グアムマラソン2018、優勝は男女ともに日本人ランナー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

グアムマラソン2018、優勝は男女ともに日本人ランナー

スポーツ 短信
「ユナイテッド・グアムマラソン2018」が4月8日(日)に開催され、フルマラソン男子の部、女子の部で日本人ランナーが優勝した。

大会には世界15カ国から、約4千名のランナーが参加。現地時間午前3時、気温25度、曇りというやや涼しい風が吹く中、レースがスタートした。この日は、途中幾度となく雨に見舞われたが、やがてグアムならではの強い太陽が顔を出した。

フルマラソン男子の部を制したのは、日本人ランナーの五郎谷俊さんでタイムは2時間32分14秒。五郎谷さんは、昨年のハーフマラソンでも優勝している。女子の部は、2時間47分31秒で澤畠朋美さんが優勝。2位に12分以上の差をつけ、女子のコースレコードを記録した。

ハーフマラソンは、地元グアムのライアン・マティエンゾさんが1時間19分09秒で優勝。10kmランは岡本渉さんが34分29秒で、5kmランは荒瀬健太さんが16分47秒で制した。

大会には、アンバサダーの高橋尚子さんも参加。マラソンのスターターを務めたあと、コース上でランナーとハイタッチを交わしたり、ゴール手前でランナーを出迎え、手をつないでゴールするなど大会を盛り上げた。

次回の「ユナイテッド・グアムマラソン 2019」は、2019年4月14日(日)に開催される。早期申し込みは、2018年4月18日(水)より開始予定だ。

■各部門優勝者
●フルマラソン
・男子の部:五郎谷俊(日本)2時間32分14秒
・女子の部:澤畠朋美(日本)2時間47分31秒
●ハーフマラソン
・男子の部:RYAN MATIENZO(グアム)1時間19分09秒
・女子の部:MANAMI IIJIMA(グアム)1時間25分25秒
●10kmラン
・男子の部:岡本渉(日本)34分29秒
・女子の部:明石伊央(日本)40分48秒
●5kmラン
・男子の部:荒瀬健太(日本)16分47秒
・女子の部:属美緒(日本)21分12秒
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 去就注目の長友佑都に監督は「クラブと話し合う必要がある」

    去就注目の長友佑都に監督は「クラブと話し合う必要がある」

  2. 長谷部誠、佐藤ありさ&桐谷美玲と幸せ3ショットに反響「顔の大きさ違いすぎる」

    長谷部誠、佐藤ありさ&桐谷美玲と幸せ3ショットに反響「顔の大きさ違いすぎる」

  3. 本田真凜、メドベージェワと“浴衣2ショット”に反響「なんて艶やか!」

    本田真凜、メドベージェワと“浴衣2ショット”に反響「なんて艶やか!」

  4. ランビエールも登場!世界選手権のオープニングセレモニーがレジェンド揃いですごい

  5. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  6. 6歳の天才少女ゴルファーの集中力が常軌を逸している「トイレに行くのも忘れておしっこを漏らす」

  7. 【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

  8. イチローの”元恋人”、本人からもらったグッズをもし売ったら1020万円!?

  9. 夏の高校野球で起きた、珍記録5選

  10. 本田真凜の“デートなうに使っていいよ”…伊藤美誠、彼氏の手を繋ぐ彼女風ショット披露

アクセスランキングをもっと見る

page top