東海地区を中心として開催された。

【THE INSIDE】東東京で大躍進した都立小山台は、正真正銘の文武両道 画像
オピニオン

【THE INSIDE】東東京で大躍進した都立小山台は、正真正銘の文武両道

毎日のように、記録的な高温で35度以上が天気予報でも当たり前のように報じられている今年の夏。

ナイキの「ファントム ビジョン」を実際に履いてみた…足への馴染み方がすごい! 画像
スポーツ

ナイキの「ファントム ビジョン」を実際に履いてみた…足への馴染み方がすごい!

ナイキから新たに発売されたスパイク、『PHANTOMVSN(ファントム ビジョン)』。

【THE INSIDE】100回目の夏、全国高校野球東西東京大会 開会式 画像
オピニオン

【THE INSIDE】100回目の夏、全国高校野球東西東京大会 開会式

今年の夏の訪れは早かった。梅雨明け宣言も、早々と6月に出された関東地方だったが、夏の恒例行事ともいえる全国高校野球も、東京都では例年よりも1週間早く7月の声を聞くとともに1日の日曜日に開幕した。

大学を5年生で中退したバンドマンが、遠回りの末に見つけた天職とは 画像
オピニオン

大学を5年生で中退したバンドマンが、遠回りの末に見つけた天職とは

2016年7月から2017年2月まで、世界各地を放浪していた僕が森川貴史(もりかわ・たけし)さんに出会ったのは、エジプト東部・シナイ半島の東部に位置する世界最安のリゾート地、「ダハブ」だった。ダイビングスポットとしても有名だ。

【THE INSIDE】梅雨の谷間の貴重な時間、質の高い練習試合を展開した「川越東・佼成学園」 画像
オピニオン

【THE INSIDE】梅雨の谷間の貴重な時間、質の高い練習試合を展開した「川越東・佼成学園」

夏の大会本番を1ヶ月後に控えて、多くの高校野球部では最後のチームの仕上げ時期にかかっている。しかしながら、皮肉にも日本の気候は、この時期が梅雨入りとなる。

【THE INSIDE】高校野球名門校のグラウンドの佇まい…埼玉県立熊谷商の空気が高校野球の歴史の重さを感受させる 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球名門校のグラウンドの佇まい…埼玉県立熊谷商の空気が高校野球の歴史の重さを感受させる

今年で第100回となる全国高校野球。その歴史は重い。今大会は記念大会ということで、例年よりも多い代表校が出場することも既に発表されている。埼玉県も、今年は南北に分かれての二校代表ということになっている。

【THE INSIDE番外編】今こそ、アメリカンフットボールの魅力を再認識しよう…関東高校アメリカンフットボール大会準々決勝 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】今こそ、アメリカンフットボールの魅力を再認識しよう…関東高校アメリカンフットボール大会準々決勝

思わぬ形で今、アメリカンフットボールが注目されている。

日本人最年少で世界7大陸最高峰を制覇した南谷真鈴の次の目標は? 画像
スポーツ

日本人最年少で世界7大陸最高峰を制覇した南谷真鈴の次の目標は?

世界の名峰に挑む登山家らに迫ったドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7月21日より新宿武蔵野館...

【THE INSIDE】都市対抗野球東海地区二次予選で“黒豚しゃぶしゃぶ”と“味噌カツ”がガチンコ対決…社会人野球探訪  画像
オピニオン

【THE INSIDE】都市対抗野球東海地区二次予選で“黒豚しゃぶしゃぶ”と“味噌カツ”がガチンコ対決…社会人野球探訪 

黒豚しゃぶしゃぶと味噌カツ――。どっちを食べたいのかという話でも、夕食としてどちらがビールとの相性がいいのか…という話ではない。社会人野球の公式戦である。しかも、東京ドームの出場権を争う都市対抗野球東海地区の二次予選での対戦である。

