NBAファイナル史上初、キャバリアーズ1勝3敗から逆転でが初優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NBAファイナル史上初、キャバリアーズ1勝3敗から逆転でが初優勝

スポーツ 短信
NBAファイナルでクリーブランド・キャバリアーズが優勝(2016年6月19日)
  • NBAファイナルでクリーブランド・キャバリアーズが優勝(2016年6月19日)
  • NBAファイナルでクリーブランド・キャバリアーズが優勝(2016年6月19日)
  • NBAファイナル第7戦、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズ(2016年6月19日)
NBAファイナル第7戦が6月19日に行われ、クリーブランド・キャバリアーズがゴールデンステート・ウォリアーズを93-89で下し、悲願の初優勝を成し遂げた。

1勝3敗と追い込まれたところから、2連勝で星を五分へと戻し迎えた第7戦。敵地オラクル・アリーナでの決戦は、序盤から息詰まる攻防が繰り広げられた。両チームとも二桁得点差をつけることができず、付かず離れずの接戦が続く。

同点の第4クォーター終盤、両チームとも必死のディフェンスを見せ、数分間89-89からスコアが動かない。そのなかでキャバリアーズはカイリー・アービングが、ステフィン・カリーとのマッチアップから3ポイントシュートを成功させる。


さらにレブロン・ジェームズが直前に右手首を痛めながらもフリースローを成功させ、キャバリアーズが土壇場で4点のリードを奪い逃げ切った。

敵地2連勝を含む3連勝での大逆転優勝にNBAファンからは、「史上初の1勝3敗からの大逆転!」「すごい試合だった。レブロンが泣き崩れるところなんて初めて見た」「正直1勝3敗になったときはウォリアーズが優勝すると思った」「一生忘れられない最高の試合だった」「ウォリアーズは1勝3敗から勝ち上がって、1勝3敗から負けたのか。これもドラマだね」「本当に手強い相手だった。ファイナルの相手がウォリアーズじゃなかったらここまでの感動はない」など感動の声が寄せられている。

これまでNBAファイナルで1勝3敗になったのは33回、そこから3勝3敗に戻したのが3回、しかし逆転優勝までこぎ着けたのは今回が初。記憶にも記録にも残る伝説的なファイナルになった。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top