【THE REAL】なでしこジャパンの次世代エース・岩渕真奈が見すえる未来…澤穂希の呪縛との決別 4ページ目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】なでしこジャパンの次世代エース・岩渕真奈が見すえる未来…澤穂希の呪縛との決別

オピニオン コラム
岩渕真奈(2015年6月27日)
  • 岩渕真奈(2015年6月27日)
  • 日本対オーストラリア(2015年6月27日)
  • 日本対オーストラリア(2015年6月27日)
  • 日本対オーストラリア(2015年6月27日)
  • 日本対オーストラリア(2015年6月27日)
  • 日本対オーストラリア(2015年6月27日)
  • 日本対オーストラリア(2015年6月27日)
  • なでしこジャパン(2015年6月27日)
カナダでの日々を通じて芽生えた自覚が、前出の「引っ張っていける存在になりたい」に凝縮されている。

「最低限やらなきゃいけないことは、このなでしこのブームをいまがピークにしたくないと個人的には思っています。来年にはリオ(オリンピック)もあるし、その先もありますけど、やはり2020年には東京オリンピックという舞台があるので。そこへ向けてと言ったら先すぎると思われるかもしれないけど、それでもそういう先を見すえてしっかりとやっていきたい」

5年という歳月をかけて、澤穂希という呪縛に別れを告げた2015年の夏。岩渕は27歳で迎える、出身地の東京で開催されるスポーツ界最大の祭典に精悍な表情でターゲットを定めた。

■もっともっとやらなきゃいけないことがある

「普段はドイツでプレーしていて、速さも強さも日本人とは違うなと思ってきました。パスのスピードひとつを取ってもそうですし、シュート力もそう。アメリカはセットプレーがホントに強かったけど、日本人のよさも絶対にある。小さなパスなどをとったら多分なでしこが一番上手いと思いますけど、それでも勝てないのがサッカー。それ以外のところで、もっともっとやらなきゃいけないことがある」


澤穂希(左)と岩渕真奈

カナダの地から帰国した日は、年に一度の七夕だった。もしも目の前に短冊を用意されたら、岩渕は何を書き込んでいたのか。それは個人的に掲げたレベルアップへのテーマからはっきりと伝わってくる。

「もっとドリブル突破ができる選手になりたいのと、あとはひとりでもフィニッシュにもち込める選手になりたいなと思います」

連覇の夢を断たれたショックを必死にモチベーションへ変えようとしている小さなエースへ、男女を通じて史上初の6大会連続ワールドカップ出場を果たした澤も笑顔でなでしこの未来を託した。

「これから日本代表を背負っていってほしい」

ブンデスリーガ覇者バイエルン・ミュンヘンでの2シーズン目、ブンデスリーガでは通算して4シーズン目となる挑戦へ。帰国から一夜明けた8日から充電を兼ねた休養に入った岩渕は、7月下旬にドイツへと飛び立つ予定だ。
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top