【THE INSIDE】都市対抗野球 東海地区二次予選に初登場の山岸ロジスターズは、現代の社会人野球において面白い存在…社会人野球探訪 画像
オピニオン

【THE INSIDE】都市対抗野球 東海地区二次予選に初登場の山岸ロジスターズは、現代の社会人野球において面白い存在…社会人野球探訪

ピンチに投手のマウンドに行ってアドバイスをした監督が、ベンチへ戻るときは全力疾走。そして、ベンチで控えている選手たちがそんな監督の姿を拍手で迎える。

【THE INSIDE】5 月の高校野球、それぞれの過ごし方…夏を目指して頑張る高校球児たちへのメッセージ 画像
オピニオン

【THE INSIDE】5 月の高校野球、それぞれの過ごし方…夏を目指して頑張る高校球児たちへのメッセージ

今年の夏の全国高校野球は第100回大会となる記念大会だ。5月の連休が明けると、そんな盛り上がる夏の大会本番まで、全国各地の高校球児たちにとっては、2カ月から2カ月半の先を見据えていく大事な時期となる。

ケンブリッジ飛鳥も引退後はサッカー選手に?ウサイン・ボルトへの憧れ 画像
スポーツ

ケンブリッジ飛鳥も引退後はサッカー選手に?ウサイン・ボルトへの憧れ

ナイキジャパンは、ランニングと音楽体験を融合させたライブイベント「ナイキ TOKYO GOフェス」を4月21日と22日の2日間、六本木で開催した。

元ブラジルサッカー代表、フランサが日本サッカーに対して思うこと 画像
スポーツ

元ブラジルサッカー代表、フランサが日本サッカーに対して思うこと

明治大学法学部の釜崎太ゼミナールは4月29日、明治大学和泉キャンパスのグラウンドにて、大学近隣地域の小学生や明大生によるサッカー大会「第一回 明大和泉カップ」を開催した。

ケンブリッジ飛鳥、プロ転向して変わったこと。31秒の沈黙の後、口を開いた 画像
スポーツ

ケンブリッジ飛鳥、プロ転向して変わったこと。31秒の沈黙の後、口を開いた

ケンブリッジ飛鳥選手が、来場客から僅か1メートル先ほどしか離れていないランニングマシーンを全速力で走るその姿に、歓声が上がった。

【THE INSIDE】高校野球、春季大会の楽しみ方…100回目の夏を見据えて、各地区で有力校の前哨戦 画像
オピニオン

【THE INSIDE】高校野球、春季大会の楽しみ方…100回目の夏を見据えて、各地区で有力校の前哨戦

今年の夏は第100回記念大会となる、恒例の“夏の甲子園”。メモリアルイヤーの大会ということもあって、各校ともに「記念すべき年の大会に、最高の結果を残したい」という思いで、日々の練習に励んでいる。

太田雄貴、LGBTについて語る「なぜ日本人選手はカミングアウトしにくいのか」 画像
スポーツ

太田雄貴、LGBTについて語る「なぜ日本人選手はカミングアウトしにくいのか」

日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2018」が4月28日~5月6日までの間開催される。

【使用法】大谷翔平はフルゴリラ…?「今年の流行語大賞狙えそう」との声も 画像
スポーツ

【使用法】大谷翔平はフルゴリラ…?「今年の流行語大賞狙えそう」との声も

エンゼルスの大谷翔平投手。17日のレッドソックス戦では、右手中指のマメを悪化させて2回降板した。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(下編)…大阪桐蔭の春連覇で見えてきた、甲子園高校野球の危機感 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(下編)…大阪桐蔭の春連覇で見えてきた、甲子園高校野球の危機感

持てる者と持たざる者の差、これは資本主義の原則と言えば、それまでかもしれない。また、勝負の世界は「より、強さを求めていくのは当たり前」ということも正論である。

【THE INSIDE】首都大学野球リーグは注目のドラフト候補も多数…大学野球探訪(10) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】首都大学野球リーグは注目のドラフト候補も多数…大学野球探訪(10)

