インプレのニュース記事一覧 | オピニオン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オピニオン インプレニュース記事一覧

【GARMIN VIRB-J XE 2か月インプレ】変幻自在の活躍、YouTubeへの投稿もスマホで楽々 画像
国内

【GARMIN VIRB-J XE 2か月インプレ】変幻自在の活躍、YouTubeへの投稿もスマホで楽々

GARMINのアクションカメラ『VIRB-J XE』を2か月ほど使ってみた。毎日欠かさず使うようなものではないので、まだまだ使い込んだというほどではないが、いくつか新しい面も見えてきた。新発売時のレビューでは紹介しきれなかった機能についても追加して紹介していきたい。

【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方 画像
インプレ

【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

GARMINが満を持して投入したアクションカメラ、『VIRB-J XE』。インプレの最終回では、本機の最大の特長である連携デバイスとのデータ統合機能「G-Metrix」を試してみた。OBD2からのデータを動画と組み合わせることで実現する新しいアクションカメラの楽しみ方を紹介したい。

【GARMIN VIRB-J XE インプレ中編】強力なブレ補正、スマホやOBD2との連携も自在 画像
インプレ

【GARMIN VIRB-J XE インプレ中編】強力なブレ補正、スマホやOBD2との連携も自在

GARMINが満を持して投入したアクションカメラ、『VIRB-J XE』。インプレの第2回では、さまざまなデバイスとの連携機能を持つ同機を屋外に持ち出し、使いこなしレポートをお届けしたい。

【GARMIN VIRB-J XE インプレ前編】得意科目は車載!OBD2のデータを取り込めるアクションカメラ 画像
インプレ

【GARMIN VIRB-J XE インプレ前編】得意科目は車載!OBD2のデータを取り込めるアクションカメラ

アクションカメラ(アクションカム)といえば、その代名詞ともいえる「GoPro(ゴープロ)」が長らく市場を席巻していた。

目指せサブ4!湘南国際マラソンを終えて…悔しい結果でも大きな収穫 画像
インプレ

目指せサブ4!湘南国際マラソンを終えて…悔しい結果でも大きな収穫

こんにちは、ジャスティスです。各地では毎週のようにマラソン大会が開催され、マラソンシーズンもいよいよ本番ですね。今回は本特集の総まとめ、「初・フルマラソン走破」についてです。

目指せサブ4!ウエア&グッズをそろえて快適マラソン練習 画像
インプレ

目指せサブ4!ウエア&グッズをそろえて快適マラソン練習

こんにちは、ジャスティスです。秋も深まりいよいよ本格的にマラソンシーズンの到来ですね。前回に引き続き、ランニング継続のコツを紹介したいと思います。

フルマラソンでサブ4目指す、練習の継続を支えるランタスティック オービット 01 画像
インプレ

フルマラソンでサブ4目指す、練習の継続を支えるランタスティック オービット 01

こんにちは、ジャスティスです。11月も中旬になり、日に日に秋風が涼しく、走りやすい季節になってきました。

NTTドコモの活動量計「ランタスティック オービット 01」で初フルマラソン!サブ4を目指す! 画像
インプレ

NTTドコモの活動量計「ランタスティック オービット 01」で初フルマラソン!サブ4を目指す!

はじめまして、ジャスティスです。12月9日に初めてのフルマラソンとなる「湘南国際マラソン」を控えており、毎週末は近所をランニングしています。日本とメキシコで育ったせいか、基本的にはシャイなのですが、時たまラテンの血が騒ぐときがあります。

【GARMIN Edge1000J インプレ後編】導入はより手軽に、デバイスとクラウドの両輪進化 画像
インプレ

【GARMIN Edge1000J インプレ後編】導入はより手軽に、デバイスとクラウドの両輪進化

GARMINのサイクルコンピューターに新しいモデル『Edge(エッジ) 1000J』が登場した。インプレ後編では、現時点のサイコンの機能を突き詰めた本機を装着した自転車で路上に出て、その使い勝手と機能を試してみた。

