【THE REAL】日本中を震撼させた代表初ゴール…宇佐美貴史を覚醒させたハリルホジッチ監督の言葉 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】日本中を震撼させた代表初ゴール…宇佐美貴史を覚醒させたハリルホジッチ監督の言葉

オピニオン コラム

宇佐美貴史(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史と柴崎岳(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史と柴崎岳(2015年3月31日)
  • バヒド・ハリルホジッチ監督と宇佐美貴史(2015年3月27日)
  • 本田圭佑(2015年3月31日)
いつか見た光景だった。相手のペナルティーエリア付近でこぼれ球を拾ったFW宇佐美貴史(ガンバ大阪)がドリブルの体勢に入った瞬間、後方から見ていたセンターバックの昌子源(鹿島アントラーズ)はデジャブを覚えずにはいられなかった。

ともにガンバ大阪のジュニアユースでプレーした中学時代。同じような状況から宇佐美がゴールを決めたシーンを、何度も目の当たりにしてきたからだ。

「ドリブルを見ただけで、入ったと思いました。ゴールがほしいときに取ってくれる。相変わらず天才やと思いましたよね。味方になると、こうも頼もしいんだなと」

■サッカーファンを驚愕させたスーパーゴール

3月31日に味の素スタジアムで行われた、ウズベキスタン代表との国際親善試合。日本中のサッカーファンを驚愕させたスーパーゴールが生まれたのは、相手に1点を返された直後の後半38分だった。

FW大迫勇也(ケルン)が放ったパスが相手の足に当たり、偶然にも目の前に転がってきた刹那に、宇佐美は自らの脳裏にフィニッシュまでの絵を描いていた。

「コースがパッと見えたときに、シュートまでいけると。(シュートをポストに当てた)チュニジア戦の失敗も踏まえて、今回は強めに蹴ろうという判断もあの一瞬でできていましたね」



宇佐美貴史


状況としては、宇佐美の右前方にウズベキスタンの選手が2人いた。左前方にいた1人は弧を描くように走り込み、フリーとなっていたFW川又堅碁(名古屋グランパス)に引きつけられていた。

セオリー的には、マークが薄くなっている左側へのドリブルか川又へのパスを狙う。しかし、宇佐美はあえて右側へ、2人が作る2mほどのすき間に狙いを定めてドリブルを開始した。

虚を突かれたのか。反応が遅れた2人をあざ笑うように、スピードのギアを一気に上げて抜き去る。ペナルティーエリア内に侵入したときには、目の前にはもう相手ゴールキーパーしかいない。渾身の力を込めて右足を振り抜く。強烈な弾道が左側のゴールネットに突き刺さった。

【日本中を震撼させた代表初ゴール…宇佐美貴史 続く】
《藤江直人》

編集部おすすめの記事

page top