【THE REAL】原口元気の「やんちゃ坊主」列伝…ハリルジャパンを覚醒させた、ふてぶてしさと鈍感力 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】原口元気の「やんちゃ坊主」列伝…ハリルジャパンを覚醒させた、ふてぶてしさと鈍感力

オピニオン コラム
原口元気(c)Getty Images
  • 原口元気(c)Getty Images
  • 原口元気(c)Getty Images
  • 原口元気(c)Getty Images
  • 原口元気(c)Getty Images
  • 原口元気(c)Getty Images
  • 原口元気(c)Getty Images
新天地へ旅立つときのあいさつは、えてして紋切り型の内容となることが多い。ヨーロッパに戦いの場を移すJリーガーの場合は特に、感謝の思いを伝えたい人たちを順に挙げて締めくくる。

たとえば2014年6月1日。浦和レッズからブンデスリーガのヘルタ・ベルリンへ完全移籍した原口元気が、壮行セレモニーで発した締めの言葉はこうだった。

「チームメイト、監督、スタッフ、アカデミーのスタッフ、家族、友人、恋人、そしてこの最高の浦和レッズのサポーター。本当に心から感謝しています。ありがとうございます!」

文言を注意深く読んでいくと、「ん?」と再確認したくなる単語に遭遇することがおわかりだろうか。

実際、埼玉スタジアムのピッチの中央でスポットライトを浴びる主人公を発信源として、万感の思いが伝播していった直後に、その場にいた誰もが思わずのけぞった。チームカラーのレッドに染まったスタンドが、大きくどよめいたのも無理はない。

感謝の思いを伝える一人に「恋人」が加えられたことに、公私両面で原口を弟分のように可愛がってきたDF槙野智章は苦笑いを浮かべるしかなかった。

「あれは要らないよね。結婚していれば家族と言えますけど、なかなか恋人とは言えないですよね」





↓次ページ 「究極の鈍感力」↓
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top