【GARMIN Edge 1000J インプレ前編】“ハイエンドのさらに上”を目指した究極サイクリングコンピュータ 画像
インプレ

【GARMIN Edge 1000J インプレ前編】“ハイエンドのさらに上”を目指した究極サイクリングコンピュータ

GARMINのサイクルコンピューターに新しいモデル『Edge 1000J』が登場した。従来のフラッグシップである『Edge 810J』のさらに上を行くハイエンドモデルで、型番はついに4桁に突入。ほとんどスマホと見間違うばかりのボディにはこれまで以上の機能が詰め込まれている。

【はじめてのライフログ】若い世代じゃなくても使いこなせるのかやってみた 画像
インプレ

【はじめてのライフログ】若い世代じゃなくても使いこなせるのかやってみた

ライフログとは日常生活のデータ、たとえば歩行数や消費カロリーなどを記録してパソコンやスマホに取り込んで管理できるツール。24時間身につけても気にならないリストバンドになっている商品が多い。つまり効率的なフィットネスをサポートするデジタル機器だ。

都立三鷹高校サッカー部、最後の選手権…連載第4回【主将の覚悟】 画像
コラム

都立三鷹高校サッカー部、最後の選手権…連載第4回【主将の覚悟】

12月30日に迫る、第93回全国高校サッカー選手権大会。開幕戦を飾るのは、今夏の全国高校総体で優勝、2年連続16回目の出場となる東福岡高等学校(福岡)と、7年ぶり2回目出場の東京都立三鷹高等学校(東京B)。

都立三鷹高校サッカー部、最後の選手権…連載第3回【静かな闘志】 画像
コラム

都立三鷹高校サッカー部、最後の選手権…連載第3回【静かな闘志】

2014年12月30日に開幕する第93回全国高校サッカー選手権大会。開幕戦を飾るのは、今夏の全国高校総体で優勝し、2年連続16回目の出場となる優勝候補の一角、東福岡高等学校(福岡)と、7年ぶり2回目出場の東京都立三鷹高等学校(東京B)。

【ブリヂストン アンカーRT9 試乗】人生初のTTバイクにおススメの1台…光石達哉 画像
インプレ

【ブリヂストン アンカーRT9 試乗】人生初のTTバイクにおススメの1台…光石達哉

国内でのタイムトライアル(TT)バイクの需要が高まる中、国産トップブランドのブリヂストンアンカーが初めて送り出すTTバイクが「RT9」だ。

【アーカイブ2009年】サーベロ R3-SL、びっくりするほど良いが熱くはない…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】サーベロ R3-SL、びっくりするほど良いが熱くはない…安井行生の徹底インプレ

R3シリーズのキモは (フレーム形状を一瞥しただけでおおよその想像はつくが) シートステーとチェーンステーにあると思う。

【アーカイブ2009年】サーベロ R3-SL、背徳的な何かを感じさせるほどの快楽という違和感…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】サーベロ R3-SL、背徳的な何かを感じさせるほどの快楽という違和感…安井行生の徹底インプレ

今回は安井にとって人生初となるサーベロ。せっかくだから、と08ツール総合優勝のハクが付く最上級モデルのR3-SLを借り、300kmのインプレッションに臨んだ。

【アーカイブ2009年】リドレー ダモクレス、最先端バイクのスムーズネスはないが…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】リドレー ダモクレス、最先端バイクのスムーズネスはないが…安井行生の徹底インプレ

ブレーキングはどうか。デュラエースの高剛性キャリパーで、しかもわざと意地悪なやり方でリムをわしづかみにしてみても、減速中の挙動に破綻はまったくなく、減速しようと思えば意図したものと寸分のズレもないマイナス加速度でズズッと減速する。

【アーカイブ2009年】リドレー ダモクレス、これぞオールラウンダー…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】リドレー ダモクレス、これぞオールラウンダー…安井行生の徹底インプレ

リドレーの輸入代理店、JPスポーツから大きなダンボール箱が届いた翌日、編集部のPCに「天気がいいのでヤビツに行ってきます。仕事ですから。アディオス。」と書き残し、締め切り迫る原稿を(一時的に)放棄してパールホワイトのダモクレスと共に山へと消えた安井。

