グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝

イベント スポーツ
グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
  • グアム ココハーフマラソン、男女ともに日本人が優勝
グアム政府観光局主催の「グアム ココハーフマラソン 2017」が10月29日(日)に開催され、男女ともに日本人が優勝した。

大会には、日本人195名含む2,005名がエントリー。21.0975kmのハーフマラソン、10kmラン/ウォークに加え、誰でも気軽に参加できる5kmラン/ウォークが開催され、参加者たちは南国のリゾートマラソンを駆け抜けた。

ハーフマラソン男子総合は、海外レースで走るのは今回が初めてという学習院大学・陸上競技部の藤村章太さんが1:11:40で優勝。藤村さんは、「後半は海風がつよくて大変でしたが、沿道の応援が明るくて楽しく走れました」とコメントした。女子総合は、奈良県から初めて参加した吉川俊子さんが1:27:24で優勝した。

また招待選手として、ココハーフマラソンの姉妹レースである「佐渡トキマラソン」「日刊スポーツ 豊平川マラソン」から優勝者が招かれ、ハーフマラソンに参加。豊平川マラソンの川村綾さんは1:48:00で女子総合7位、佐渡市の土井里江子さんは1:52:04でハーフマラソン女子総合8位と健闘した。

■入賞記録
●ハーフマラソン男子総合
・1位 1:11:40 藤村章太(東京都)
・2位 1:12:54 上田泰輔(愛知県)
・3位 1:17:06 曲直瀬生(東京都)
●ハーフマラソン女子総合
・1位 1:27:24 吉川俊子(奈良県)
・2位 1:34:13 Laura Nadeau(グアム)
・3位 1:42:18 Kristina Ingvarsson(グアム)
●10km男子総合
・1位 35:39 関口比佐男(群馬県)
・2位 40:44 Derek Mandell(グアム)
・3位 44:30 上田敬一(愛知県)
●10km女子総合
・1位 41:42 Sunok Hwang (韓国)
・2位 43:46 ユミコ ハンセン(大阪府)
・3位 46:32 Kate Guerrero(グアム)
●5km男子総合
・1位 17:28 Isaac Ventura(グアム)
・2位 17:44 冨樫健太(北海道)
・3位 18:18 Joshua Illustre(グアム)
●5km女子総合
・1位 20:55 Genina Criss(グアム)
・2位 24:15 Caroline Castillo(グアム)
・3位 24:17 Rowena Vega-Castro(グアム)
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top