【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる「タイムラプス動画で長時間ライドも楽しめる」 3ページ目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる「タイムラプス動画で長時間ライドも楽しめる」

オピニオン コラム
【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
  • 【津々見友彦の6輪生活】リコーのアクションカメラ・WG-M1を使ってみる
■シンプルな操作

電源オンは左側面のボタンスイッチで入れる。右側面のセンターのスイッチで動画と静止画はトグルで押すたびに変わり、これは便利。撮影は左の大型シャッタースイッチで操作。これも操作性はよく、手袋をしていてもできそう。

動画の録画は左横のRECボタンで簡単にスタートと停止ができ、静止画の切り換えも右のボタンで一発。操作性はいたってよい。ただし、動画は連続して25分間がリミットだ。


押しやすい大きなスイッチ

私がサイクリングで特に欲しいのは「パラパラ動画」。つまり、1枚ずつの静止画を重ねた動画で長い道中を短時間で振り返りたい「タイムラプス」だ。これも備えられている。ただし、それは「動画モード」の中にあり、撮影タイミングは1、2、5、30、60秒間隔となっている。今回は5秒間隔で撮影したが、後で見るとやや長すぎで2秒でも良かった。つまり、一瞬で終わってしまった。


WG-M1のタイムラプスは動画仕様だが、そのため特に後処理などせずに、そのままパラパラ動画を簡単に見ることが出来るメリットがある。ただし、静止画のタイムラプスではないので、再生して見る場合、それぞれのインターバルを長く伸ばすことはできない。静止画の場合は、再生時間を調整してゆっくりとスライドショーで見ることが可能だが、その調整が効かない。

だが、タイムラプス動画は実はとても素晴らしい実力の持ち主なのだ。通常の動画モードでは25分間しか録画出来ない。だが、このタイムラプス動画を使えば、理論的には24時間以上平気で撮影し続けてくれる(2時間ごとのバッテリーの交換は必要だが)。つまり、長時間のロングライドでも、このパラパラ動画で全てのサイクリングの道中を記録できる。一日6時間以上走る楽しくも苦しいライディング、旅の思い出すべても残せるのだ。

【次ページ 便利なスマートフォンとの連携】
《津々見友彦》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top