【GARMIN vivosmart J インプレ後編】アンチ腕時計派も納得、フィットネスバンドの完成型 画像
国内

【GARMIN vivosmart J インプレ後編】アンチ腕時計派も納得、フィットネスバンドの完成型

GARMINから登場したフィットネスバンド『vivosmart J』は、アクセサリのブレスレッドにしか見えないスリムなボディに、毎日の運動を記録する機能を満載。従来よりも劇的な進化を遂げた同製品を、実際に使いながら紹介しよう。

【GARMIN vivosmart J インプレ前編】シンプルデザインに機能“てんこ盛り” 画像
国内

【GARMIN vivosmart J インプレ前編】シンプルデザインに機能“てんこ盛り”

現在注目を浴びている「フィットネスバンド」の新型が、GARMINから登場した。劇的進化を果たした注目すべきフィットネスバンドである同製品。その中身に迫る。

【アーカイブ2009年】BH G4、ロードバイクは「味」を必要としている…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】BH G4、ロードバイクは「味」を必要としている…安井行生の徹底インプレ

しなやかな面を強調することに変わりはないが、一度バイクとシンクロしてしまえば、加速にもどかしさはほとんど感じない。

【アーカイブ2009年】BH G4、300kmを経てやっと気のおけない仲になれた…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】BH G4、300kmを経てやっと気のおけない仲になれた…安井行生の徹底インプレ

100年の歴史を持つスペインの老舗ブランド、BHが誇るフラッグシップモデルG4。いまやフレーム価格70万円を超えることも珍しくないハイエンドバイク市場にあって、プロユースモデルながら半額以下のプライスタグを付けるそれは、彼らと対等に渡りあえるのか。

【アーカイブ2009年】ジェイミス ゼニス・レース、“奥ゆかしい” 一台…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】ジェイミス ゼニス・レース、“奥ゆかしい” 一台…安井行生の徹底インプレ

話がだいぶ逸れたが、今回の主役はゼニス・レースだった。こんなイイ話が今の自転車業界にもあるのだぞ、ということをみなさんに知ってもらいたかった次第である。

【アーカイブ2009年】ジェイミス ゼニス・レース、売れ筋激戦区での位置づけは…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】ジェイミス ゼニス・レース、売れ筋激戦区での位置づけは…安井行生の徹底インプレ

最新スペックの採用で大幅に進化を遂げたという新生ゼニスを前に、「08モデルにBB30入れてヘッド太くしただけ?そんなんでちゃんと走んのかよ?

【アーカイブ2009年】BMC SLX01、これに拍手を送らずしてどうする…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】BMC SLX01、これに拍手を送らずしてどうする…安井行生の徹底インプレ

というわけで、「確かにカッコイイけど結局デザインモノってのは往々にしてナァ…」 と、あまり健全とは言えない猜疑心を抱えたまま走り出したのだが、疑いは驚きに変わった。あっさりと。

【アーカイブ2009年】BMC SLX01、個性的なディティールは機能的必然か…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】BMC SLX01、個性的なディティールは機能的必然か…安井行生の徹底インプレ

スイスの新星BMCが放つ、煌く個性を持つ最新モデル、SLX01。今あえて変則的アルミ/カーボンコンポジット構造を採用した意味とは?

【アーカイブ2009年】ピナレロ FP7、自らを高めることに努力を惜しまない人が相応しい…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】ピナレロ FP7、自らを高めることに努力を惜しまない人が相応しい…安井行生の徹底インプレ

FP7がその本質を見せるのは、乗り手が歯を食いしばってハンドルを強く握り締め、筋肉を強張らせてペダルを本気で踏み初めてからだ。そういう走り方をしないとFP7の真価は見えてこない。

【アーカイブ2009年】ピナレロ FP7、ソリッドな重厚感 がバイク全体を支配する…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】ピナレロ FP7、ソリッドな重厚感 がバイク全体を支配する…安井行生の徹底インプレ

サイクルモード2008で主役をさらったピナレロの新型レーシングバイク、FP7。イタリアンスーパーロードバイクの風情強く漂わすこの最新モデルに、安井はいかなる印象を抱き、300kmを経ていかなる結論に至ったか。

【アーカイブ2009年】LOOK585は嬉々として頂上を目指し始める…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】LOOK585は嬉々として頂上を目指し始める…安井行生の徹底インプレ

