【THE REAL】伝説を刻み続ける48歳…キングカズが輝きを放ち、愛され続ける理由を探る 4ページ目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】伝説を刻み続ける48歳…キングカズが輝きを放ち、愛され続ける理由を探る

オピニオン コラム
三浦知良 参考画像(2013年6月9日)
  • 三浦知良 参考画像(2013年6月9日)
  • 三浦知良 参考画像(2013年6月9日)
  • 三浦知良 参考画像(2013年6月9日)
  • 三浦知良 参考画像(2012年10月24日)
  • 三浦知良 参考画像(2012年10月24日)
  • 三浦知良 参考画像(2011年9月9日)
  • 三浦知良 参考画像(2010年2月26日)
  • 三浦知良 参考画像(2005年11月13日)
長崎戦で決めたゴールには「匠の技」が凝縮されていた。味方がニアポスト付近へ折り返したボールに相手守備陣が目を奪われた一瞬の隙を突き、バックステップでマークを外した末にジャンプ一番、頭で叩き込んだ。逆を突かれた相手GKは、一歩も動くことができなかった。

■「早く50歳になりたいね」

実は十数年前に、カズに引退時期について聞いたことがある。返ってきた言葉はこうだった。

「いつかは訪れることだけど、できる限り近づけないようにしたいね」

「永遠のサッカー少年」と「4度目の年男」を絶妙なバランスで共存させる作業も、30歳を越えてから絶えずトライしてきた、現役でいられる時間を伸ばす不断の努力の一環なのだろう。

「48歳だと何だか中途半端で面倒くさいから、50歳と書いていよ。50歳のほうが皆さんも区切りがいいでしょう。早く50歳になりたいね」



三浦知良(2005年)


長崎戦後の取材エリアにおけるひとコマ。いたずら小僧のような笑顔を浮かべながら取り囲んだメディアを爆笑させた言葉は、まだまだできるという意思表示にも聞こえた。

人間である以上は誰でも老いを迎える。そうした現実から決して逃げることなく、目の前にそびえる高いハードルを乗り越えていく。その過程でサッカーを心から愛し、無我夢中で楽しんでいる姿勢が伝わってくるからこそ、カズはいままでも、そしてこれからも誰からも愛され続ける。
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top