ヤンキース田中将大への「英語を覚えろ」問題、「英語は野球言語ではない」との声も | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤンキース田中将大への「英語を覚えろ」問題、「英語は野球言語ではない」との声も

スポーツ 短信

田中将大 参考画像(2016年9月5日)
  • 田中将大 参考画像(2016年9月5日)
米テレビ局「NESN」解説者で、元内野手のジェリー・レミー氏が、ヤンキース田中将大投手の通訳がマウンドに上がったことに「(田中は)野球言語を覚えろ!」と指摘したことが、話題となっている。

その後、本人やテレビ局が謝罪をするという事態となっているが、SNSではこの事件に対してどういった反応が起きているのだろうか。

「昨夜のテレビ放送中の私の言葉で不快となった方々に、心から謝罪します」



Twitterにて意見を検索してみた。以下は、一部のユーザーの意見である。さまざまな角度の発言があることがわかる。

「果たして何パーセントの人が田中が英語を話せないことを怒っていると思う?ただ田中の稼いでいる額に嫉妬しているだけだろう」



「へー、野球言語とは英語のことなのかい?アメリカは公式言語のない国だし、田中は望むなら通訳をつけることができる」



「レミーは野球用語を知るべきだと暗示しているのではないのかい?英語という言語全てに堪能であるべきだと言っているのはないだろう(笑)」



「田中は日本で野球をしていたんだ。彼は野球言語を知っている。つまり、英語は野球言語ではないということさ」



「僕は彼が英語を学ぼうとしているのを確信しているけれど、田中は日本人だ。日本語と英語はかなり異なった言語であって、この両言語を学ぶことはあなたたちが思うよりハードなんだよ」

《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top