【THE REAL】川崎フロンターレで輝きを放つ小さな将軍…大島僚太が手倉森ジャパンにもたらす新たな武器 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】川崎フロンターレで輝きを放つ小さな将軍…大島僚太が手倉森ジャパンにもたらす新たな武器

トラップに“意思”が込められていた。ホームの等々力陸上競技場にアルビレックス新潟を迎えた、13日のセカンドステージ第3節。川崎フロンターレのMF大島僚太がひときわ大きな輝きを放ったのは、1点をリードされた前半38分だった。

オピニオン コラム
大島僚太
  • 大島僚太
  • 大島僚太
  • 大島僚太
  • 大島僚太
トラップに“意思”が込められていた。ホームの等々力陸上競技場にアルビレックス新潟を迎えた、13日のセカンドステージ第3節。川崎フロンターレのMF大島僚太がひときわ大きな輝きを放ったのは、1点をリードされた前半38分だった。

◆うまいけど、物足りない

左サイドを攻め上がってきたDF車屋紳太郎が、ペナルティーエリア内の左隅で前方をDF松原健とMF野津田岳人にさえぎられる。援護しようと車屋に近づいていった大島は、すでに次のプレーを決めていた。

「シン(車屋)がボールをもったときに、(自分が)シュートを打つつもりでサポートにいきました」

車屋がさげたパスをトラップする。この時点でボールを右足で蹴れる場所に置き、体の向きを相手ゴールのある右斜め前方に向けていた。距離にして約25メートル。大島に迷いはなかった。

「ボールをもってからは、中のことは見ていませんでした。しっかりとシュートを打つことだけに集中していたので、自分でもびっくりしました。隅のほうへ飛んでいったので、多分、相手のキーパーは捕れないかなと。蹴ったときの感触もよかったので、入ると思いました」

強烈な弾道がペナルティーエリア内の空間を一直線に切り裂いていく。到達点はゴール右隅の一番上。アルビレックスのGK守田達弥が必死にダイブして、懸命に右手を伸ばしてもまったく届かない。

大島を思わず自画自賛させた、豪快にして華麗な同点ゴール。右足首を痛めて、スタンドでの観戦を余儀なくされていたMF中村憲剛が試合後に声を弾ませた。

「点を取ったらアイツはいいよ。点に絡めるようになったら、アイツはすごいことになっていく。アイツはあまり欲がないというか、表に出さないタイプだから」

ボランチで長くコンビを組んできたキャプテンの言葉が、フロンターレにおける大島の存在感を物語っている。テクニックは誰よりも長けている。パスもドリブルも上手い。それでも、物足りなさを感じさせる。

たとえばゴール数。静岡学園高から加入して2年目の2012シーズンに3ゴールをあげているが、翌シーズンから3年連続で無得点。ポジションを不動のものとしながら、大島自身ももどかしさを覚えていた。

「前線の選手に絡んでいく部分でいえば、もう少しゴールやアシストは欲しいし、味方のゴールに直結するプレーを増やさなきゃいけないと思っている」

《次ページ ターニングポイント》
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top