FC東京、4年ぶりACL本戦を決める…9得点で圧勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FC東京、4年ぶりACL本戦を決める…9得点で圧勝

スポーツ 短信

サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
2月9日にアジアチャンピオンズリーグ(ACL)本戦出場をかけたプレーオフが行われ、FC東京はタイのチョンブリと対戦し9-0で勝利した。

序盤からよく動けていたFC東京は前半6分、相手のオウンゴールで先制すると間を置かず新加入の阿部拓馬が追加点。その後も水沼宏太、駒野友一らが起点となり、前半から大量リードを奪う。

後半に入っても東京の勢いは衰えず、最後はアディショナルタイムに河野広貴がPKを決め、クラブ史上最多の9得点で圧勝した。

4年ぶりのACL本戦出場を決めたFC東京に、「今年はJリーグ勢でACL制覇しましょう」「この勢いでチャンピオンだ」「シーズン開幕に向けて最高のスタート切ったな」「今年のFC東京はかなり上位に食い込めそう」など、今シーズンは期待できるとの声が多い。

試合後にFC東京の城福浩監督は、「結果的には多くの点が入ったが、我々にとっては決して簡単な試合ではなかった。短期間でみんながベストな準備をしてくれた結果だと思う。我々が目指すところ、志は見せられた」とコメントしている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top