横浜F・マリノス、スパンブリーFCに勝利…遠藤渓太が2得点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜F・マリノス、スパンブリーFCに勝利…遠藤渓太が2得点

スポーツ 短信
サッカーボール イメージ
  • サッカーボール イメージ
『2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ』の第2戦が1月26日に行われ、横浜F・マリノスがスパンブリーFCに4-0で勝利した。初戦のバンコク・ユナイテッド戦も3-2で勝利していた横浜FMは2連勝で大会を終えた。

横浜FMは前半5分に左サイドの遠藤渓太がドリブルで相手DFを抜き去り、エリア内に切り込んでシュート。GKの股下を狙ったシュートは止められるが、開始早々に大きなチャンスを作った。

一方のスパンブリーにも前半13分、クロスバーに当たるシュートがあり気の抜けない展開になる。

試合はスコアレスで折り返して後半2分、横浜FMに待望の先制点が入る。左サイドでボールを持った遠藤がカットイン。右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。さらにマリノスは4分後、相手のパスをカットしてカウンター。山田康太からのスルーパスで遠藤が抜け出して2点目を決めた。

終了間際にも2点を追加した横浜FMが初戦に続き連勝した。

2ゴールの遠藤は試合後、「マリノスに入ってからの初ゴールだったので非常に嬉しい。サポーターが凄く応援してくれたのでとても励みになった」とコメントしている。


プレシーズンマッチ2連勝の横浜FMにファンからは、「マリノス今年は良くなるかもね」「すべて素晴らしいゴールだった」「2連勝で終えられたことは大きい。この勢いをJリーグ開幕につなげてほしい」「親善試合だから強い、弱いを判断するのは早計だけどチームのやりたいことが見えた」「オフのゴタゴタでいろんなことを言われたけど、今シーズンに期待を持たせてくれる勝利だった」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top