【自転車ロード】ボーネン、地元ベルギー・ツアーで集団スプリントを制し今季初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】ボーネン、地元ベルギー・ツアーで集団スプリントを制し今季初勝利

スポーツ 短信

2015年ベルギー・ツアー第1ステージ、トム・ボーネン(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • 2015年ベルギー・ツアー第1ステージ、トム・ボーネン(エティックス・クイックステップ)が優勝
  • トム・ボーネン(エティックス・クイックステップ)
ステージレースの2015年ベルギー・ツアー、5月28日の第1ステージ。地元ベルギーのトム・ボーネン(エティックス・クイックステップ)が集団スプリントを制し、今季初勝利を挙げた。

最後の数km、逃げ集団からひとり生き残ったサンダー・コーデール(バストゴードサービス)を、エティックス・クイックステップは5選手を集団前方に集めて捕まえる。その後は各チームが位置取り争いをする中、ラスト数100mでニコラス・マース(エティックス・クイックステップ)が集団前方でテンポを刻む。

その数人後方のアルノー・デマール(FDJ)の背後からボーネンはスプリントを開始し、緩やかな上り坂ゴールを制した。2位はデマール、3位はイェンス・デブシェール(ロット・スーダル)。ボーネンはこのステージ2年連続、5度目の優勝となった。

パリ~ニースの落車で春のクラシックを欠場していたボーネンは、「最後はデマールについていき、彼にスプリントさせるのはいい判断だった。僕は上り坂が始まるラスト50mまで待って、彼を抜いたんだ。シーズン前半のケガの不運から復帰できて、この勝利はとてもうれしい」と喜んでいた。
《》

編集部おすすめの記事

page top