【THE REAL】宇佐美貴史と昌子源…ナビスコカップ決勝の大舞台でまじわる、宿命に導かれた直接対決 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】宇佐美貴史と昌子源…ナビスコカップ決勝の大舞台でまじわる、宿命に導かれた直接対決

オピニオン コラム
宇佐美貴史(左)と昌子源
  • 宇佐美貴史(左)と昌子源
  • 宇佐美貴史 参考画像(2015年3月31日)
  • 昌子源 参考画像(2015年3月31日)
  • 昌子源 参考画像(2015年3月31日)
  • 昌子源 参考画像(2015年5月5日)
  • 宇佐美貴史 参考画像(2015年3月31日)
  • 宇佐美貴史 参考画像(2015年5月6日)
  • 宇佐美貴史 参考画像(2015年10月13日)
大会最多の6度目の戴冠か。あるいは、史上4チーム目の大会連覇か。鹿島アントラーズとガンバ大阪が対峙するナビスコカップ決勝は10月31日午後1時5分、埼玉スタジアムでキックオフを迎える。

東西の横綱に位置づけられる両雄が決勝の舞台で顔を合わせるのは、23回目にして初めてとなる。そして、運命に導かれたかのように、1992年生まれのふたりがチームをけん引する立場で火花を散らす。

■ガンバのジュニアユースが最初の舞台

アントラーズの最終ラインを束ねる昌子源と、ガンバの攻撃陣の中心に君臨する宇佐美貴史が初めてお互いを認識したのは2005年の春。関西エリアの優秀な子どもたちが集う、ガンバのジュニアユースが舞台だった。


宇佐美貴史



昌子源

ポジションはともにフォワード。地元のフレスカ神戸でプレーしていた小学生時代から、京都にとんでもない怪童がいると昌子は噂に聞いていた。

実際にそのプレーを目の当たりすると、長岡京SSからやってきた宇佐美が別次元にいるように映った。

「一生かなわんと思った」

多感な年ごろに味わわされた衝撃と挫折はやがて、サッカーに対する情熱を失わせる一因をなす。ひざのケガも相まって2年次で練習を休みがちになった昌子は、3年次になるとチームを退団してしまう。

宇佐美はそのとき、飛び級でガンバのユースへ昇格。高校生のなかで堂々とレギュラーを獲得していた。悶々とした時間をすごしていた昌子にあるとき、サッカーの指導者を務める父親の力さんが声をかける。

「米子北という高校があるんだけど、行ってみるか」

指導者のつながりで親交のあった、米子北高校の中村真吾コーチから昌子の進路を心配されていたこともあり、力さんはサッカー人生をリセットする意味も込めて息子に県外の高校をすすめた。

【ナビスコカップ決勝の大舞台でまじわる、宿命に導かれた直接対決 続く】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top