【THE REAL】湘南ベルマーレがJ1残留を成就させた舞台裏…曹貴裁監督と選手たちを結ぶ熱い絆 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】湘南ベルマーレがJ1残留を成就させた舞台裏…曹貴裁監督と選手たちを結ぶ熱い絆

オピニオン コラム
湘南ベルマーレ
  • 湘南ベルマーレ
  • 曹貴裁監督 湘南ベルマーレ公式サイトよりスクリーンショット
  • 曹貴裁監督 湘南ベルマーレ公式サイトよりスクリーンショット
今シーズンの始動を間近に控えた1月のある日。湘南ベルマーレのMF古林将太のスマートフォンが、おもむろに鳴った。電話をかけてきたのは曹貴裁監督だった。

「副キャプテンをやってくれと言われて。もちろん、わかりましたと伝えました」

小学生年代のジュニアから一貫してベルマーレで育った古林は、2010年シーズンにトップチームへ昇格。ザスパ草津での武者修行から復帰した2012年シーズンからは右ワイドを主戦場として、前への突破力と右足から放たれる鋭いクロスで「湘南スタイル」に不可欠の存在となった。

6シーズン目の24歳。ベテランの坪井慶介、ホープの遠藤航の両DFとともに、キャプテンのMF永木亮太をサポートする副キャプテンを任せるには適齢期でもあった。

しかし、一方で問題も抱えていた。昨年2月の練習で前十字じん帯を断裂して、全治7ヶ月の大けがを負った右ひざだ。

シーズンの終了間際に復帰したが、試合勘を含めて、万全とは言い難かった。古林に限らず、前十字じん帯を痛めた場合、完全復帰までは時間がかかることが多かった。

そうした事情を承知の上で、曹監督は古林に副キャプテンを託した。というよりも、けがからの復帰へ苦闘を意義なくされるからこそ、副キャプテンという肩書が必要だった。

なぜなのか。曹監督からこんな言葉を聞いたことがある。

「復調するのに時間がかかり、チームに関われない時間が続いたときに、副キャプテンという肩書がコバショウ(古林)をつなぎ止めるのではないかと」

浦和レッズをホームに迎えた3月7日のファーストステージ開幕戦こそ先発フル出場した古林だったが、案の定、その後は途中出場もしくはリザーブのまま試合を終える状況が続く。

覚悟はしていたが、なかなか上向いてこない体と心が乖離しかけたたこともある。

【次ページ 古林、セカンドステージ復調でチーム加速】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top