サンフレッチェ広島、ACL初戦はホームで痛恨の逆転負け | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サンフレッチェ広島、ACL初戦はホームで痛恨の逆転負け

スポーツ 短信

AFCチャンピオンズリーグ、サンフレッチェ広島対山東魯能 参考画像(2016年2月23日)
  • AFCチャンピオンズリーグ、サンフレッチェ広島対山東魯能 参考画像(2016年2月23日)
  • 清水航平 参考画像(2016年2月23日)
サンフレッチェ広島は2月23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ第1節で山東魯能(中国)と対戦した。ホームで先制した広島だったが、後半20分過ぎから立て続けに失点し1-2の逆転負けを喫した。

序盤から試合の主導権を握ったのは広島。柏好文が右サイドからチャンスを演出する。しかし、決定機と呼べるほどの場面は作れず、前半45分に迎えた浅野拓磨とGKの1対1も決まらなかった。

それでも試合は広島ペース。後半も序盤から主導権を握り、ゴールへの圧力を強めていく。そして後半19分、塩谷司が右サイドからクロスを上げると、中で皆川佑介が競り合ってボールは後ろへ流れる。これを胸で落とした清水航平がボレーシュート。

豪快なゴールで先制した広島にサポーターからは、「清水のゴラッソで先制!」「航平のゴラッソだ!」「清水ゴラッソ決めた」「すべての拙攻を無に帰すゴラッソ」など、スペイン語で『素晴らしいゴール』を意味する「ゴラッソ」という言葉が贈られた。

これで流れは一気に広島ペースかと思われた。だが直後の同22分、左CKからニアで相手FWに合わされ失点。すぐさま追いつかれてしまう。さらに同33分、ウー・シンハンにドリブルでエリア内に侵入されると、最後はジエゴ・タルデリに逆転ゴールを決められ敗れた。

ホームで先制しながら初戦を落とした広島に、「なぜかACLでは勝てないね」「サンフレッチェですらACLで勝てないか」「サンフレッチェでもダメなら、今年もJリーグ勢は厳しそうだな」と落胆の声が多い。

試合終盤に昨年12月のクラブワールドカップ以来、右ヒザ内側側副靭帯を損傷し離脱していた野津田岳人が出場、終了間際にCKから決定的なチャンスを作るなど明るい材料もある広島。次節は3月1日、アウェーでのFCソウル戦になるが、今回の敗戦を糧に巻き返すことはできるか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top