【THE REAL】正念場で響くベテラン佐藤勇人の金言…名門ジェフ千葉をもう一度J1の舞台へ導くために | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】正念場で響くベテラン佐藤勇人の金言…名門ジェフ千葉をもう一度J1の舞台へ導くために

オピニオン コラム
佐藤勇人 ジェフユナイテッド千葉HPより
  • 佐藤勇人 ジェフユナイテッド千葉HPより
  • 佐藤勇人 ジェフユナイテッド千葉HPより
7シーズンで8人目。アマチュアだった日本リーグの名門として君臨した前身の古河電工時代を含めて、初めて2部リーグに降格した2010シーズン以降でジェフユナイテッド千葉を率いた監督の数だ。

1試合だけ指揮を執った斉藤和夫監督代行を含めたものだが、指揮官が代われば、戦術や理念を含めたチームへのアプローチもその都度変わる。シーズンを上回る監督数は、それだけジェフが迷走してきたことを物語る。

そして、指揮官交代は今シーズンも繰り返された。2014年7月から指揮を執ってきた、ロンドン五輪代表監督の関塚隆氏が7月25日をもって解任。長谷部茂利ヘッドコーチが昇格した。

もっとも、監督職こそ解かれたものの、関塚氏自身とジェフ側との契約は残っている。ゆえに、トップチームを初めて率いる45歳の長谷部氏の肩書は「監督代行」となっている。

どこか釈然としない状況で迎えた、新体制における出直しの一戦。7月31日に敵地ニッパツ三ツ沢球技場で行われた横浜FC戦で、ジェフは1‐2の逆転負けを喫した。

前半16分にセットプレーからFW船山貴之の2試合連続ゴールで先制。幸先のいいスタートを切ったが、同28分に不運なPKを与えて追いつかれ、10分後にはボランチ・佐藤謙介に逆転ゴールを許した。

左サイドを駆けあがってきたMF野崎陽介が、クサビのパスを左タッチライン際へダイレクトで落とす。このとき、ボールを受けた190cmの巨漢FWイパへのプレッシャーは極めて緩かった。

至近距離にいたMF長澤和樹は、イパの背後を攻めあがってきた左サイドバック・田所諒に気を取られてしまった。右サイドバック・丹羽竜平も一瞬だけ田所の動きにつられ、イパとの間合い詰めきれない。

自由を与えられたイパは、キープしながら佐藤が駆けあがってくる時間を稼ぐ。ゴール前を向き、利き足の左足から送ったパスが通った瞬間、佐藤をマークするジェフの選手は誰一人としていなかった。

慌ててポジションをさげてイパから佐藤へのパスコースに右足を伸ばすも、わずかに届かなかったボランチの山本真希が失点シーンを振り返る。

「サイドで上手く起点を作られたけど、こっちも人数がそろっていたので、そこでボールを取り切らなければいけなかった」

《次ページ チーム最年長の34歳、ボランチ・佐藤勇人》
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top