【THE REAL】なでしこジャパンの新星・京川舞が胸中に同居させた悔しさと二刀流への決意 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】なでしこジャパンの新星・京川舞が胸中に同居させた悔しさと二刀流への決意

オピニオン コラム

京川舞(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
  • 東アジアカップ(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
  • 京川舞(2015年8月4日)
なでしこジャパンのプライドを背負ってピッチに立ち、日の丸の威信をかけて国際試合の真剣勝負に臨み、勝利を目指して必死にプレーした結果として初めてわかることがある。

一瞬の判断ミスが失点へとつながり、地獄へと突き落とされる。国内リーグや年代別の代表戦とはまったく異なる厳しさを、21歳の京川舞(INAC神戸レオネッサ)は味わわされたはずだ。

中国・武漢で開催されている東アジアカップ。韓国女子代表と対峙した5日の第2戦は1対1のまま、4分間が表示された後半のアディショナルタイムに突入していた。

日本のペナルティーエリアの左隅でこぼれ球を拾ったFWチャン・スルギが、日本のゴールから遠ざかる方向へドリブルを始める。体勢を立て直そうとしているINAC神戸のチームメイトを、しかし、追いかける京川は必要以上にタイトにマークしてしまう。

ボールを奪ってカウンターを仕掛けられる、という予感がはたらいていたのか。チャンの背後から強引に体をねじ込もうとした瞬間に、京川は不用意にも手を使ってしまった。

すかさず鳴り響く主審のホイッスル。ゴールまで約20m。約45度の難しい位置から鮮やかに決まったMFチョン・ガウルの直接フリーキックが、なでしこの連敗と優勝の消滅を告げた。


13番・京川舞

ファウルを犯した瞬間から表情をこわばらせていた京川は、試合後にこんなコメントを残している。

「あの時間帯で他にも味方がいたので、自分が行かなくてもよかった。反省です」

チャンの対面には、MF横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)が立ちはだかろうとしていた。自陣のペナルティーエリア付近で余計なファウルを与えることなく、京川と横山とではさみ込んでチャンの自由を奪う。こうしたプレーが、あの場面におけるセオリーだった。

準優勝した女子ワールドカップから約1カ月。カナダの地で戦ったメンバーの招集を6人だけにとどめ、代表歴の少ない若手や中堅を抜擢した顔ぶれを、佐々木則夫監督は「チャレンジなでしこ」と命名。そのうえ熱いエールを送っていた。

「最低でも3分の1に、来年のリオデジャネイロ・オリンピックに関わってきてもらいたいと思う」

京川にとって、東アジアカップは実に3年5カ月ぶりとなるなでしこジャパンへの招集だった。前回は女子サッカー界の名門校、常盤木学園の卒業を目前に控えていた18歳。自他ともに認めるゴールハンターとして、ロンドン・オリンピックの前哨戦となるアルガルベカップに臨んだ。

【京川舞が胸中に同居させた悔しさと二刀流への決意 続く】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top