【速報】新城がブラバンソンヌ残り500mでアタックも優勝を逃す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【速報】新城がブラバンソンヌ残り500mでアタックも優勝を逃す

スポーツ 選手

【速報】新城がブラバンソンヌ残り500mでアタックも優勝を逃す
  • 【速報】新城がブラバンソンヌ残り500mでアタックも優勝を逃す
フレッシュ・ブラバンソンヌが4月16日にベルギーで開催され、ヨーロッパカーの新城幸也がゴール500m手前でアタック。ロングスパートをかけたが簡単には逃がしてはもらえず、飲み込まれながらゴールスプリントになり、12位でレースを終えた。

レースは逃げグループができては吸収されるという激しい展開で進んだ。ヨーロッパカーは本来8人出走のこのレースに6人と不利な状況で参加していたが、逃げには必ずチームメイトが入り、選手たちはそれぞれの役割を果たしていく。ペースはグングンと上がり、選手たちはふるい落とされていく。


そんな中、ゴールスプリントを託された新城は、少人数に絞られた集団から残り500mでアタック。しかし執拗な追撃に遭って飲み込まれた。

「正直疲れが残っていて、フレッシュな状態でゴールスプリントに臨める感覚ではなかった。でも、上りもよく走れていたし、調子が悪いわけではなかったので、あの位置にいて今しかないっと思った瞬間にかけてみた。アタックしたくてうずうずしていたし(笑)」と新城。
「もし普通にスプリントしていたら、もっと上位の可能性はあったかもしれないけど、今の脚ではあれが最善だったと思う」

17日のグランプリ・ドゥナンは、エースとなるブライアン・コカのスプリントのために走る。20日には昨年24位だったアムステルゴールドレースがあり、それまでには疲れを抜いて、万全の状態で走りたいという。さらに27日にはリエージュ~バストーニュ~リェージュとメジャーレースが続く。
《》

編集部おすすめの記事

page top