4月の声とともに、各地では大学野球のリーグ戦が始まった。

「サッカー日本代表は、現状勝っても負けても意味がない」なぜ、サッカーファンはハリルホジッチ解任に激怒するのか 画像
スポーツ

「サッカー日本代表は、現状勝っても負けても意味がない」なぜ、サッカーファンはハリルホジッチ解任に激怒するのか

ワールドカップ(W杯)が2カ月後に迫ったところで、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が突如解任され、後任には西野 朗(あきら)技術委員長が就くこととなった。

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(上編)…タイブレーク導入などの新たな試み、スリリングな競り合いの数々 画像
オピニオン

【THE INSIDE】第90回選抜高校野球大会・雑感(上編)…タイブレーク導入などの新たな試み、スリリングな競り合いの数々

記念大会ということで、例年よりも4校多く、36校が出場して行われた今年の第90回選抜高校野球大会。大阪桐蔭が2年連続3回目の春優勝、通算7度目の優勝を飾った。

人見知りだった清武弘嗣は、あの選手たちとの出会いで社交的になった 画像
スポーツ

人見知りだった清武弘嗣は、あの選手たちとの出会いで社交的になった

メンズグルーミングブランド「CHAMBER OF CRAFTERS(チェンバーオブクラフターズ)」は、4月より4種類の新製品を発売する。

「汚い男は嫌」山口蛍が考える”いい男”の条件 画像
スポーツ

「汚い男は嫌」山口蛍が考える”いい男”の条件

メンズグルーミングブランド「CHAMBER OF CRAFTERS(チェンバーオブクラフターズ)」は、4月より4種類の新製品を発売する。

【THE INSIDE】球春到来を告げる社会人野球『JABA東京スポニチ大会』…「さあ、春だ!」と待ちかねた野球ファン集う 画像
オピニオン

【THE INSIDE】球春到来を告げる社会人野球『JABA東京スポニチ大会』…「さあ、春だ!」と待ちかねた野球ファン集う

毎年3月の上旬に開幕するJABA東京スポニチ大会。“春を呼ぶ大会”として、熱心なアマチュア野球ファンの間ではすっかり定着しているが、今年で70回目となる。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(3) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(3)

高校野球の多くの指導者たちは自分の思いを注ぎ込み、生徒たちと一緒に甲子園という夢を追い続け、試行錯誤しながらも、自分たちの環境の中で取り組んでいる。

Jリーグは、5年後「映像の分野」で世界一に?…サッカー観戦の未来の姿 画像
スポーツ

Jリーグは、5年後「映像の分野」で世界一に?…サッカー観戦の未来の姿

3月8日、WEB番組『サッカーキング ハーフ・タイム』が「スポーツビジネスとしてのDAZN ~サッカー観戦の未来の姿とは~ presented by DAZN for docomo」というテーマで放送を行った。

【記者ブログ】全日本フットサル選手権を見に行ってみたら、案外カップルが多かった 画像
スポーツ

【記者ブログ】全日本フットサル選手権を見に行ってみたら、案外カップルが多かった

第23回全日本フットサル選手権の決勝戦が、3月11日に東京駒沢体育館で開催されました。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(2) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(2)

千葉県で活躍する指導者たちの熱い座談会。学校としてはもちろん野球部に頑張ってほしいという思いは示してくれるものの、かといって、特別に優遇されているわけではないという環境だ。

【記者ブログ】羽生結弦と、サッカー漫画「アオアシ」から見る究極のスポーツ上達法 画像
オピニオン

【記者ブログ】羽生結弦と、サッカー漫画「アオアシ」から見る究極のスポーツ上達法

66年ぶりのオリンピック2連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦。3ヶ月前に大怪我を負ったものの、復帰戦となった平昌オリンピックのSPで111.68点と高得点でトップに輝いた。

