グアムマラソン2018、優勝は男女ともに日本人ランナー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

グアムマラソン2018、優勝は男女ともに日本人ランナー

スポーツ 短信
「ユナイテッド・グアムマラソン2018」が4月8日(日)に開催され、フルマラソン男子の部、女子の部で日本人ランナーが優勝した。

大会には世界15カ国から、約4千名のランナーが参加。現地時間午前3時、気温25度、曇りというやや涼しい風が吹く中、レースがスタートした。この日は、途中幾度となく雨に見舞われたが、やがてグアムならではの強い太陽が顔を出した。

フルマラソン男子の部を制したのは、日本人ランナーの五郎谷俊さんでタイムは2時間32分14秒。五郎谷さんは、昨年のハーフマラソンでも優勝している。女子の部は、2時間47分31秒で澤畠朋美さんが優勝。2位に12分以上の差をつけ、女子のコースレコードを記録した。

ハーフマラソンは、地元グアムのライアン・マティエンゾさんが1時間19分09秒で優勝。10kmランは岡本渉さんが34分29秒で、5kmランは荒瀬健太さんが16分47秒で制した。

大会には、アンバサダーの高橋尚子さんも参加。マラソンのスターターを務めたあと、コース上でランナーとハイタッチを交わしたり、ゴール手前でランナーを出迎え、手をつないでゴールするなど大会を盛り上げた。

次回の「ユナイテッド・グアムマラソン 2019」は、2019年4月14日(日)に開催される。早期申し込みは、2018年4月18日(水)より開始予定だ。

■各部門優勝者
●フルマラソン
・男子の部:五郎谷俊(日本)2時間32分14秒
・女子の部:澤畠朋美(日本)2時間47分31秒
●ハーフマラソン
・男子の部:RYAN MATIENZO(グアム)1時間19分09秒
・女子の部:MANAMI IIJIMA(グアム)1時間25分25秒
●10kmラン
・男子の部:岡本渉(日本)34分29秒
・女子の部:明石伊央(日本)40分48秒
●5kmラン
・男子の部:荒瀬健太(日本)16分47秒
・女子の部:属美緒(日本)21分12秒
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 【やってみた】走る、投げる、瞬発力…あらゆる動作が求められるアルティメットに挑戦

    【やってみた】走る、投げる、瞬発力…あらゆる動作が求められるアルティメットに挑戦

  2. 【MLB】“大谷翔平 vs. 太陽” ロサンゼルスの日差しとも戦う大谷の観戦ツアーを射止めろ

    【MLB】“大谷翔平 vs. 太陽” ロサンゼルスの日差しとも戦う大谷の観戦ツアーを射止めろ

  3. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

    クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  4. ネイマール、「ウイイレ」と「FIFA」最新作での能力を調べてみた

  5. 大谷翔平、19者連続斬り&7回12Kで全米に衝撃!米紙「悪魔のようなスプリット」

  6. 【MLB】大谷翔平は「ヒリヒリする9月」を迎えるか 公式サイトが「希望に満ちた」球団にエンゼルスを指名

  7. 【MLB】シカゴ・カブス浮上の鍵は侍ジャパン鈴木誠也 公式サイトが「ベターな選択肢」とチームのキーマンに指名

  8. 冬スポーツの消費カロリーがすごい!…スキーやスケートはランニング以上のダイエット効果

  9. 西武・牧田和久、あえて小さめグラブを使う理由

  10. 【ツール・ド・フランス14】悔し涙のジャック・バウアー「すごく近かったけど、すごく遠かった」

アクセスランキングをもっと見る

page top