“一体型”VRゴーグル「IDEALENS K2」を体験! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

“一体型”VRゴーグル「IDEALENS K2」を体験!

新着 技術

一体型VRギア「IDEALENS K2」
  • 一体型VRギア「IDEALENS K2」
  • プロトタイプを発表会で披露した
  • 本体を装着したところ
  • 背面にバッテリーパックやSDカードスロット、イヤホン端子などを搭載している
  • 本体の側面にタッチパッドタイプのコントローラーを配置した
  • アイデアレンズのソン氏
  • サムスンのプロセッサーチップを採用
  • コンテンツプラットフォームも用意される予定
 VRに関連するハード・ソフト製品を展開する中国のブランド「IDEALENS(アイデアレンズ)」が動画プレーヤーと通信機能を一体化した“オールインワン”のVRヘッドマウントディスプレイ「IDEALENS K2」を発表した。

 都内では15日、開発中の「IDEALENS K2」をメディアに披露する発表会が催された。日本、中国を含むアメリカ、カナダ、オーストラリアで今秋の発売を予定している。日本国内での販売形態についてはまだ決まっていない。

 中国の成都市に本拠地を構えるIDEALENSは、昨年夏に中国市場向けに初代モデルの「IDEALENS K1」を限定販売。好評を受けて次世代機を開発し、今年初にラスベガスで開催された家電ショーの「CES」などの機会に「IDEALENS K2」のプロトタイプを展示し勢いづいている。大きな特徴は「Oculus Rift」や「HTC VIVE」、「PlayStation VR」のようにVRコンテンツを楽しむために別途PCやゲームコンソールを必要とせず、本体だけで360度周囲を取り囲むVRコンテンツが楽しめるところだ。ちょうどサムソンのGearVRにGalaxy Sシリーズのスマホを装着して一体化してしまったような製品だ。

 気になるそのスペックだが、ディスプレイには先行する“3大”VRヘッドマウントディスプレイと同じ有機ELを採用。解像度は両目で2,160×1080画素、画面描画のリフレッシュレートは90Hz、表示遅延は17msまで追い込んでいるという。データだけ見ればライバルに見劣りはしないのだが、本会場で視聴できたプロトタイプの画作りはまだまだというのが正直な感想だ。

 ジェットコースターに乗った状態での視点を疑似体験できるコンテンツを視聴したが、映像にがたつきが散見され、CGで描画されたグラフィックスの輪郭が暴れてしまう。視野角は120度と、ライバルよりも若干広めに設計されているが、頭に装着した時にゴーグルの下側に隙間ができてしまうので、VR映像の世界に没入できない。もっとも発表会場のあわただしい現場で記者が入れ替わりながら順番に“まわし見”しているので、落ち着いてフィッティングすれば見え方は改善すると思う。

 装着方法については、フロント側は目の周囲を覆うゴーグルで固定。額の上から伸びるフレームがバッテリーパックなどを格納するリア側の本体につながっていて、頭部を前後でサンドイッチして被るスタイルになる。ゴーグルの内側は広めにスペースが取られているので、メガネを着用したままでも身に着けられた。フレームが柔軟な素材でできているので締め付けはきつくないが、頭の側部を支えるバンドのようなものが特にないので、コンテンツを見ながら頭を左右に降ったりすると多少ぐらつく感じがある。

 なお質量は295gと軽量。本体の操作は側面に設けられたタッチパッド式のコントローラーや、ホーム、音量ボタンで行う。ボタンのクリック感が固く、操作した後で画面のレスポンスにも若干遅延が発生する。Bluetooth機能が内蔵されているので、より操作精度の高い外付けゲームコントローラーなども使えるようになるのを期待したい。

 記者会見にはアイデアレンズ社のCEOであるソン・ハイタオ氏が出席して、新製品のコンセプトや既に開発がスタートしている“次世代モデル”や360度撮影に対応するVRカメラの構想などを語った。

 まずはじめに「IDEALENS K2」が他のVRヘッドマウントディスプレイに無い魅力をソン氏は語った。最も大事なのは「一体型」であることだという。本体には32GBの内蔵メモリーやmicroSDカードスロットが設けられている。ユーザーはWi-Fi経由で同社がオープンを予定しているIDEALENS専用のコンテンツストアからゲームや動画をダウンロードして、本体に内蔵するメディアプレーヤー機能を使ってスタンドアロンで楽しめるのがウリだ。内蔵するCPUはサムスンのExynos 7420。選択の理由について「パフォーマンスと省電力性能を重視したため」とソン氏は説明する。

 プラットフォームはAndroid OSをベースに独自にカスタマイズした「IDEAL OS」。今後オープンを予定するコンテンツストアでは「100万時間以上のビデオコンテンツ、100タイトルを超えるゲームをユーザーに届ける。SDKも公開するので、BtoBの方向にもVRの新しい可能性を開拓していけるだろう」とソン氏はコンテンツの拡充に不安がないことを強調した。

 なお、コンテンツは本体にダウンロードするものや、ストリーミングで楽しむものも揃うようだ。自宅ではWi-Fiでインターネットにつなぎ、屋外でもさまざまな場所に出かけてVRコンテンツが楽しめるよう4G LTE対応のオプションを設けることも検討されているという。

 販売価格については記者会見では明らかにされず、「来月北京で開催するローンチイベントで発表したい」と述べるにとどまった。ただ価格レンジとしては「HTC VIVEやOculus Rift、PS VRを“ハイエンド”として、GearVRを“ミッドレンジ”に位置づけるなら、それぞれのちょうど真ん中ぐらいの“アッパーミッドレンジ”に立ち位置を見つけたい」とソン氏は語る。

 現在開発中のIDEALENS K2はVRコンテンツ視聴中の視野角が120度をカバーしているが、近い将来にはこれを180度まで向上させた製品を開発中だという。記者会見の壇上では「IDEALENS K3」という次世代機のプロジェクトが動いていることも明らかになった。また 360度全天球を撮影できるVRカメラや、グーグルが開発を進める「Project Tango」も注目を浴びる「AR(拡張現実)」のコンテンツに対応する「ARグラス」の開発も並行して進められているようだ。これらのプロジェクトについても「数か月以内に詳しい内容を発表したい」とソン氏は語っている。

 先述した通り、IDEALENS K2は日本を含めて、まだ世界各国でどのように販売、サービスが提供されるのかは明らかになっていないが、記者説明会には同社のビジネスパートナーとして挙手しているクリーク・アンド・リバーが出席。代表取締役社長の井川幸広氏は「映像・Web業界で多くのコンテンツを制作し、クリエイターのネットワークを広げてきた当社は、今後盛り上がりが期待されるVRも積極的にサポートしていきたい」とし、アイデアレンズ社との連携にも力を入れていく姿勢を示した。

PCやスマホ不要の“一体型”VRゴーグル、「IDEALENS K2」を体験した

《山本 敦@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top