村田諒太「前向きな答えを出したい」…WBAは再戦指令 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

村田諒太「前向きな答えを出したい」…WBAは再戦指令

スポーツ 短信
アッサン・エンダム(左) とWBA世界ミドル級王座決定戦で戦う村田諒太(2017年5月20日)
  • アッサン・エンダム(左) とWBA世界ミドル級王座決定戦で戦う村田諒太(2017年5月20日)
  • アッサン・エンダム(手前) とWBA世界ミドル級王座決定戦で戦う村田諒太(2017年5月20日)
  • WBA世界ミドル級王座決定戦、4回に村田諒太がアッサン・エンダムを追い込む(2017年5月20日)
  • WBA世界ミドル級王座決定戦、4回に村田諒太がアッサン・エンダムをダウンさせるが…(2017年5月20日)
  • WBA世界ミドル級王座決定戦、アッサン・エンダムに判定負けした村田諒太。試合後に観客席に頭を下げる(2017年5月20日)
  • WBA世界ミドル級王座決定戦、村田諒太 vs アッサン・エンダムのスコアシート(2017年5月20日)
プロボクサーの村田諒太(帝拳)が5月26日、判定負けで終わった20日のWBA世界ミドル級王座決定戦について自身の公式Facebookページでコメントを発表した。

「この度、世間をお騒がせしており、またご心配いただいているにも関わらず、明確な答えを出せていないことを、お詫び申し上げます。
またWBAの裁定に関しては、世間の声に素早く反応いただいたことに感謝申し上げます。
私、個人としては、判定結果に対する私情はなく、この試合を組んでいただけたことに対する感謝、そして、明確な形で決着をつけられなかったことを申し訳なく思うばかりです。
今後に関しましては、現在、帝拳ジムと話し合いをしている最中です。
ただ、幸いなことに、試合における大きなダメージもなく、ボクシングに対する情熱も失われておりませんので、この再戦指示も今後を考える重要な材料の一つとしてとらえ、前向きな答えを出したいと思っています。村田諒太」


(以上、コメント全文)


20日の試合でアッサン・エンダム(フランス)と対戦した村田。4回にダウンを奪ったが、最終的に手数の少なさが響き1-2(117-110、111-116、112-115)で判定負けを喫した。しかし、試合直後からSNSで判定に対する疑問の声が浮上し、ついにはWBAのヒルベルト・メンドサJr会長がツイッターで判定について謝罪するに至った。会長も自ら採点をやり直し、117-110で村田の勝ちとした上で「DIRECT REMATCH」と再戦の指令を出していた。


また、WBAも25日、村田-エンダム戦のジャッジ2名に対して6カ月の資格停止処分を発表した。村田を負けとする判定を下したパナマのグスタボ・パディージャ(111-115と判定)とカナダのヒューバート・アール(112-115と判定)に異例の判断が下されている。

村田は試合翌日の21日にエンダムとのツーショット写真をFacebookに投稿しており、「大切なことは、2人がベストを尽くしたこと、日本に来てくれて感謝していると伝えました」と気持ちを記していた。

《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top