【THE REAL】鹿島アントラーズ・カイオが日本代表入りを熱望する理由…日本への感謝の想いを込めて | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】鹿島アントラーズ・カイオが日本代表入りを熱望する理由…日本への感謝の想いを込めて

オピニオン コラム
鹿島アントラーズのカイオ 参考画像(2015年4月7日)
  • 鹿島アントラーズのカイオ 参考画像(2015年4月7日)
  • 鹿島アントラーズのカイオ 参考画像(2015年4月7日)
  • 鹿島アントラーズのカイオ 参考画像(2015年4月7日)
  • 鹿島アントラーズのカイオ 参考画像(2015年3月4日)
左右を綺麗に刈り取り、中央部分だけが残る髪の毛にたっぷりとジェルを塗って固める。シーズンを戦いながら仕立ててきたモヒカンを、パリッと際立たせてからキックオフの笛を待つ。

鹿島アントラーズのMFカイオが試合前に必ず行う髪型のセット。おそらくは国民的な流行となったラグビー日本代表・五郎丸歩の「ポーズ」に通じる、集中力を高めるためのルーティンなのだろう。

ウルトラセブンのアイスラッガーをほうふつとさせる、巨大なモヒカンに込めた想いを聞いてみる。はにかむような笑顔とともに、母国ブラジルの英雄の名前が返ってきた。

「ネイマール、です」


カイオ

クライマックスを迎えた今シーズンの戦いにおいて、憧れの存在に近づけとばかりに、カイオのパフォーマンスがさらにまばゆい輝きを放っている。

アントラーズが通算6度目の頂点に立った、10月31日のナビスコカップ決勝。途中出場した背番号7は後半41分、電光石火のカウンターからガンバ大阪の息の根を止める3点目を叩き込んだ。

1週間後の11月7日。ホームに横浜F・マリノスを迎えたセカンドステージ第16節は、負けはもちろんのこと、引き分けてもサンフレッチェ広島の優勝が決まる正念場だった。

ここでもカイオが群を抜く存在感を放つ。4試合ぶりに先発すると前半10分に先制弾、後半19分にはダメ押し弾をゲット。キックオフ前の時点で最少失点を誇った、マリノスの堅守に風穴を開けた。

1ゴール目はカウンター。自陣から約40mをドリブルで突破していったMF遠藤康の左後方をトップスピードでフォローして、スルーパスを難しい角度から左足で叩き込んだ。

「中盤の攻防から僕たちが競り勝って、そこからカウンターを仕掛ける形になった。いい形でフリーになった僕を見てくれた味方には感謝したいし、幸いにも得点につなげることができてよかったです」

■入団2年目でゴールは二桁に到達

圧巻は2ゴール目だ。センターサークル付近でボールを受けると、柔らかいボールタッチを駆使して、間合いに入ってきたマリノスのMF三門雄大を一瞬にして置き去りにする。

そのままドリブルで攻め上がり、ペナルティーエリアの外、約20mの距離から右足を一閃。狙い澄ました一撃が、ゴール右隅に吸い込まれていった。

入団2年目で堂々の二桁に到達させるファインゴールを、カイオは自信を込めて振り返る。

「ちょうど仕掛けていったところで、相手のディフェンスラインがズルズルと下がっていってシュートコースもできた。練習通りにミートできたというか、ボールの当たりが非常によかったので、見ての通り綺麗な形のゴールとなりました」

【鹿島アントラーズ・カイオが日本代表入りを熱望する理由 続く】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top