フェデラーが全豪2年連続、13度目のベスト4…マレー撃破のズベレフにストレート勝ち | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フェデラーが全豪2年連続、13度目のベスト4…マレー撃破のズベレフにストレート勝ち

スポーツ 短信
ロジャー・フェデラー対ミーシャ・ズベレフ(2017年1月24日)
  • ロジャー・フェデラー対ミーシャ・ズベレフ(2017年1月24日)
  • ロジャー・フェデラー対ミーシャ・ズベレフ(2017年1月24日)
全豪オープンテニスで男子シングルス準々決勝が1月24日に行われ、第17シードのロジャー・フェデラーが世界ランク50位のミーシャ・ズベレフを6-1、7-5、6-2で下した。

第1シードのアンディ・マレーを倒して勝ち上がってきたズベレフ。そのプレースタイルは道具の進化により、現代では下火になったと言われるサーブ&ボレー。フェデラー相手にも自分のテニスを信じて挑んだが、第1セットは1ゲームしか取れず落としてしまう。

第2セットではズベレフが先にブレークするも、鮮やかなパッシングショットを決めるフェデラーが2度のブレークに成功し、2セット連取で王手をかけた。

第3セットも磨いてきたサーブ&ボレーを信じて挑むズベレフ。だが、フェデラーはバックハンドからのダウンザライン、ロブショットを決めてセットカウント3-0のストレートで退けた。

フェデラーは準決勝でスイスの後輩で第4シードのスタン・ワウリンカと対戦する。

「ミーシャは大会を通して素晴らしかった。以前はよくケガをしていたので、彼のカムバックは本当に嬉しい」とフェデラー。大会を盛り上げたズベレフの快進撃を称えた。次のワウリンカ戦については、「(昨年優勝した)全米オープンから強さを証明している。彼は現在最高のビッグヒッターだ。しかし、もう勝ち続けるのは十分だろう」と会場を笑わせていた。


全豪で2年連続13度目のベスト4進出を果たしたフェデラーに、「フェデラー勝った。次はスイス対決」「もうフェデラーの復活優勝しかない」「パッシングがスパッと決まるのが見ていて気持ちいいなー」「あっという間の92分だった」「フェデラーさすが。準決勝も頑張って」「フェデラー強い。全盛期のテニスかと言われると違う感じがするけど、30歳以降では今が一番かもしれない」などの声が寄せられている。

大会前は準々決勝まで残れれば良いと思っていたと話すフェデラーだが、その壁を破ったいまは再び頂点を狙っている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top