【平昌オリンピック】NBA初の女性選手になることを夢描いた少女は、アフリカ勢初のボブスレー選手に。 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【平昌オリンピック】NBA初の女性選手になることを夢描いた少女は、アフリカ勢初のボブスレー選手に。

スポーツ 選手

【平昌オリンピック】NBA初の女性選手になることを夢描いた少女は、アフリカ勢初のボブスレー選手に。
  • 【平昌オリンピック】NBA初の女性選手になることを夢描いた少女は、アフリカ勢初のボブスレー選手に。
  • 【平昌オリンピック】NBA初の女性選手になることを夢描いた少女は、アフリカ勢初のボブスレー選手に。
  • 【平昌オリンピック】NBA初の女性選手になることを夢描いた少女は、アフリカ勢初のボブスレー選手に。
冬季オリンピックに初参加のナイジェリアが、アフリカ勢としても初となるボブスレー女子2人乗りに出場を果たした。

彼女らの旅は、テキサスの倉庫で、間に合わせの木製そりで練習するところからはじまった。1988年のカルガリー大会に出場して1993年のハリウッド映画『クール・ランニング(Cool Runnings)』の題材として有名になったジャマイカチームのアフリカ版としても、耳目を集めている。

◆ クラウドファンディングで資金を募った。



ナイジェリア人の両親のもと、米国で生まれたセウン・アディグン選手は、2012年ロンドン夏季オリンピックの100メートルハードルに参加したスプリンター。2014年のソチオリンピックを見てボブスレーに興味を持ち、仲間を誘ってチームをつくった。



「夢、いや、それ以上が叶ったわ」

こうCNNのインタビューで語ったアディグン選手。練習やレースに必要な7万5000ドル(約807万円)の資金をクラウドファンディングで募り、練習に励んできた。



◆ 「不可能なことなんてない」



20日に行われた前半の1、2回戦では最下位だったが、アディグン選手は「リスクを取ることを恐れないで。不可能なことなんてないのだから」と誇らしげに呼びかけた。本日21日にも彼女らは再び登場する。

アディグン選手はすでにヒューストン大学の運動健康科学の修士号を取得しているが、現在はテキサスカイロプラクティックカレッジ(TCC)の学生でもある。(平昌オリンピック公式ホームページより)



「私は医者か、アスリートのためのカイロプラクティック(筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する)の専門家になりたい。スポーツは続けるが、怪我の予防、リハビリ、運動生理学などの分野を専門にしていきたいの」

子どもの頃、男子プロバスケットボールリーグ、NBAで初の女性選手になることを夢描いていた少女は、アフリカ初の冬季オリンピックに参加したボブスレー選手として歴史に名を残した。

《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top