NBAファイナル、キャバリアーズが大差で初勝利…1勝2敗に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NBAファイナル、キャバリアーズが大差で初勝利…1勝2敗に

スポーツ 短信

レブロン・ジェームズ 参考画像(2016年6月8日)
  • レブロン・ジェームズ 参考画像(2016年6月8日)
  • NBAファイナル、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズ(2016年6月8日)
NBA(米国プロバスケットボールリーグ)は6月8日にファイナル第3戦を行い、クリーブランド・キャバリアーズがゴールデンステート・ウォリアーズを120-90で破った。今シリーズ初勝利を挙げたキャバリアーズは、対戦成績を1勝2敗としている。

第1戦、第2戦ともに敵地で大敗したキャバリアーズ。場所をホームに移して臨んだ第3戦は、ようやく自分たちの良い部分を出すことができた。序盤から積極的なプレーを見せ、展開の速いバスケットボールで次々に得点を決めていく。

レブロン・ジェームズが32得点、10リバウンド、6アシストを記録したほか、カイリー・アービングも30得点をマーク、第2戦までまったく存在感を示せていなかったJ.R.・スミスも3ポイントシュート5本成功で20得点を奪った。

一矢報いる大勝にレブロンは試合後、「僕らは自分たちのプレーをしようとした。今夜ようやく、それを取り戻せた。コーチングスタッフが良いゲームプランを用意してくれた」と会見で笑顔を見せた。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top