なんといってもこの踏み出しの軽さ。そしてこの比類なき登坂力!軽快感とヒルクライム性能命!の一台である。

【アーカイブ2009年】LOOK585はまだ輝いているか?…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】LOOK585はまだ輝いているか?…安井行生の徹底インプレ

トップグレードに限っていえば、281、381、481とほとんどシルエットを変えることなく、細くしなやかなカーボンフレームを作り続けてきたLOOKが、2004年に突如として発表したフラッグシップモデル、585。

【アーカイブ2009年】LOOK586 新たな領域に踏み込もうとしている…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】LOOK586 新たな領域に踏み込もうとしている…安井行生の徹底インプレ

ハンドリングは安定指向。細かい切り替えしではアンダー傾向だが、直進安定性は非常に良好だ。ダンシングでもセルフセンタリング機構がついているかの如くフロントホイールは常に前を向かんとし、どの速度域でもどんな状態にあってもスタビリティは最高クラス。

【アーカイブ2009年】史上最高のクライミングバイク LOOK 586…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】史上最高のクライミングバイク LOOK 586…安井行生の徹底インプレ

“史上最高のクライミングバイク” という、なんとも魅力的なコピーと共にデビューしたLOOK 586。

【アーカイブ2009年】リンスキーR420、“本物のチタン好き” だけが楽しめばいい 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】リンスキーR420、“本物のチタン好き” だけが楽しめばいい 安井行生の徹底インプレ

チタンという金属の分子レベルの原始の振る舞いがまざまざとした実感となって伝わってくるという走り方、そしてそれがある種のライダーを瞬く間に魅了するという現象は、ロードバイクにおける官能の世界の中の一つの奇跡と言えるものかもしれない。

【アーカイブ2009年】リンスキーR420、レーシングチタンフレームが背負う残酷な現実と自転車エンジニアリングの本質 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】リンスキーR420、レーシングチタンフレームが背負う残酷な現実と自転車エンジニアリングの本質 安井行生の徹底インプレ

リンスキーのフラッグシップ、R420。この美しいチタンバイクで300kmを後にした安井は、「これに乗るということは、設計者の意志と努力そのものに乗るということ。だからこそ冷静に接するべき」 と語った。

【アーカイブ2009年】ロードバイクのオーソドックスな魅力に溢れている…リンスキーR220 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】ロードバイクのオーソドックスな魅力に溢れている…リンスキーR220 安井行生の徹底インプレ

安直に 「最高」 なんて言葉は使いたくないが、しかし乗り心地もまた 「最高」 である。

【アーカイブ2009年】いいスポーツカーは速いクルマとイコールじゃない…リンスキーR220 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】いいスポーツカーは速いクルマとイコールじゃない…リンスキーR220 安井行生の徹底インプレ

ひとつのアメリカンブランドが日本に上陸する。あのライトスピード社を創立した人物が立ち上げたチタン専門メーカー 「リンスキー」 だ。

【アーカイブ2009年】キャノンデールにとってのultimate…触れなば斬れんがごときの鋭さは夢そのもの 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】キャノンデールにとってのultimate…触れなば斬れんがごときの鋭さは夢そのもの 安井行生の徹底インプレ

手刀で空を切るようなスカスカの加速。蝶が風に舞うようなヒラヒラのダンシング。どっしりとした重厚感はない。スタートの一瞬においては、ペダルへの入力とバイクの動きとのタイムラグがほとんどゼロ。獰猛。

【アーカイブ2009年】まるで小さなロケット…キャノンデール スーパーシックス・アルティメイト 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】まるで小さなロケット…キャノンデール スーパーシックス・アルティメイト 安井行生の徹底インプレ

スラム・レッド、ZIPP ZEDTECH3などの軽量パーツを惜しげもなく使い、メーカーから市販される完成車にも関わらず5.5kgというアウトローな重量を実現したスーパーシックス・アルティメイト。

【アーカイブ2009年】BLUE RC8…歓迎すべき異質さを持ったバイク 安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】BLUE RC8…歓迎すべき異質さを持ったバイク 安井行生の徹底インプレ

【アーカイブ2009年】ブルー RC8、400km試乗の先に見えたもの…安井行生の徹底インプレ 画像
インプレ

【アーカイブ2009年】ブルー RC8、400km試乗の先に見えたもの…安井行生の徹底インプレ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top