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(1) 画像
オピニオン

【THE INSIDE】「千葉県の高校野球を支えていこう」指導者たちの熱い思い…座談会(1)

高校野球は生ものであるということはよく言われる。それは学校である以上、卒業と入学が繰り返されていき、メンバーが入れ替わっていくからでもある。毎年新しい生徒たちが入れ替わっていくのだから、新陳代謝があるのは当然のことである。

日本新連発の池江璃花子選手はどんな人?「そろそろ世界の選手に勝ちたい」 画像
スポーツ

日本新連発の池江璃花子選手はどんな人?「そろそろ世界の選手に勝ちたい」

競泳の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が2018年も次々と日本新記録を塗り替えています。世界水泳や夏季五輪といったビッグイベントでしか競泳を見たことがない人でも、ニュースなどで池江選手の名前を見聞きする機会はあるのではないでしょうか。

葛西紀明をモチーフにした曲が世界中で歌われる「カサイの言ったこと全てを信じるようになった」 画像
スポーツ

葛西紀明をモチーフにした曲が世界中で歌われる「カサイの言ったこと全てを信じるようになった」

45歳にして冬季五輪史上最多となる8度目の出場を果たした、ノルディックスキー・ジャンプの「レジェンド」こと葛西紀明。

マダガスカル共和国からただ1人参加した16歳の選手。彼女は、平昌オリンピックをどう感じたのだろう 画像
スポーツ

マダガスカル共和国からただ1人参加した16歳の選手。彼女は、平昌オリンピックをどう感じたのだろう

平昌オリンピックの開会式の様子をテレビで見ていた人なら、気づいたかもしれない。マダガスカル共和国から、16歳の少女が文字通り国を背負って平昌を訪れていることに。

【平昌オリンピック】アメリカのスキー女王に寄せられた誹謗中傷「お前が失敗して本当に嬉しい」…どう対応した? 画像
スポーツ

【平昌オリンピック】アメリカのスキー女王に寄せられた誹謗中傷「お前が失敗して本当に嬉しい」…どう対応した?

2010年バンクーバー冬季五輪滑降で金メダルに輝いたアメリカのスキー女王、リンゼイ・ボン選手(33)。

北島康介と藤井拓郎が語る、水泳選手の登竜門「コナミオープン」 画像
スポーツ

北島康介と藤井拓郎が語る、水泳選手の登竜門「コナミオープン」

2018年2月17~18日の間、「第34回コナミオープン水泳競技大会」が東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)にて開催された。

【THE INSIDE番外編】高校ラガーたちの“センバツ”を目指す熱き戦い 画像
オピニオン

【THE INSIDE番外編】高校ラガーたちの“センバツ”を目指す熱き戦い

あと1ヶ月余りの3月23日から、第90回選抜高校野球大会が甲子園球場で始まる。「春を呼ぶセンバツ」とも言われており、「センバツ=春」の季語ともいえるくらいのものである。

【聞いてみた】三浦知良がいま15歳なら、ブラジル以外の国を選ぶのか? 画像
スポーツ

【聞いてみた】三浦知良がいま15歳なら、ブラジル以外の国を選ぶのか?

「DAZN(ダゾーン)」のアンバサダー就任発表会が2月15日、都内で開催され、プロサッカー選手の三浦知良選手らが登壇した。

【THE INSIDE】来たるべきシーズンへ…“ジャガイモ打線”で挑む匝瑳野球部 画像
オピニオン

【THE INSIDE】来たるべきシーズンへ…“ジャガイモ打線”で挑む匝瑳野球部

シーズンイン前。寒さの厳しい季節だが、全国各地の高校野球部は来るべきシーズンへ向けて始動している。そんなチームのひとつ、千葉県立匝瑳(そうさ)高校。どこにでもあるような普通の県立高校だが少し意識が変わりつつある。そんなチームの取り組みを拾ってみた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 最後
Page 1 of 37
page top